カナリヤ響子ブログ

興味あること、体験したこと、感じたこと、学んだこと、日常のこと。好奇心が赴くままに着々と綴っています。ブログの主なテーマは【日常/音楽/写真/ボイトレ/カラオケ/昭和の歌/ウェブライティング/観光スポット/グルメ/料理/美容/ダイエット/チワワ/】など、興味あること全般です。カナリヤ響子については、プロフィールをご覧いただけると嬉しいです。

妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。が気になる

妻がマルチ商法にハマって家庭崩壊した僕の話。

こんばんは。前回の記事を書いたときに、次は、ボイトレについて書こうかと思っていたのですが、ちょっと気になる本があって。


この書籍、ご存知でしょうか?

多分、ネットを中心に話題になっている書籍なので、ここを見ている方々は、よく知っておられることだろうと思います。


といいますのも、この書籍は、ネットでよく知られているnoteというサービスにおいての反響から生まれた書籍なのですね。



noteとは、ここのはてなブログのように、記事を書いて情報を発信できるサービスであり、フォローをしたりされたりなどで、SNSのようにつながることができます。はてなスターのように、記事を読んだ人がSNSの「いいね」に近い感覚で反応を残すことも可能。


さらに凄いのが、記事のようなテキストコンテンツだけではなく、画像や音楽などのデータの公開、有料販売までできてしまうサービスなのです。


登録されているユーザーさんは、様々なノウハウや経験などを持っておられる素晴らしい方々ばかりで、日々輝く情報を発信されています。単純に、アーティストな感じの人も多く、それぞれに作品も発信されています。


そのようなnoteというサービスの中で、話題になったテキストコンテンツが、正式に書籍化されたと言うわけですね。


スポンサーリンク

Amazonのレビューを見る限りでは、あまりまだ話題になっていないようです。


けれども、話題になっているなっていないは関係なく、とても興味深い内容なので、読んでみたいと思ってます。


最初、この書籍のことを知ったのは、LINEニュースからでした。LINEニュースが、1日に1回配信されてくるわけですが、その中にこの書籍が紹介された記事がありました。


もちろん、すべての内容は書かれていません。あくまでも紹介文ですから、ざっくりな内容やあらすじがわかる程度の紹介文です。


結論的には、妻がマルチ商法にはまり家庭が崩壊してしまったと言う内容です。


わたし的には、マルチ商法がどうこうと言うより、どういう心の隙間に、マルチ商法と言うものが入り込んできたのか?が気になります。


結局、妻が娘を連れての離婚となったみたいです。


そして、残された旦那さんがこの本を書いたという。


さて。


妻がマルチ商法にはまってしまった理由ですが。


いくつかの要因はあるものの、まず第一には、居場所が欲しかったと言うこと。


ネットでも、よく「居場所がない」と言った一言を見かけます。しかし、あんまりピンと来ませんでした。


そもそも、ここで言う「居場所」の意味がイマイチ捉えきれてませんでした。


そこで、ネットにて居場所について調べてみると


生きがいを感じられる場所
自分が輝ける場所


とのこと。

だからつまり、マルチ商法にはまっていた妻の居場所は、マルチ商法になってしまったわけです。


さらに紹介文を読み進めていくと、その居場所を実に巧妙に作ってくれるマルチ商法だったようなのですね。


まだ、読んだわけではないので予想する中で言っていますが、これは多分、たまたま今回マルチ商法だっただけで、他のものでもあり得る依存だったのかなと思います。


そしてそこで言われているマルチ商法は、今のところ法律的には合法なようで。


けれども、それだけ現代人のニーズ、つまり、見えにくい悩みや心の闇が分った上で、その人たちの心を操ることができるのであれば、もう少し良いやり方でビジネス展開して欲しかったなぁと思います。
 

家庭崩壊となっている以上、良いやり方だとは言えないでしょう。


残念ですね。


これはきっと、マルチ商法だけではないでしょう。そのようなものは、世間にたくさんありますね。


過去にはサリン撒いたり、弁護士一家殺人などの大騒動や占い師に洗脳されて貯金全て持っていかれたとか


カンジが似てるなーと感覚的にも思いますね。


とにかく、気になるので読んでみたいと思っています。


スポンサーリンク