カナリヤ響子ブログ

興味あること、体験したこと、感じたこと、学んだこと、日常のこと。好奇心が赴くままに着々と綴っています。ブログの主なテーマは【日常/音楽/写真/ボイトレ/カラオケ/昭和の歌/ウェブライティング/観光スポット/グルメ/料理/美容/ダイエット/チワワ/】など、興味あること全般です。カナリヤ響子については、プロフィールをご覧いただけると嬉しいです。

SEO力よりコミュニティ力かな

SEO力よりコミュニティ力かな

また真夜中に、ひょっこり出てきたカナリヤ響子です。

今日は、ネットでのマーケティングというかプロモーションというか、集客について思うことを書いてみたいと思います。


ウェブライターの仕事ばかりをしていた時は、検索上位対策を意識した記事作成が多かったです。

検索上位対策とは、Google検索などで検索した結果の一覧の上位に表示させるための対策のこと。SEOとも言っています。


きっと、ブログやアフィリエイトサイトを作っている人なども、検索上位対策をしっかりされていることでしょう。


しかし、最近ウェブライターの仕事を少しだけする中で、自分的に感じている事は、SEOの時代も終わりつつあるなぁと言うこと。


いや?違う?


SEOは終わらないんです。


SEOが終わったら、ウェブ検索も終わりだと言うことになるので、それはないでしょう?


正しくは、SEOが変わります。基準がもっと変わっていくと思うし、個人のリアルな声を上位に上げてくるような基準になってくるのかなあと思ってます。



一方で、SNSのようなコミュニティーを使った集客の力も伸びてきています。例えば、Instagramとか、TikTok、そして、YouTubeですね。


私は、昔からあまりテレビを見ない人です。嫌だと言うより、あまりそういう習慣がありません。


でも、そろそろまたテレビを見ようかなぁと思ってます。


しかし、はてなブログはてなブックマークInstagramTikTokを閲覧し、ショッピングのためにアマゾンを開いたり、少し安いものを買いたいなぁと言うことで、メルカリやAliExpressを開いたり、ニュースを読みたいなぁと思い、LINEニュースを見たりとかしていると、テレビを見る時間がないのです。


スポンサーリンク

それだけでも、十分に情報を得られてしまうので、脳みそも疲れるし、何か見たいと言う気もなくなってしまいます。。。


まぁけれども、最近では、テレビを見ながらネットをするのが一般的なようなので、私もそっちにしようかなぁと思い始めてます。


だって、テレビって、そんなに気合入れて見るものでもないですよね。映画やドラマなら、集中して見るのかもしれないけど。バラエティーとか、ニュースとかだったら、そこまで張り付いて見ることもないわけで。


さて、話を戻します。


これは、日本に限りの話なんですが。日本人と言うのは、やっぱり良い意味でも悪い意味でも協調性を大事にしているのかなぁと思う中で、マーケティングにおいても、何らかのつながりが必要なのかなぁと思うのですね。


例えば、Instagramでフォローしている人がまだ無名の化粧品を紹介していたとします。ステマ的に紹介するのではなく、メリットもデメリットも正直に紹介していたとしたならば、「あの人が使っているんだから、私も使おう」となるのではないか?


良い商品なのか悪い商品なのか、今の時点ではちょっとわからないけれども、いつも投稿をフォローしている、あの人が買っているから、私も試しに使ってみようかな。


例えば、そういうノリですね。


近所のママ友が最近すごくきれいになって、化粧品でも変えたのかなあと思っていたら、やっぱり予想通りに、新しい化粧品を使っていたとします。


そのママ友は、集客は全く意識せずに、新しい化粧品の使用感を話してくれたとします。特にオススメもしてこなかったのに、近所のママ友が言っているから、ほぼ毎日顔を合わせるママ友が言っているから、じゃぁ私も使ってみようかな。


なんてことも、あるのではないでしょうか。


それを知ったまた違うママ友が、あの2人が使っているのなら、私も使っておこうかなぁ。そのほうが、話題もあっていいかもな。


なんて発展も、あるのではないでしょうか。


良い悪いの問題ではなく、日本人は、そういうところを大事にして生きていると思うのです。昔ほどではありませんが、やはり近所付き合いとかも大事にしますし、協調性を持って動いていると思います。


だから、ネットにおいても、あるつながりの中で、集客をする方が効果的だったりするのではないかと思ってます。


インフルエンサーとかも、その流れの中にあるものですね。YouTuberも。


スポンサーリンク

そして、その流れが強くなってしまうと、必然的にネット検索における検索上位対策の基準も変わってくるはずなのです。


実際に、一昔前は、わからないことがあったりとかすると、何でもGoogle検索でしたよね?


しかし今は、それだけではなく、Twitter検索に、Instagramハッシュタグ検索、はてなブックマークのキーワード検索、加えて、はてなブックマークの関心キーワードフォローとか、いろんな手段で情報を探すことができます。


つまり、コミュニティーの中で検索するという手段も出てきているのですね。


実際に、最新のニュースを知りたい時、私の場合はTwitterで検索してます。今のところ、1番Twitterが早いです。


また、関心あるニュースしか読みたくない時は、はてなブックマークの関心キーワードです。他には、ニュースアプリの中でも気になるキーワードを設定しておけば、そのキーワードに関するニュースが流れてくる機能もあります。


そのような手段で入手した情報や投稿を、共有する行為も定着化しています。またそこで、「あの人が言っているから」現象が起こるのではないかなと勝手に思ってるのですね。


あの人があんな化粧品を使って、あんなことを言ってるよ。なんか面白いから、シェアしておこうかな。


そんなノリです。


それを見た別の人が、あの人が言っているなんとかっていうカリスマ主婦が、あんな化粧品を使っているのか。じゃあ、私もちょっとチェックしておこうかな。話ネタにもいいよね、だって。


こんな風に広がっていったりとかもして。


なんか流行ってるみたいだし、乗り遅れないように、コミュニティからはみ出さないように、ちゃんとやっておかなきゃ。村八分的な存在にもなりかねないかも?


そんな感じも、あるかもしれません。


もう一度言いますが、ここでは良い悪いは重要視していません。今ここで良い悪いとかは、言う必要は無いのでやめておきます。

スポンサーリンク

とりあえず、こういう協調性は、今も昔も変わっていないなぁと思います。


それを批判して突っぱねるのか、こういう流れもあるのかと受け入れるのか?


どっちがいいと思いますか?


私は昔は、批判して突っぱねる派でした。


しかし今は、それも私たちの個性なのかなと思うし、そういう良いほうに活かしていけばいいのかなぁと思っています。


集客だけじゃなくても、他の事でも活かしていけるのかなあと思いますね。


だから、SEOばかりに頼らず、はてなブログにへばりついているのは、ここもやっぱり、コミュニティーを大事にしている場所だからなのです。


SEOが全てだと思っているブロガーやアフィリエイトなどは、はてなブログを嫌います。


だけど私は、あんまり今の流ればかりを信用しすぎても、ダメだと思うのと、日本人の特性として、やっぱりつながりがある場所は大事かなぁと思います。


現に、昔も今も基本的には変わっていないと思うので、時代がどうなろうとも変わらないんだろうなぁと思ってます。


後は、自分の判断ですね。SEOが合うのか、SNSのようなコミュニティーが合うのかが問題。


これだけサービスが増えてしまうと、選ぶ側も大変ですが、そこもまた、個性の見せ所ですから、大事にしたいですよね。


何よりも私は、結果よりもプロセスを大事にしたいので、楽しくない事はやりたくないです。苦しいことも楽しいと思えるやり方でやっていきたいです。


結果は、後からついてくると思ってます。楽しむのが優先です。


楽しくない事は、続かないので♪


スポンサーリンク