カナリヤ響子ブログ

日常のアレコレをフリースタイルで綴ります。こんにちは、カナリヤ響子です。

青ガエルにさようならした後にカエルビールに出会った

さて、横浜での話になりますが、前記事までの流れで、東京渋谷の青ガエルにさようならしたあと、私はカエルのクラフトビールに出会いました。


出会った場所は、マチのほっとステーション・ローソン。


ビール売り場の一番上の棚の左側にあったのが、このクラフトビール


その名は「僕ビール、君ビール。」


帽子かぶったカエルが素敵。


公式をチェックしてみる。

yonasato.com


広告写真がすごく好きな感じ。


画像出典:https://yonasato.com/ec/product/bokukimi/

グラスのビールに向こう側のビル群が写っている。逆さまに。

まるで、川の水面に写ったビルのよう。

ビルは時代を象徴しているのか?

だって、「僕ビール、君ビール。」のキャッチコピーは「時代は変わる、ビールは変わらない。なんてことはない。」だから。

そして、ビールに描かれているのは、カエルだ。

変わるじゃなくて、変えようという思惑が垣間見える。

ゆるやかにユーモアとして伝わってくる。


「時代は変わる、ビールは変わらない。なんてことはない。」のキャッチコピーをみて、何か思うこと、ありませんか?


私は軽い裏切りを感じた。なんか、優しい。

スポンサーリンク


「時代は変わる、ビールは変わらない。」に「なんてことはない。」が付け加えられている。


「あれ?違ったの?」って言いたくなった。そのあと、「うん、確かにそうだね。」って頷きたい自分がいた。


「時代は変わる、ビールは変わらない。」は今ままでにもあったキャッチコピーだと思う。


そこに付け加えられた「なんてことはない。」。

例えば、「ってわけないだろ。」「いや、変わるんだ。」「これからは、時代とともにビールも変わる。」でもよかったと思う。


だけど、それでは強すぎて、きつく響いてしまうのかも。


「なんてことはない。」はすごく中途半端な強さをもつ否定語だと思うし、少しの遊びも感じる。


実は、日常のこんな出来事から歌が浮かんだりもする。

ここのクラフトビールで一番ヒットしているのは、水曜日のネコではないでしょうか。

yonasato.com

ここでいう「ネコ」は、女性を表しているのだと思います。


そして水曜日は、OLや会社員にとって、一週間の中間でひと休みをする曜日でもあるそうで、かなり面白いネーミングだと思いました。


ところで、最近、わけあって実家に着物がたくさんあって。

着物のリメイクって流行っているようですね。

そこで、「着物 リメイク」でGoogle検索をしたら、私が過去に仕事で執筆させていただいた記事が上位にありました。

mag.japaaan.com

2013年ごろにとっても素晴らしいサイト・Japaaanさんで書かせていただいた記事です。

スポンサーリンク