カナリヤ響子ブログ

日常のアレコレをフリースタイルで綴ります。こんにちは、カナリヤ響子です。

彼女が描いていた幸せ

夜空ノムコウを歌いながら、幸せってなんのかな?って考えてます。

 

先日、同窓会に行ったのもあって、余計にそんなことを考えてしまって。

 

結論から言うと、私は今、すごく幸せです。

 

自分が思い描いていた未来の入り口にやっと立てた感じ。

 

だけど、こんな私のフリーランス生活は苦労がいっぱいで大変そう・・・と思う人もいることでしょう。

 

しかも、最愛の人も亡くし、京都の実家にも帰らず、横浜でチワワと暮らしているような生活だから、家庭を持っている人からすれば、不幸に映るのかもしれません。

 

正直に言うと、家庭を持っている人が羨ましく感じる時もあります。

 

そんな時は、心の隙間に冷たい微風が吹き抜けます。

 

涙が溢れる夜もあります。

 

だけど私は、それよりも理想に描いていた生活を手に入れられているので、朝になると、昨夜の涙のことなんて、あっさり忘れているのです。

 

同窓会がきっかけで、ある彼女について、すごく考えています。

 

私とは全く正反対だけど、きっと彼女が描いていた幸せをしっかり掴んだのだろうと、勝手に思っているのです。

 

家庭があっても、それに対して幸せを感じられない人もいるでしょう。

 

私だって、フリーランスになりたかったくせに、ここ数年は、そんな生活に幸せを感じられませんでした。

 

そこを通り越しての今なのです。

 

当時、よく話していた彼女。

 

その内容はあんまり覚えてないけど、彼女の心はしっかり感じられていたのかも。

 

だから、今、彼女はすごく幸せなこと、よくわかったので、涙が出るほど嬉しいです。

 

そして、これからもずっと幸せであってほしいし、幸せであり続けると信じています。

 

そんな気持ちが消化された頃に、夜空ノムコウを歌いたいと思っています。

 

私も彼女もどちらも幸せなのが、嬉しいです。本当に。

 

スポンサーリンク