今まで歌ってきた曲の一覧を作ってたら

音楽
音楽
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

先日プロフィールに「これまで歌ってきた曲の一覧」を追加しました。

子供の頃から人前で歌ってきた曲とか、個人的に練習していた曲とか、

まだまだ思い出したらありそうなのですが、とりあえず、一覧を作ってみました。

こちらです→

これから、コラボとかでもいろんな曲を歌っていきたいと思っている中で、やはりこれまでに歌ってきた曲から選ぶでしょうから、参考のために作っておくと楽しいかなと思った次第です。

こういう機会に、ちゃんと思い出して一覧を作ってみると、かなり忘れている曲もあったりとかして、、、、

なので、YouTubeとかでもう一度聞いてみて、また感動したり

こういう歌を歌ってきたから、今こういう歌声なのかとか、

ここからあのオリジナル曲につながったのだなぁとか

色々な気づきがありました!

これからもまだまだ気づきがありそうです!

それと、いろんな曲を歌ってきた私なので、いろんな歌声があって、いろんな歌い方を持っているわけですが、

実は少し前までは、それがコンプレックスでした。

昔オーディションを受けている中でも、それに関して「いろいろ歌えるからややこしいんだ」といったようなコメントもあって、個性がないように片付けられていたのですね。

つまり、器用貧乏だと言われてきた部分ありまして。

ライブをやり始めてからもう言われたことがありましたね。

だけどそれは、冷静に考えてみると時代の影響が大きいですね。

楽曲を売る手段がCDしかなかったので、ある程度、アーティストや歌い手のカラーを決めなければ売りにくかったのだと思います。

しかし今は、音楽サブスクにて定額制で聴き放題が定着しつつあるので、一曲の個性にスポットが当たっているように思うのですよね。

これは大きな変化ですよね。

つまり、曲ごとにカラーがバラバラでも、気にしなくても良いように思うのです。

そーゆー流れの中で、売れる売れないとか売る売らないとかは別にして、自分がすごくやりやすいなぁと言うことに気付きました。

だから、あんまり何も決めずに、楽曲や伴奏に合わせていろいろ歌ってみるほうがいいなぁと思えてきました。

そして、これからオリジナル曲を作っていく上でも、一曲の個性が重視されるのであれば、いろんな曲を作りたいからこそ、自分の歌唱力は役立ってくると思えてきました。

なんか楽しくなりそうです♪

 

タイトルとURLをコピーしました