カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日常、そのまま♪

早々と

ラフ伴奏ですが、昨日言ってたオリジナル曲の伴奏ができました。


コードを打ち込めば簡単にピアノ伴奏ができてしまうアプリのGarageBandで作りました。


伴奏パターンのバリエーションが少ないのが少々デメリットですが、簡単な伴奏ならすぐにできるので便利です。


今のところ、打ち込みで伴奏を作る方法は、楽譜から打ち込むタイプ、コードだけ入れてパターンを組み合わせるタイプと2種類あります。


楽譜から打ち込むタイプの時は、先日お話しした楽譜スキャナを使ってます。


しかし、これは楽譜によっては後から修正をしなければいけないので、少々手間がかかります。


もう一つは、ある程度出来上がっているピアノ伴奏やギター伴奏のパタンを選んでから、コードを打ち込んでいくタイプの場合は、GarageBandやジャカフル、アイリアルプロなどを使っています。


他にもいろいろあるので、またご紹介しますね。


私が打ち込みを始めた時に使った古い古いヤマハの機材の話をしたいです。


今でもまだ、レア機材としてアマゾンなどで売られているんですよね。


さらにすごい伴奏君と言う機材が、ヤマハから新しくリリースされているのを知っていてさっきちょっとうれしくなりました☺️


ヤマハは、結構レトロな機材が多いので、私は好きですね。使いやすいのと☺️


企業、ブランドカラーも好きです。


ピアノ伴奏を作っている間は、こんな感じです。


これってiPhoneの画面なんですよ。ちっちゃい画面😎


私のiPhoneはSEなので、かなりちっちゃいです笑。


スポンサーリンク