カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日常、そのまま♪

「愛・・・だから」という曲

f:id:kyokocanarysan:20191026232907j:plain

私のオリジナルソングに「愛・・・だから」という曲があります。

 

これは、27歳の時に作った曲。

 

とっても幸せそうな歌詞だけど、実はかなり悲しい時に作りました。

 

結婚を約束したものの、結局結婚にまで至らなかったころに作った。

 

いくつもの障害が繰り返された末に、お互いの心が疲れて冷え切ってしまったと認識した瞬間、「私は一生幸せになれないのかもしれない」とさえ思ってしまった。

 

真夜中、地面に倒れ込んで泣く。通行人がこっちを見てる。

 

早く起き上がって涙を拭かなきゃって思うんだけど、立ち上がる元気もない。

 

本当によく泣いた夜だった。泣くのもエネルギーが消耗するから、次の日は抜け殻みたいになってて。

 

そうだ、泣き疲れて朝を迎えて、私はふと歌を口ずさんだんだ。

 

「あなたに出会えた歓びに 想いは言葉にならなくて 繋いだこの手 震えているの きっとこれは愛だね」

 

途中、涙で声が掠れて、次の歌詞がうまく生まれてくれない。

 

何度かメロディーをハミングする。

 

そのうちに、次のフレーズが出来上がってきた。

 

「あなたがそこにいるだけで こんなにも素顔になれる 他の誰かじゃ ダメなの私 きっとこれが愛だから」

 

歌い終わって、また泣いていた。今度は静かに、とっても静かに。

 

この曲は、のちにライブでも歌わせていただいてた。

 

必ずと言っていいほど、泣いてくれるお客さんがいて。

 

だけど、一番泣きたかったのは私なのかもしれない。

 

ハッピーじゃない時に作ったハッピーな曲は、一体どんな風に聞こえるのだろう。

 

私にはそれがわからないし、流してくれた涙は悲しい涙なのか、感動の涙なのか、嬉し涙なのか。。。聞くのを忘れてしまった。

 

それから数年後、私は別の人と結婚する。

 

そして、このうたを歌い続けた。

 

その中で、27歳に歌った愛と今この時に感じている愛が違うとも思えてきた。

 

だからきっと、この続きがあるんだと確信した。

 

いつかまた、この歌の続編みたいな曲ができたらいいなと思い、今日に至る。

 

「愛・・・だから」という曲を作った時も、その後も、私の心は悲しいままで、とてもハッピーに歌える状態ではなかった。

 

本当はもっと女性らしく歌いたかったけど、思い通りの声が出ずになんだかちょっと自分の中で引っかかっていた。

 

でもこの数年で、この曲で出したかった声が出るようになってきた。

 

だから、簡単な伴奏で歌を録音してみようと思ってるのです。

 

こんな歌を作った自分が懐かしくて、可愛く思えてきた。

 

そんな今だから、描いていた通りに歌えるのかもしれないと、ちょっといい予感がしてる。

 

とにかく、いい時に残しておきたいな。時は今。

 

「愛・・・だから」 作詞・作曲:カナリヤ響子

 

1.

言いたいことなら沢山 

あるのに いつも黙り込む

不器用な私の 悪い癖なの 

昔から変わらないよね

 

気まぐれに口を開いても 

「大丈夫。」と

いつもごまかして

強がりに笑顔 

振りまいてみるの 

余計に悲しいだけなのに

 

でもね あなたの胸では 

どうして泣けるのかな?

強張った涙腺が 緩んで行くの 

不思議ね 不思議よね

 

★あなたに出会えた歓びに 

想いは言葉にならなくて

繋いだこの手震えているの 

きっとこれは 愛・・・だね

 

あなたがそこに居るだけで 

こんなにも素顔になれる

他の誰かじゃダメなの私 

きっとこれが 愛・・・だから



2.

恋なら 知らないわけじゃない 

何度も痛手くり返し 

「もう、恋はしない。」 

そう誓って 一人で 

あきらめてたの

 

でもね あなたと初めて 

出逢ったあの夜は

俯いた勇気が 顔を上げたの 

光の射す方へ

 

もしも行き先に 

嵐が訪れたとしても 

二人なら平気。そう思えるの 

きっと これは 愛・・・だね

 

輝くこの瞳(め)に 

あなたを映し続けたい

お願い この手 離さないでね 

きっと これが 愛・・・だから

 

★Repeat

めぐり会えた 愛・・・だから

 

やっぱり音楽が一番楽しい。

他のことも楽しいけど、楽しさが違う。

 

 

スポンサーリンク