カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日常、そのまま♪

田口ランディのミッドナイト・コール

好きな小説家は、田口ランディ

 

ネットから人気が出た小説家。

 

ちょっと古い小説家になるけど

 

今ではかなり有名。

 

田口ランディを知ったのは

 

たぶん、25歳くらいだっただろうか。

 

この1冊を読んでから。

 

もう消費すら快楽じゃない彼女へ (幻冬舎文庫)

もう消費すら快楽じゃない彼女へ (幻冬舎文庫)

 

 

田口ランディの人間洞察力と

 

恋愛方面の考え方や描き方が好き。

 

ランディファンは、だいたい

 

「モザイク」「アンテナ」「コンセント」が好きと言う。

 

定番とも言える「電波三部作」だ。

 

だけど私は、「ミッドナイト・コール」が一番好き。

 

ミッドナイト・コール (PHP文庫)
 

読むタイミングがよかったのもあるかも。

 

この表紙の女性の目が印象的で読み始めた。

 

寂しい目をした女性。

 

今の自分のようだと思ったから。

 

とっても寂しい夜にこれを読んでしまった。

 

読んでしまったら余計に寂しくなると思ったら、

 

妙な安堵感に包まれて

 

眠れないはずの夜だったのに、

 

読み終わるとあっさり眠れてしまった。

 

あれは、恋愛で一番悩んでいた27歳の頃だった。

 

そんな夜にコレを読んでしまったから

 

今でも忘れられない夜になってしまった。

 

この1冊には、8つの物語がある。

 

どれも好きだけど、一番好きなのが

 

内容(「BOOK」データベースより)
大好きな男友達としこたま飲んだ夜、雨の中を一人マンションに帰された加津子は、猛烈な怒りを押さえられないでいた。やりきれない傷みとさびしさにまかせ、過去につきあった男たちに次々と無言電話をかける加津子。やがて一年前に婚約解消された高木につながり…(「アカシヤの雨に打たれて」)。自信をもって誰かを好きになるために、本当の自分を探している女性たちを描いた恋愛小説集。

 

ここで紹介されている加津子の物語。

 

とっても共感できたし、その頃まさに

 

過去に付き合っていた男性に電話したい

 

なんて、思うことが多かった。

 

会いたいとか未練とかそういう衝動ではなくて

 

私を見失いそうな頃だったから

 

私を再確認したかっただけ。

 

27歳の頃に結婚でもしていれば

 

そんな衝動にも寂しさにも出会うことはなかったでしょう。

 

それまでは、いつでも強気だった私が

 

めずらしく弱気になっていた。

 

一人でも生きていけるなんて

 

あれだけはっきり言い張っていたくせに。

 

ふと、ひとりぼっちを感じてしまう瞬間があって

 

その寂しさと心細さをどこにぶつけていいのか

 

わからなくてわからなくて。

 

そしたら、無性に田口ランディに会いたくなって

 

この1冊を開いたの。

 

この時にはじめて孤独と向き合えた。

 

いい感じで向き合えた。

 

それが今の私にもつながっている。

 

孤独な時間をどう過ごせるかで

 

これからの私が作られていくのだと確信できた。

 

魅力的な女性になりたいと思い始めたのも

 

この1冊に出会った頃の話。

 

スポンサーリンク