カナリヤ響子ブログ

ウェブライター、音楽、カメラ、ブログなどでフリーランスしてます♪京都出身横浜山手在住。チワワと暮らしてます。日々の出来事、作ったもの、創作の過程、発見、アイデア、時々反省などをゆるくここに♪

玉造から堺筋本町へとノーダウトをBGMに

今日は朝から大阪の玉造に用事&ライター業のことで行ってた。


予定より1時間も遅く起きてしまったから、慌ただしい朝だった。

かなり懐かしの玉造。19歳からボーカルで入ってたサルサバンドの練習場所が玉造だった。その頃は、ライブができるほどまとまっておらず、練習だけをしてた。


待ち合わせしてたJR玉造駅の北口のことは、かなり忘れていたけど、改札口の風景を見た瞬間に、だんだん思い出してきた。

ここで、バンドのメンバーと待ち合わせしたこと、そのシーン、一人一人の顔を思い出したら、ちょっと涙が出そうになったりなんかして。


それにしても、JR玉造駅の北口、かなり綺麗になりましたね。昔は、もっと寂しい感じだったはず。


飲食店もたくさんあるし、お昼は鮭定食を食べました✨

かなり大きい鮭で美味しすぎでした✨

お昼を食べた後は、少しだけ玉造駅周辺を歩いた👟

やっぱり一人でのんびり歩くのは楽しい。


BGMはコレ!気分的に♪

ノーダウト

ノーダウト

PVも素敵。スーツかっこいい。


Official髭男dism - ノーダウト[Official Video]


イントロのたらららたららら、チャッチャーンの「チャッチャーン」のE7のコードの響きがたまりません。


くせになりそうなE7の響きの心地よさ、わかってもらえると嬉しいな。EメジャーにDが加わると、ちょっと気持ち悪い響きに。それがE7。ルート音はEだから「ミ」。加わるのはDだから「レ」。ミとレは隣り合わせだから不協で気持ち悪い。気持ち悪いから逆に心地よいという。

もう少し離れていれば純に心地よいはずなのに、隣り合わせだから気持ち悪くなる。でも、響くと癖になる心地よさ。


そして、頭のE7があるから、サビも盛り上がるって、こっそり叫びたい。


ちょっと賑やかな街を歩くなら、これくらいのテンポでお洒落なコード進行の曲がいい。

景色まで変わります。


話は戻って。


それから、地下鉄で堺筋本町に移動。しばらく忘れたふりをしてましたが、堺筋本町は思い出の街。

たまたまよく通っていた改札口を出たようで、出でからの風景を見ると、涙が出ました。


そして、その瞬間、ノーダウトの「仕方ない どうしようもない
そう言ってわがまま放題大人たち」が響いた、なぜか。


そうだ、ここによく来ていたのは14歳から19歳の頃だろうか。


窮屈で不自由な毎日だった。思い出といっても良い思い出ばかりじゃない。


そんなことを考えてると、また涙が出そうなった。


するとまた、ノーダウトの「早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて
誰に何度裏切られても 目を覚まして 笑って」がやけに響いてくる。


ほんとだ、そろそろ目を覚まして笑ってやりたいよ。わけがわからないけど、そんな一言が飛び出した。すると急に足取りが軽快になり、口角が咄嗟に上がり、うまく笑顔を作れた。


笑顔を作るというと、聞こえが悪いかもしれない。なんだか偽っているような、空っぽなような。だけど、私はそう思わない。笑顔を作るから、心から笑えてしまうことだってあるから。


軽快な足取りのまま、階段を駆け上がって地上に出た。

スポンサーリンク

堺筋本町に来たのは、一つだけ行きたい場所があったから。そこはもう存在しないんだけど、それでもいいから、現地に行きたいと思い、玉造から堺筋本町に移動した。


だけど、目に飛び込んでくる景色が変わりすぎてて、あの頃、どこを通ってその場所に行っていたのか?がわからなくなった。歩くほどにこんがらがる。



新しいビルを見て感動はするものの、やっぱり迷子のまま。


そのうち、足が少し疲れてきて、帰ろうかなと断念しかけて、信号待ちをしていたとき、ふと、右を見てみた。


そこに見える風景になぜか懐かしさを感じ、記憶が突然蘇ってきたのか、目を凝らしていくうちに「ここだ!」と確信したのだ。


確信通り、その道こそが、あの頃、通っていた道。


それから、写真を何枚も撮りながら、突き進んでいき、見事に現地にたどり着けました。


歩いている最中にも、懐かしい景色が飛び込んでくるたびに、当時が少しずつ蘇ってくる。


振り返ることで、明日の歌と私が良い方向に変わっていく。そう信じてる。


そう思うと、なんだかワクワクしてきた。


とにかく、今日は楽しい1日だった。

ちょっとしばらく忙しくなりそうだけど、なんとか時間をあけて、次は堺筋本町の目的地から、心斎橋に移動してみて、思い出したことを聞いていただきたい。


スポンサーリンク