カナリヤ響子ブログ

ウェブライター、音楽、カメラなどでフリーランスしてます♪京都出身横浜山手在住。チワワと暮らしてます。日々の出来事、作ったもの、創作の過程、発見、アイデア、時々反省などをゆるくここに♪

やっぱり朝が大嫌いな私ですが

早起きはするものの、やはり朝が大嫌いな私。これは子供の頃からでした。毎日毎日、モヤがかかったような状態で朝を迎えていたような記憶があります。学校にも、できることなら行きたくなかったし。


そもそも、もともとはマイペースすぎる性格ですから、人がたくさんいるところにいると、想像以上に疲れているのです。最近は、そういう自分の性格を知りながら、人とやっとうまく距離を作れるようになりました。


たぶん、生まれる前から夜型な体質だったのかもしれません。夜の方が文章も書けますしね。


ところで先日は、納期地獄にはまっていた私ですが、地獄を抜けるとそこは天国でした。


自らズルズルとはまっていた納期地獄。納期を少々ずらしてしまったにもかかわらず、クライアントさんは本当に寛大でした。


出来上がった記事を読んでいただいた直後、ものすごく褒めていただきました。本当は長時間で計画的に仕上げるつもりが、短時間で仕上げなければいけない状況に自らしてしまったので、ほぼ勢いだけで書き上げた記事。


必死で書き上げる途中には、確認のために現在出来上がっている時点での記事をクライアントさんに送っていました。


その際には、いろいろと優しい言葉をかけていただき、細心の気配りを持って、書きやすい状況を作っていただきました。


出来上がった記事を読んで、本当にあなたに依頼して良かったと言っていただきました。それは本当に嬉しかったのです。しかし、それは私の力だけではない、そう確信しました。


クライアントさんが、書きやすい状況を作ってくださったからです。追い立てられるように記事を仕上げる中、支えは、かけていただいた優しい言葉でした。

とは言いましても、直接かけていただいていたのではなく、メールでの連絡でしたから、そこに声の響きと言うものはありません。テキストが並んでいるだけです。


けれども、言葉がどうであれ心がこもるテキストと言うのは、声の響きなどなくても伝わるものなのだなぁと思いました。考えてみれば、エッセイや小説もそうですね。ただのテキストなのに、書き手の思いや言葉にこもる心が伝わってきたりもします。


結論的に、このクライアントさんだからこそこんな文章が生まれたのだと思い、すごく感謝できました。そういう人に出会えたことにも感謝、そのようなお仕事をいただけたことにも感謝、何よりも感謝できたことに感謝でした。


これまでライターの仕事をしてきて、そんなふうに思ったのが初めてでした。それはちょっと、仕事をする中で余裕がなかったからなのですね。


今回は、優しい言葉を受ける側ではありましたが、そういうことに気づいた限りは、私もできるところから心がこもった優しい言葉をかけていきたいと思いました。


やっぱり朝が大嫌いな私ですが、朝だからこそこんな清々しいブログ記事が書けるのかもしれません。結構、天気とか時間帯とかその場の空気とかに左右されやすい性格です。


よく言えば、感受性が豊かなのです。


だからこそ、先日は歌の録音をしていたのですが、モニター環境がすごく大事だなぁと思いました。私の場合は特にそうですね。


良い機材を使えば良い音楽ができそうな感じがしますが、最近はそうとも言い切れないのかもしれません。聞こえが良いように仕上げられるメカが結構出てきているので、昔とはちょっと違いますね。

スポンサーリンク

子供の頃は、環境が良い音楽スタジオなどで、歌わせていた抱くことが多かったのですが、良い機材でレコーディングをしてみても、モニター環境が私に合っていなかったのか、良い機材だとは思えませんでした。


そして、レコーディング以外でのコミュニケーションというか、空気も大事なのかも。


モニター環境と言うのは、歌を録音する際に、ヘッドフォンから伴奏はどのように聞こえてきて、自分の声がどのように響いているかの環境を言っています。


録音のために歌っている最中は、伴奏がとりあえず鳴っていている、自分の声がとりあえず聞こえていればいいと言うボーカルさんもいるでしょう。


その後に、ミックス作業の中でさらに聞こえが良くするために仕上げていけるので、録音の時なんてそこまで音質にこだわらなくていいと言うボーカルさんです。


残念ながら、私は感受性が強いので、そっちタイプにはなれません。それではちょっと歌が死んでしまうのですね。


特別に良い機材などは使わなくてもいいので、自分に合うモニター環境を作り上げることが大事だなぁと思いました。


メンタル面でも少し弱いところがありますから、録音の時にあまり聞こえが良くない感じで自分の声がヘッドフォンから返ってくると、だんだんテンションが下がってくるのです。それもすごくダメージになってしまうので、嘘でもいいからいいように聞こえるモニター環境を作り上げることが、まず第一だと気づきました。

自分で伴奏を作ったり、録音をしたりをちゃんとやってるのは、実は今回が初めてです。ずっとやりたかったのですが、なかなかその1歩が踏み出せなくて今頃になってしまいました。


だけど、今だったからよかったのかもしれません。いろいろ気づくことが多く、子供の頃は、いろんな人に手伝ってもらいながら録音もしておりましたが、今の方が断然楽しいです。


やっぱり、作品を作るとなるとプロセスが大事ですね。私は、そこを大事にしていきたいと思っていますし、そこも含めて、ブログなどで発信して表現していきたいと思っています。


今朝は、起きたらすぐ、また記事を書いていました。起きたらすぐ、記事を書こうかなって思えることもありがたいですね。


最近になって、いろいろ落ち着いてきたからと言うのもあり、ありがたいと思えることが多いです。苦しいことも含めてありがたいと思えます。


皆さんも、よい1日をお過ごしください。

スポンサーリンク