カナリヤ響子ブログ

ウェブライター、音楽、カメラ、ブログなどでフリーランスしてます♪京都出身横浜山手在住。チワワと暮らしてます。日々の出来事、作ったもの、創作の過程、発見、アイデア、時々反省などをゆるくここに♪

千住博さんの龍神という作品。

今年の3月に、高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展を見に行ってきました。

千住博さんは、1995年のヴェネツィアビエンナーレで名誉賞を受賞された有名な画家。


私が行った展覧会では、主に世界遺産高野山金剛峯寺に奉納される作品が展示されていました。


その中に「龍神」と言う作品がありました。


これです。








蛍光塗料を上から垂らして作られた瀧の作品。制作風景映像も流れていました。


照明が消えると、蛍光塗料が光って幻想的な作品に変わります。


龍神は、水に関係すると思いますので、まさにこの感じなのかなぁと思いました。


それよりも。


制作風景映像の中で、印象的だった千住博さんのコメントがあります。


スポンサーリンク

この作品の制作の際に、蛍光塗料を何度も上から垂らしてきたが、一回も思い通りに流れてくれたことがない。


とのこと。



つまり、狙った通りの絵が描けないと言うことです。いくらイメージを描いて、蛍光塗料を上から垂らしてみても、イメージ通りには垂れてくれないのですね。


しかし、イメージ通りではなくても、それはボツにはならないのです。ボツにはしないのですね。


その考え方に、この耳が反応しました。ピクピクと👂


イメージ通りに垂れてくれなかった蛍光塗料を見て、そこからまた新たにイメージを描いて、蛍光塗料を垂らしていくのだそうです。


つまり、イメージ通りでは無い作品を受け入れるのですね。受け入れた上で、新たにイメージを描いていくわけです。


流れのままにと言うのは、まさに、このことではないかと思いました。



イメージ通りではないものを受け入れるのは、すごく勇気がいると思うし、器も必要です。


千住博さんの作品は、世界的にも評価されているので、確かにすばらしいと思いましたが、それよりも千住博さんの器に感動した私でした。


その器、私にもちょっと分けて欲しいです笑。


いや、無理やり、広げます笑。


スポンサーリンク