カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日常、そのまま♪

新宝島はドリフなの?今日も揺れたり震えたりしてカナリヤ


サカナクション / 新宝島 -BEST ALBUM「魚図鑑」(3/28release)-

 

最近よく「サカナクション / 新宝島」を聴いてます。

 

サカナクションには、あまり興味がなかった私。でも、なんとなくYouTubeでこの曲を見てしまったあの真夜中から、毎日聴かずにはいられなくなりました。多分、満月が怪しく輝いてた真夜中。

 

ネットで検索してみると、ドリフっぽいと言われてた「サカナクション / 新宝島」。確かにそうかも。

 

何よりも忘れたくないのが、ドリフのあの曲の歌詞は、私が尊敬する作詞家の森雪之丞さんのデビュー作だということ。(誰かいい加減に作詞家についても語っていただきたい)

 

ドリフに似てる「サカナクション / 新宝島」は、歌詞もコードもシンプルで好き。そして、このPVも、音も。

 

以前は歌唱力にこだわってた私だったので、なんかこういうの聞きづらかったけど、最近は実力派シンガーとかの歌が逆に聴けない。

 

そして、作り上げられすぎてる音楽も無理。

 

やっぱり私の耳はこっち側だったのか〜とぼんやり一点ボケの中、納得して一人頷いて。

 

何よりも世界観がないと。

 

コードが素晴らしくても楽曲が素晴らしくても歌唱力があっても、世界観がなければ、何もないような気さえしてしまいます。

 

写真も文章もそういう見方をしてます。あんまり理屈理論とか、私の中にはあんまりなくて。

 

「なんとなく」な感情がわからないというか、理解できないほど頭ガチガチな感じの人っているんですね。驚きました。

 

恋愛も「なんとなく」はじめて、「なんとなく」終わっていくものであり、そこに説明できる理由なんてないと思います。

 

私は、音楽にしろ、文章にしろ、写真にしろ、アートというか芸事のような、ある種の水物に取り憑かれて子供の頃から生きてきたし、ステージで育ったと言っても過言ではない生い立ちなので、「なんとなく」がない世界が窮屈です。

 

決まりごとは大事だけど決まりごとだけの世界は、とにかく狭くて、吐きそうになる。

 

でも順応することもできます。器用なので。フリーランスになるまでは、そういう風に生きてました。

 

振り返れば、普通の生活を送っていた時代もあったけど、私なんかはほとんどがノリであり「なんとなく」が続いて道になってきた気がする。

 

それが、好きですね。

 

私のまわりは、現在そんな人ばっかり。音楽や芸事をしてる人ばっかなので、みんなノリを大事にしています。

 

というわけで、新宝島という曲、昭和っぽいし、なんかワクワクするし、好きです。確かにドリフなPVだけど、もう一つ見えてくるのが、私的には「ひょっこりひょうたん島」。

 

すすめ〜♪って、あのフレーズが聞こえてきた。実は昔、童謡の歌唱コンテストの全国大会で「ひょっこりひょうたん島」歌いました。審査員特別賞でした。会場は東京の五反田のゆうぽうとでした。12歳だったかな。

 

だから、「ひょっこりひょうたん島」をよく知ってて。シャッフル系のノリが得意な私だったので、まさにぴったりな選曲だったのかも。

 

新宝島「揺れたり震えたりしたって丁寧に歌うと決めてたけど」「揺れたり震えたりしたって丁寧に歌うよ」の精神が特に好き。人間らしいと感じました。

 

私なんかは、毎日、揺れたり震えたりしています。

 

文章も結局は最後ノリ勝負です。それが楽しい。音楽も同じ。

 

正直、楽しいだけじゃなくて怖い時もあるけど、揺れたり震えたりしたって丁寧に綴ると決めたから、一生涯、揺れたり震えたりしたって丁寧に綴っていくつもりです。

 

こういう生き方、バカにする人、いるんだよね。わからないからバカにするのかな?まあ、どっちでもいいです。

 

とにかく、バカにしない人は伸びる人だと確信してます。私も逆の立場だったらバカにしないし、応援するかな。

 

とりあえず、これで生きてるのは事実なので、誰にも何も言わせません笑。すいませんね、ほんとうに。

 

今後もずっと揺れたり震えたりして、新宝島を目指していきたい👍世界でたった一つのお宝を追いかけて。

 

新宝島

 

あ、前回のこの続きですが、4小節だけ、イヤホンマイクで歌を入れました。GarageBandだけで今の所、やってます。風邪でしんどい中、布団で歌いました笑。

 

www.kyokocanaryblog.com

 

また、アップします。

 

スポンサーリンク