カナリヤ響子ブログ

京都出身・横浜山手在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライター(副業じゃなくて複業、つまり本業)のカナリヤ響子さんのブログ。横浜と京都を行ったり来たりしながらライター業や作曲、カメラなどを楽しんでます。好奇心旺盛でソロ活多め、心友は愛犬のチワワです。

理系と文系について考え続けてる

わたしはやっぱり、理系の人と合います。

これは男女ともに。


ライターやってるくせに、なんで理系と合うねーん?と思ってません?


うーん、確かにそうなんですけど、、、文系の人とは、頑張ってもズレが生じ、、、関係は終わる。。。



なぜだか、理系の人とは話が広がるのに、文系の人とは話が広がらないのです。

わたしを取り巻く人間関係の範囲の話なので、断定はできませんが。



理系の人の思考の枠は無限大です。枠を作らずに考えようとするところが好きで。


文系の人は、自分なりの枠とか世界を持ちすぎてて、それを崩そうとせず、枠外のことは「わかんないや。」と片付ける傾向にあったような気がして。。。


理系は客観視がうまいけど、文系は主観でいっぱいで、それ以外は見えてないし聞こえてないような気がしたこともありました。



学ぼうとする姿勢が違うような気もするし。


スポンサーリンク

やっぱり理系は勉強家で知的。好奇心も強し、新しい考え方や方法を理解するのが早いです。


だから、話が広がりやすいのかな。

また、見た感じも知的だし、そこがまた素敵で。


そんなこんなで、わたしはまだ理系と文系の違いについて考え続けてて、、、。


ここまで言っておいてアレですが、これはかなり偏見かもしれないので、そんなに真剣に考えないでくださいね。


しかもわたしは大学は行ってないので、文系とか理系とか、わかってるようでわかってないのかもです。


いつか、こんな考えも、歌になったら面白いですね。


最近考えてる歌があります。


遺伝子とわたしの論争(仮)とピンボケの世界で君と僕は(仮)


とかです笑。


愉快な毎日です笑。

あ、しばらくまた、京都と横浜を行ったり来たりな生活をします。


とっても飽き性なので、同じところで生活し続けてると退屈してくるのですね、、、。


困った。


スポンサーリンク