カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日常、そのまま♪

【穴場あり】横浜みなとみらい〜山手で好きな桜スポット30選(2019年3/23更新)

f:id:kyokocanarysan:20190317232555j:plain


私が住んでいる横浜石川町周辺のみなとみらい〜山手で好きな桜スポットを30箇所集めました。あんまりネットでは出ていない穴場もあります。


2019年の横浜の桜の開花日は3月22日頃、満開の時期が3月31日頃です。各スポットの写真は、今のところ、引用の写真ばかりになっておりますが、桜が咲いたら写真を撮りに行くので、私の写真に差し替えます。

横浜には横浜の桜の風景があります。3月下旬から、30箇所に足を運んでお花見をしにいきます。そこで私が感じた横浜の桜の風景を、そのままレポートしていきたいと思っています。

この記事は、横浜にお花見に来られる方々に参考にしていただきたいです。

横浜みなとみらい(桜木町)の穴場ありな桜スポット

横浜一の観光地のみなとみらい(桜木町)には、 桜スポットが6箇所あります。

汽車道

f:id:kyokocanarysan:20190311173212j:image

画像出典:横浜みなとみらいの桜が満開!桜木町〜汽車道〜さくら通りは桜の写真撮影スポット多数 | はまこれ横浜

横浜のみなとみらいにある汽車道は、1911年(明治44年) に開通の臨港鉄道の一部を利用した遊歩道です。

臨海鉄道とは港への貨物輸送のために敷かれた鉄道でしたが、1998年にはレールの一部と3つのトラス橋を残して、桜木町と新港地区を結ぶ遊歩道となりました。

夜になると、世界最大級の観覧車が見えたりなどで横浜らしい夜景を楽しめます。

 

汽車道とは?

汽車道|観光スポット|【公式】横浜市観光情報サイト - Yokohama Official Visitors' Guide

 

▼カナリヤさんの桜レポ 

www.kyokocanaryblog.com

 

▼地図

 Google マップ


みなとみらいさくら通り

f:id:kyokocanarysan:20190311173259j:image

画像出典:横浜みなとみらい「さくら通り」の最寄駅は?場所と行き方を地図と写真で確認 | はまこれ横浜

みなとみらいさくら通りは、横浜のみなとみらいエリアの中で桜の名所としてもよく知られている桜並木のストリートです。

桜並木のストリートは約500メートルもあり、桜だけではなく横浜のランドマークタワーパシフィコ横浜などのみなとみらいを象徴するスタイリッシュな設計のビル群や重要文化財初代帆船日本丸を見ながら、お花見を楽しめるのが魅力の一つです。

 

▼みなとみらいさくら通りとは?

みなとみらい さくら通り(神奈川県)|全国のお花見・桜名所・夜桜2019|るるぶ&more.

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜) 

sp.jorudan.co.jp

 

▼地図

Google マップ


カップヌードルミュージアムパーク

f:id:kyokocanarysan:20190311173516j:image

画像出典:【横浜の桜2017】カップヌードルミュージアムパークの桜(中区) - THE YOKOHAMA STANDARD

カップヌードルミュージアムパークは、パシフィコ横浜と新港地区を結ぶ国際橋付近にある公園です。

みなとみらい21や横浜港を見渡しながら歩ける海岸部分と、潮風を感じながら、お花見やお昼寝ができる芝生広場があり、春は桜が満開になります。

横浜港の海岸線やぷかりさん橋を発着する船の姿も見られますよ!

 

カップヌードルミュージアムパークとは?

 [カップヌードルパーク | カップヌードルミュージアム 横浜]

  

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

theyokohamastandard.jp

 

▼地図

Google マップ


野毛山動物園野毛山公園

f:id:kyokocanarysan:20190311173958j:image

画像出典:野毛山公園・野毛山動物園の桜 2019の見頃・開花状況は?

1926年に開園の野毛山公園は、野毛山動物園と隣接している公園です。

横浜を象徴するランドマークタワー横浜市内を一望できる芝生広場のまわりには、たくさんの桜が植えられています。

その数は、なんと250本だとか。

動物園の近くにある佐久間象山碑周辺の桜も要チェックですよ♪

 

野毛山動物園とは?

野毛山動物園公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

hanami.walkerplus.com

 

▼地図

Google マップ


掃部山公園

f:id:kyokocanarysan:20190313013137j:image

画像出典:掃部山公園は桜の花見に最適!頂上では井伊直弼像がお目見え | はまぴた

JR桜木町駅近くのみなとみらいとは反対側に野毛エリアがあります。
野毛山動物園が有名ですが、横浜開港と関係する井伊掃部頭直弼の銅像がある掃部山公園(かもんやまこうえん)も、穴場な桜スポットです。

大正3年にできた公園で、井伊掃部頭直弼の銅像がある広場の周りには200本程度のソメイヨシノ等の桜が咲いています。

また、野毛エリアの花咲町やみなとみらいの街並みが広がり、満開の桜とともに横浜らしい街並みも展望できます。

 

掃部山公園とは?

掃部山公園 : 横浜市西区ホームページ

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

iwalkedblog.com

 

▼地図

Google マップ


スポンサーリンク

 

 

伊勢山皇大神宮

f:id:kyokocanarysan:20190313013341j:image

画像出典:伊勢山皇大神宮の桜 2019の見頃は?

横浜の総鎮守として有名な伊勢山皇大神宮。“関東のお伊勢さま”と呼ばれているだけあって、かなり大きな神社です。しかも、横浜の街を見下ろせる高台にあるので、景色も素晴らしいのですよ。

毎年春になると、鳥居を覆うように咲く桜や紅葉坂から上ってくる裏参道の桜、散りゆく花びらが手水舎のあたりに作る桜の絨毯など、見所満載です。

 

伊勢山皇大神宮とは?

横浜総鎮守 伊勢山皇大神宮

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

iwalkedblog.com

 

▼地図

Google マップ


横浜関内の穴場ありな桜スポット 

横浜スタジアムで有名な関内にも、実は桜スポットがあります。

ここで、3つの桜スポットをご紹介しますね。

関内桜通り

f:id:kyokocanarysan:20190313013614j:image

画像出典:http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/special/cherry/kannaisakura.html

JR関内駅から横浜市役所や横浜スタジアムがある方の出口を出て、左に進むとあるファミリーマートの前の道が桜通りです。本町2丁目の交差点方向に繋がっており、その名の通りストリートの脇には桜の木がたくさんあります。八重桜なので、少しシーズンは遅いですが満開になります。

 

▼関内桜通りとは?

関内桜通りの桜2018!桜木町から徒歩で行ける横浜の隠れたお花見の名所! | MACHI×CAMP!

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

4travel.jp

 

▼地図

Google マップ


横浜公園

f:id:kyokocanarysan:20190317093714p:plain

画像出典:中区役所 桜の開花情報(横浜公園)

横浜では、2番目に古い公園で、横浜ベイスターズのホームグランドの横浜スタジアムがあります。69品種約16万球のチューリップが有名ですが、実は桜スポットでもあります。

外国人と日本人との親善野球が行われたところでもあり、さらにさかのぼると、開港当時は遊郭があった場所でもあります。少し遅咲きですが、横浜緋桜といわれる品種の桜が咲くそうです。

 

横浜公園とは?

横浜市 環境創造局 横浜公園(中区)

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

www.city.yokohama.lg.jp

 

▼地図

Google マップ


大岡川 (都橋付近)

f:id:kyokocanarysan:20190313013744j:image

画像出典:大岡川プロムナードの桜|花見特集2019

大岡川は、横浜港に繋がる二級河川です。桜木町駅関内駅の間ぐらいに位置する都橋から、弘明寺の観音橋までの大岡川沿いに約500本もの桜が植えられています。

満開になる頃にはさくらまつりも行われ、各地域で賑わっています。中区からは、レトロな風景が魅力の都橋からの眺めが最高です。野毛エリアにも近いので、違った角度からディープな横浜の風景と共に、大岡川の桜を楽しめます。夜になると、約1500灯のぼんぼりがほんのりと灯り、昼とは違った表情を見せます。

 

大岡川とは?

大岡川 (神奈川県) - Wikipedia

 

▼カナリヤさんの桜レポ

www.kyokocanaryblog.com

 

 

▼地図

Google マップ


横浜元町・山下町・石川町の穴場ありな桜スポット

元町ショッピングストリートがある横浜の元町、山下公園で有名な山下町、JR石川町駅付近の石川町にも桜スポットがたくさんあります。

定番から穴場まで、6箇所を集めました。

シドモア桜(谷戸橋)

f:id:kyokocanarysan:20190316222207j:plain

 

f:id:kyokocanarysan:20190316222309j:plain

春になるとワシントンのタイダルベイスンという入り江の岸に、たくさんの桜が咲きます。現地ではさくら祭りも行われるほど、有名な桜スポットです。

今では結構有名なワシントンの桜並木ですが、その始まりは、横浜などに滞在していたアメリカ人紀行作家エリザ・シドモアさんがワシントンに桜並木を作る活動を始めたことでした。

シドモアさんは日本の桜の美しさに魅了されて、アメリカにも桜並木を作りたいと願ったのでした。その願いが叶ったのは、明治45(1912)年のことでした。

その証に、横浜の元町ショッピングストリートのフェニックスアーチを出た先にある谷戸橋の左端には、シドモア桜の歴史が記されたボードがあります。その上には桜が咲き誇り、川や橋、フェニックスアーチとともに横浜らしい景色を描きます。

シドモアさんのお墓は、ここから歩いて15分程度のところにある外国人墓地にあり、ワシントンから送られた桜5本が満開に咲いています。


▼シドモア桜とは?

シドモア桜とは? | シドモア桜100周年 里帰りを喜ぶ市民の会

 

▼カナリヤさんの桜レポ

www.kyokocanaryblog.com

  

▼地図

Google マップ 


元町厳島神社

f:id:kyokocanarysan:20190313015530j:image

画像出典:

http://www.age-picogram.com/imaizumi/2018/03/26/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%25E3%2580%2580%E5%85%83%E7%94%BA%25E3%2580%2580%E5%8E%B3%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E7%A4%BE%25E3%2580%2580%E6%A1%9C/

赤い鳥居が印象的な元町厳島神社。元町ショッピングストリートの一つ隣のクラフトマンシップストリートにある神社です。西洋風なクラフトマンシップストリートの途中に厳かな元町厳島神社があり、その意外性が面白いです。さらにそこに桜が咲くと、どんな景色になるのか?私は一度も見たことがないので、今年は楽しみにしています。

その昔は、杉山弁天とも称されていたそうで、弁天様にご縁がある神社なのかもしれません。弁天様と言うと、音楽とか芸事の神様としても有名なので、私も身近な感じがします。

関内にも厳島神社があり、かつては清水弁天と言われていたそうです。ちなみに関内には、厳島神社から歩いて10分程度のところに弁天通があります。

 

▼元町厳島神社とは?

元町嚴島神社(元町厳島神社) / 神奈川県横浜市 | 御朱印・神社メモ

 

▼カナリヤさんの桜レポ

www.kyokocanaryblog.com

 

▼地図

Google マップ


谷戸

f:id:kyokocanarysan:20190313015341j:image

画像出典:谷戸坂の桜 | すみかえらび

有名な港の見える丘公園の入り口から、山下町と元町方面に下っていく坂です。坂の途中に桜並木があり、前方に見えるマリンタワーとの景色を楽しみながら降って行けます。

坂の途中で緩やかなカーブがあり、付近にはこじんまりとしたオープンカフェやギャラリーがあります。

その昔は、現在の本牧にある本牧神社に向かうための信仰の道だったとか。そうした歴史も感じながらお花見できる風情ある坂道です。坂を下りきると、飲食店がたくさんあるので、休憩もできます。

 

谷戸坂とは?

谷戸坂 - Wikipedia

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

sumikaerabi.jp

 

▼地図

Google マップ


スポンサーリンク

 

山下公園

f:id:kyokocanarysan:20190313014941j:image

画像出典:2019年版 横浜のお花見スポット・桜の名所 20選|特集|観光スポット|【公式】横浜市観光情報サイト - Yokohama Official Visitors' Guide

山下公園は、昭和5年3月に関東大震災のがれきを埋め立てて作られた大きな公園です。横浜では最も有名な公園で、横浜ベイブリッジや港を行き交う船、遠くに見えるみなとみらい、氷川丸の眺めが素晴らしいです。

公園には童謡で有名な「赤い靴はいてた女の子」像、昭和12年に在日インド人協会から贈られた「インド水塔」、噴水広場にあるアメリカ・サンディエゴ市寄贈の「水の守護神」などの記念碑があります。

山下公園はバラの名所としても有名ですが、実は桜スポットでもあります。氷川丸と桜、マリンタワーと桜、遠くに見えるみなとみらいと桜のコラボな風景を楽しめます。

 

山下公園とは?

山下公園 - Wikipedia

 

▼カナリヤ響子さんのレポ

www.kyokocanaryblog.com

 


 

▼地図

Google マップ


諏訪神社

f:id:kyokocanarysan:20190316222601j:plain

横浜の石川町の諏訪神社は、石川町5丁目の交差点から石川町駅に向かう途中にあります。かなり高い位置にある神社で、鳥居の奥に桜が咲きます。

高いところに見える鳥居と桜が迫力がありながらも美しいです。背景に青空が広がっていると、桜のピンクが引き立って、絵になる風景になります。

この辺りでは、元町の厳島神社とともに諏訪神社も有名な神社として、地元の人たちを中心によく知られています。

 

諏訪神社とは?

石川町諏訪神社 / 神奈川県横浜市 | 御朱印・神社メモ

 

▼カナリヤさんの桜レポ 

www.kyokocanaryblog.com

 

▼地図

Google マップ


濡れ地蔵(亀の橋) 

f:id:kyokocanarysan:20190316222535j:plain

濡れ地蔵は、JR根岸線石川町駅から歩いて3分ぐらいの所にある亀の橋にある大きなお地蔵さんです。少し悲しい言い伝えがありますが、お地蔵さんは地元の人たちの手で綺麗に立派に祀られています。

春になると、横を流れる中村川のサイドに植えられている桜が満開になります。お地蔵さんに寄りかかるように揺れる桜の風景が素敵です。

 

▼濡れ地蔵とは?

石川町“地蔵坂”の濡れ地蔵について | 神社、お寺、城跡が好きなサルサDJのブログ

 

▼カナリヤさんの桜レポ

www.kyokocanaryblog.com

 

▼地図

Google マップ


横浜山手の穴場ありな桜スポット

横浜の山手には、西洋館や高台に位置する公園、境界など観光スポットがたくさんあります。そんな観光スポットにも、桜が咲き誇り、異国情緒あふれる街並みの中で日本の桜を違った角度から見物し堪能できます。

かなりの穴場も含めた横浜山手の桜スポットを、独断と偏見で15箇所集めました。

港の見える丘公園

f:id:kyokocanarysan:20190316224145p:plain

画像出典:http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/hottopics/hanami/

横浜では、山下公園に続いて有名な公園です。公園の名前の通り、横浜港を見下ろせる丘にある公園で、ベイブリッジなどの横浜の夜景を展望できます。
バラが有名な公園でもありますが、穴場な桜スポットでもあります。

横浜港の景色とともに、桜やバラのお花見もできる公園です。

 

港の見える丘公園とは?

 横浜市 環境創造局 港の見える丘公園(中区)

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

sp.jorudan.co.jp

 

▼地図

Google マップ


霧笛橋

f:id:kyokocanarysan:20190313014636j:image

画像出典:【2019年版】横浜の桜名所&穴場6選。おすすめのお花見スポットはここ!│観光・旅行ガイド - ぐるたび

霧笛橋は港の見える丘公園大仏次郎記念館と神奈川近代文学館とを結ぶ橋で、橋の下に桜が咲いている風景が絵になります。霧笛橋という名前は、小説家の大佛次郎の作品「霧笛」から付けられました。

橋の長さは51mで、オレンジ色のレンガが印象的。どこかメルヘンな雰囲気を持つ歩道橋で、遠くから見るとアーチ橋のようにも見えます。

 

▼霧笛橋とは?

霧笛橋(横浜市中区) - 神奈川県ホームページ

 

▼カナリヤさんの桜レポ

www.kyokocanaryblog.com

 


  

▼地図

Google マップ


アメリカ山公園

f:id:kyokocanarysan:20190316233047p:plain

画像出典:アメリカ山公園の桜 | ものの日記

アメリカ山公園は、みなとみらい線の「元町・中華街駅」の駅の上部にある立体都市公園である。元町・中華街駅がある元町とアメリカ山公園がある山手の丘は約18mの高低差があり、横浜マリンタワーや横浜ベイブリッジ横浜ランドマークタワーなどを展望できます。

元町・中華街駅からエレベーターやエスカレーターを使えて、登り切ると直接入園できるようになっています。

四季折々に様々な花が咲く公園で、もちろん、桜も満開になります。

 

アメリカ山公園とは?

 横浜市 アメリカ山公園

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

blog.livedoor.jp

 

▼地図

Google マップ


外国人墓地

f:id:kyokocanarysan:20190313134750j:image

横浜外国人墓地は、幕末の米黒船艦隊来航の際の軍人の埋葬により始まった墓地で資料館とともに公開しています。普段は、横浜開港当時の発展に貢献した40数カ国の外国人約4,800人が眠っている墓地内は非公開となっており、資料館のみ公開しています。

ただし、3月末から12月末までの毎週土・日・祭日(雨天を除く)は、墓地維持管理募金のために特別に公開しており、墓地内の桜を見物できます。

 

外国人墓地とは?

横浜外国人墓地,Yokohama Foreign General Cemetery

 

▼桜に関する情報ページ (ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

blog.goo.ne.jp

 

▼地図

Google マップ


元町公園前

f:id:kyokocanarysan:20190316221630j:plain

山手本通りと外国人墓地に隣接する元町公園は、山手地区の中で一番有名な桜スポットです。その元町公園前には、えのき邸、山手234番館、エリスマン邸、ベーリック・ホールがあります。

山手234番館の向かいにある外国風の電話ボックスの上にも桜が咲き、フォトジェニックな一枚が撮れるかもしれませんよ。この記事のトップ写真は、昨年撮影した元町公園付近の電話ボックスの写真です。

みなとみらいの景色も見える場所で、桜とみなとみらいの景色も撮れる(新聞やニュース写真によく使われている)穴場な写真スポットでもあります。

 

▼元町公園とは?

元町公園公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

sp.jorudan.co.jp

colorssss.com

 

▼地図

Google マップ


山手聖公会

f:id:kyokocanarysan:20190316221110j:plain

山手聖公会は元町公園や外国人墓地の前にある教会で、外観の大谷石を使ったノルマン様式が特徴的です。

設計はアメリカ人建築家のモーガンで、この山手聖公会は中世のイギリスのノルマン建築とゴシックをミックスさせた外観に仕上がっており、元町公園に咲いている桜と一緒に見ることで、また違った映り方になります。

近くには有名な山手カトリック教会がありますが、こちらも山手で代表的な教会です。

 

▼山手聖公堂とは?

 横浜山手聖公会 Official Site[日本聖公会:横浜教区 創立1947年]

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

blog.goo.ne.jp

 

▼地図

Google マップ


エリスマン邸 

f:id:kyokocanarysan:20190316225110j:plain
エリスマン邸は元町公園近くにある生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人格だったスイス人のフリッツ・エリスマン氏の邸宅でした。設計者はチェコ人の建築家アントニン・レーモンドで、和館付きで建築面積は約81坪の木造二階建てです。

エリスマン邸まわりにも桜が咲き、西洋館と桜な写真が撮れます。また、二階から外を眺められるので、窓からのお花見も可能です。

 

▼エリスマン邸とは?

 エリスマン邸公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

gurutabi.gnavi.co.jp

 

▼地図

Google マップ


ベーリックホール

f:id:kyokocanarysan:20190316232346j:plain

f:id:kyokocanarysan:20190316232352j:plain

ベーリック・ホールは、1930年に建築されたイギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅です。設計はJ.H.モーガンでスパニッシュスタイルを基調とした設計が魅力です。

戦前から存在する山手外国人住宅の中では一番大きく、建物だけではなく庭も広々としています。庭に何本かの桜が植えられており、建物に向かって咲く姿が美しいです。

 

▼ベーリックホールとは?

 ベーリック・ホール公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

4travel.jp

 

▼地図

Google マップ


元町百段公園

f:id:kyokocanarysan:20190316231448p:plain

画像出典:

『横浜:山手の知られていない桜スポット:元町百段』横浜(神奈川県)の旅行記・ブログ by あんみつ姫さん【フォートラベル】

元町ショッピングストリートからクラフトマンシップストリート方向に行くと、山手の方に上がっていけるいくつかの坂があります。その中の一つの代官坂を上がっていくと、長い階段が出てきます。その階段を登りきったところが、元町百段公園です。

その昔、現在の前田橋方面から101段の階段があり、そこが元町から山手へ上がる階段になっていたため、上りきった所の公園を元町百段公園と言っているそうです。

関東大震災で階段が崩落してしまったので、現在の階段の数は101段ではないのですが、高台の元町百段公園からは横浜港や山下町の景色が見えるので、眺めの良い公園の一つとしてよく知られています。

元町百段公園には、一本の大きな桜の木があり、満開になると横浜港や山下町の景色とともにお花見を楽しめます。

 

▼元町百段公園とは?

 元町百段公園 - Wikipedia

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

4travel.jp

www.city.yokohama.lg.jp

 

▼地図

Google マップ


山手カトリック教会

f:id:kyokocanarysan:20190316223815p:plain

 画像出典:横浜山手は桜の名所でもあった!横浜屈指のお洒落スポットで桜巡りを楽しもう! | 神奈川県 | LINEトラベルjp 旅行ガイド

山手カトリック教会は、キリスト教カトリックの教会で、英語名ではSacred Heart Cathedral(聖心大聖堂)と言います。

ブルーの屋根がとても美しく、そこに桜が入ると、とってもフォトジェニックな感じに。

もともとは、山手から坂を降りたところにある山下町に横浜天主堂としてパリ外国宣教会が創建していましたが、1906年に現在地に移転しました。

横浜開港直後から少しずつ、外国人の働く場所と住む場所、ショッピングをする場所が分けられるようになったそうです。

現在の山下公園がある山下町は働くところ、ショッピングをしたり、お茶したりするところが元町、暮らすところが山手だったのです。

つまり、カトリック教会の前身とも言える横浜天主堂は、当初は働く場所の山下町にありましたが、後に暮らす場所の山手に移転されたということですね。
外国人墓地も山手にあるので、それも関係しているのかもしれません。

移転後には、1923年の関東大震災で倒壊してしまったので、現在の形になったのはその後のことでした。

現在の山手カトリック教会の設計は、ヤン・ヨセフ・スワガーが手がけ、1933年に再建されました。

 

▼山手カトリック教会とは?

カトリック山手教会公式ホームページ

 

▼カナリヤさんの桜レポ

www.kyokocanaryblog.com

  

▼地図

Google マップ


汐汲坂交差点

f:id:kyokocanarysan:20190316233451j:plain

山手本通りから汐汲坂に入るところに、汐汲坂交差点があります。その付近には、何本かの桜が植えてあり、満開になる頃、美しい景色が見られます。

汐汲坂(しおくみざか)は、横浜の山手本通りから元町ショッピングストリートの方に降りていける坂の一つです。

山手本通りから元町方面に降りていける坂がたくさんあります。その中でも、おしゃれなお店が多く、眺めがよいのが汐汲坂です。元町にたどり着くと、ポンパドウルの本店にたどり着きます。

汐汲坂交差点で桜を見た後に、汐汲坂を降りて元町ショッピングストリートに行くコースもおすすめです。

ちなみに、汐汲坂という坂の名前は、昔山手の方で農業を営んでいた農夫が、汐汲坂を降りて海に海水を汲みにいき、潮汲み坂を上って山手に戻り、農作物に海水を与えていたことから名付けられたという説があります。

 

▼汐汲坂とは?

汐汲坂 - Wikipedia

 

▼カナリヤさんの桜レポ 

www.kyokocanaryblog.com

 

▼地図

Google マップ


外交官の家(イタリア山庭園)

f:id:kyokocanarysan:20190316225607j:plain

外交官の家は、1910年に東京都渋谷区南平台に建てられた明治政府の外交官・内田定槌氏の邸宅です。平成9(1997)年に現在の横浜山手にもともとあった山手イタリア山庭園に移築復原されました。

移築復原は、内田定槌氏の孫にあたる宮入氏の意思によるものでした。結果、寄贈という形で横浜市に移築復原されて、国の重要文化財として一般公開しています。

設計者はアメリカ人建築家J.M.ガーディナーで天然スレート葺きの屋根と下見板張りの外壁などのアメリカン・ヴィクトリアン様式な塔屋つきの木造2階建てです。

外交官の家の門に桜が咲き、向こう側に見える黄色の外交官の家と落ち着いた雰囲気の門に桜が加わった景色を楽しめます。

 

▼外交官の家とは?

 外交官の家公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

 >>>(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜) 

 

▼地図

Google マップ


スポンサーリンク

 

 

ブラフ18番館

f:id:kyokocanarysan:20190316225909p:plain

画像出典:ブラフ18番館(横浜・山手)|地元の有益な情報 [はまてなし]

ブラフ18番館は、オーストラリアの貿易商バウデン氏の住宅で、関東大震災後に建てられました。もともとは、山手町45番地に建てられていましたが、現在は、外交官の家があるイタリア山庭園内に移築復元されています。

白い壁にフランス瓦の屋根、緑の窓枠などがアクセントになっており、可愛らしい西洋館です。館内では、震災復興期の外国人住宅の暮らしを再現した展示とともに、当時の元町で作られていた横浜家具が飾られています。

イタリア山庭園からブラフ18番館につながる道の途中や、イタリア山庭園の正面の門から入る道の途中に桜が咲いており、ブラフ18番館と桜の景色を楽しめます。

 

▼ブラフ18番館とは?

http://www.hamatenashi.com/midokoro/bluff18/

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

4travel.jp

 

▼地図

Google マップ


山手公園

f:id:kyokocanarysan:20190316230523p:plain

画像出典:山手公園の桜|花見特集2019

山手公園は、1870年に横浜に移住していた外国人によって作られた洋式の公園です。テニスの発祥の地でもあり、公園内にはテニス発祥記念館もあります。山手公園には桜の大木がたくさんあり、桜のトンネルの景色を楽しめます。

 

山手公園とは?

山手公園公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

sp.jorudan.co.jp

 

▼地図

Google マップ


山手68番館

f:id:kyokocanarysan:20190316230823p:plain

画像出典:山手68番館花散歩

山手68番館は、山手公園の中の奥まった所にある洋館のテニスコートのクラブハウス・管理事務所です。元々は、関東大震災後に外国人向けに建てられた賃貸住宅の一つでした。当初は、現在のフェリス女学院前の代官坂上周辺にありましたが、1986年に現在の山手公園の中に移築保存しました。

3月下旬頃になると、山手68番館の前には桜が咲き誇り、西洋館と桜の景色を楽しめます。

 

▼山手68番館とは?

施設・サービス||山手公園公式サイト|公益財団法人 横浜市緑の協会

 

▼桜に関する情報ページ(ここにカナリヤさんの桜レポが入る予定・3月末〜)

88yokohama.com

 

▼地図

Google マップ


まとめ

桜が咲いたら写真とともにレポを書きますのでお楽しみに♪

 

スポンサーリンク