カナリヤ響子ブログ

日々淡々と綴る。今日という日を忘れないように。自分らしさを忘れないように。

ソレは才能なのか器用なのか、歌なのかハッタリなのか

f:id:kyokocanarysan:20181118014410j:plain

「Webライターで食べている。」と言うと、記事作成に慣れていない、または、文章力に自信がない人は、「才能で食べられるなんてすごい。」って言ってくれる。すごく嬉しいけど、私はそれを聞くたびに少々の引っかかりを感じて、喉のあたりに違和感を感じてしまう。だって、才能で食べていると思っていないから。たぶん器用なだけ。

 

 

Webライティングの案件にもいろんなものがあるけれど、ほとんどが情報を伝えるだけの文章である。そのような文章は、大体テンプレートが決まっているので、覚えてしまえばそんなに難しくないのである。納期だってシビアな案件もあれば、かなり余裕がある案件も多い。どこまででもずらせるのが、逆に恐ろしい。

 

加えて言うならば、正解が決まっているWebライティングは結構楽。正解がゴールなんだから、ゴールに向かって書けばいいだけだし。正解がない小説やシナリオなどを書く物書きの方がたぶんかなり大変だと思う。これは本当に才能と運がないと書けないと思う。

 

何度も言うけど、ライターと物書きは違う。全く別物だと私は捉えている。

 

しかし私は、音楽の方で作詞もしているので、物書きな脳みそも持っている。才能があるないは別にして、正解がない文章も書こうと思えば書ける。ただやっぱりWebライティングをやっているときとは違う思考回路で文章を考えるので、慣れていないこともあり、とんでもなく時間がかかってしまう。一旦悩むと最後まで書けなくなることだってある。躓いて進めなくなるの。

 

だけど、正確には、「だった。」のである。つまりちょっと過去形になってきたということ。



ここで仮に、

 

・Webライティングで使う脳を左脳

・物書き系で使う脳を右脳

 

と設定してみよう。

 

スポンサーリンク

 

ここ最近6年間くらいの私は、左と右をうまくバランスとって、その時々で書きたい文章を書いていけたらいいなと楽観的に考えていた。しかし、実際にはバランスをとるのが難しく、左に傾けば左のまま、右に傾けば右のままで、切り替えが大変だった。特にWebライティングは仕事だから、そちらにウエイトを置かなければいけないからか、脳は左に傾いたままのことが多かった。

 

だから、右に傾けて独創的な文章を書きたいのに書けなくて悶々と過ごす瞬間が多くなってしまった。その瞬間は私の心に積み重なって、まるで泥のようにドロドロに溜まってしまったのか・・だんだん心が重たくなってしまっていた。

 

何か書きたい何か書きたいと思っても、心の底に沈んでいった言葉やフレーズなどが泥のせいで上がってこれないのである。泥沼に埋もれてしまった私の言葉や文章。それを底に沈めたまま、左に傾いた脳をフルに使って、Webライティングをこなす日々であった。そんな日々はどん底につらかったのかといえば、そうでもない。楽しかったと言えば、楽しかったのである。だけどどこか虚しい感じもあって、時々ぽかんとしていた。

 

それが急に解消されたのは、結構最近のことである。つまり、違う仕事も始めてからである。違う仕事を始めてからは、しばらくWebライティングから離れていた。とはいってもすごく長い期間ではない。ほんの少しの期間だったのに、うまくバランスが取れたようで、底に沈んでいたはずだった言葉やフレーズが、帰り道に浮かんで書き留める夜が増えていった。

 

そこには、タイミングよく出会ったある音楽の存在もある。聴くたびに私の心の底に沈んでいた私らしい言葉やフレーズを掘り起こしてくれた音楽だと言っても過言ではない。その音楽を聴くほどに、私は私を取り戻し、考えなくても言葉やフレーズが断片的に浮かんできた。断片的に書きなぐった言葉やフレーズは、集めれば集めるほど点と線が繋がったように私の心もようを描いてくれているようにも思えた。

 

こんな感じの流れの中で、最近はWebライティングもスキマ時間でやってみると、なんだかスッキリかけてしまうのである。そして独創的な文章も本当によく浮かぶのである。右も左もすっきりしてとっても見通しが明るい感じがする。

 

実は、今日も5時間ぐらい販売業をしてきました。従業員と和気藹々と喋り、なんでもないことで笑える時間がとっても貴重だと思いました。和気藹々と過ごした後に静まり返った自分の部屋に帰ってみると、いい感じで心が落ち着いて、こんな文章が書きたくなったりして。

 

この20年間くらい、いろんなことを体験した。辛い経験もあった。ようやく乗り越えたという感じがしている。その末に私は何かを歌いたいと思っている。歌いたいの前に、忘れた歌があるんじゃないかと思って探し続けている。

 

歌の表現は音楽だけとは限らない。文章でも写真でもなんでもいい。表現手段についてはあまりこだわっていない。かな。

 

さてさて、今日は気まぐれにおすすめ音楽を紹介。この曲、好き。一度聴いてみてね。

 
ガランド / ピコン(cover) - Eve

友達とカラオケで歌いまくってる最中に面白い音楽をたくさん見つけた♪

 

 

スポンサーリンク