カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日々雑感や調べ物、断片的な行動の記録。

結論から書くウェブ記事の構成とサビ頭の曲と


最近は、週に1回から2回程度ですが、ウェブライターとしてアルバイト勤務をしております。その中で、いろんなことを教わります。もちろん、私からいろいろ質問するからですけど。


その中で、ウェブ上で使われて記事の構成の基本は、現在でも結論から書く構成が多いです。タイトルに対しての答えから先に書いて、その理由や掘り下げた内容などを書いて、最後にまとめでもう一度結論を書くと言う構成ですね。


話は変わりますが、最近Google検索のアルゴリズムが大幅に変わり、検索順位が大きく入れ替わりました。この話は、結構一般にも浸透していることであろうと思います。そのせいで、ウェブライターの仕事にもいろいろ変動がありました。


Google検索のアルゴリズムが変わったと言うのは、検索したときに上位に表示される基準が変わったと言ったほうが分かりやすいと思います。そのせいで、以前はGoogleで検索したときに一位あたりに表示されていたサイトが、突然トップから外されて全く表示されなくなったケースも普通に起こってます。


しかし、検索の上位に表示されて検索したユーザーの目に触れる機会が増えたとしても、記事が読みやすくなければ、ユーザーはすぐに違うサイトに写ってしまうかもしれません。「このサイトには探している情報が載っていない。」と判断して、他のサイトを探すからですね。

スポンサーリンク

ネットで何かを調べたいときに、大半の人がGoogle検索をしますね。Googleの検索窓に調べたいキーワードを入れて検索するのが一般的です。その結果が一覧表示される仕組みになっており、大体のユーザが上位に表示されているサイトからクリックしていきます。


上位に表示されているサイトをクリックして開いてはみたものの、記事の最初のほうに探している答えが載っていなければ、その後を読むのが面倒になり、他のサイトを探したくなるのが検索ユーザーの特徴だと思います。


だから、ウェブで使われる記事は結論から書くことで「わかりやすい記事」「読みやすい記事」になるのです。結論=検索ユーザーが探している答えです。


一方、楽曲もサビ頭の曲はキャッチでわかりやすいので、歌い手に歌唱力があるか、良い声であれば、十分に引きつけられます。特に90年代から2000年代位に登場した実力はと言われる女性ボーカリスト、シンガーソングライターの曲はサビ頭が多かったです。


小柳ゆきさんとか大黒摩季さん、広瀬香美さんとかではないかなと思います。基本的に、楽曲の場合もサビの部分の歌詞は、一番言いたい部分であったり、結論です。


そこで私は気づきました。


読まれやすい記事にするために結論から書くウェブ記事と、聞かれやすい楽曲にするためにサビから始まるサビ頭の曲は、どこか似ています。ただしこれは、うまくやらなければ十分な効果が得られません。


記事であれば、結論から書く構成の中で、キャッチーで無駄のない文章にまとめられるかというのがポイントになります。サビ頭の曲であれば、歌詞とメロディーがあっていてどれだけハートに響くか、なおかつそれをどれだけ歌いあげられているのかというのがポイントになります。


この2つのポイントで考えてみると、私は結論から書く文章もサビから始まる楽曲の苦手です。そこには私のメンタルの特徴が密接に関係している事に最近気づきました。


私って、やっぱり強そうに見えて弱いんですよね。いや、強そうに見せているから弱いのかもしれません。オープンになれない部分があります。でもそこも魅力の1つであり、バランスが難しい。


あ、ちょっと話がそれました。戻します。


私は、じわじわテンションが上がるタイプです。だから、最初から結論を書こうとすると必要以上に力んでうまく書けません。かなり調子が狂うので、文章がバラバラになります。


そして、楽曲も同じです。作るほうはそこまででもないですが、それを歌い上げようとしたときにサビからいきなり始まってしまうと、テンションが上がりきらない状態で始まることになるので、がっかりなスタートになります。


サビ頭の曲でうまく歌えた事はほぼないですね。それよりも、淡々としたメロディーからサビに向かって盛り上がっていく曲の方が私には合っています。


それは、じわじわとテンションが上がって安定していくメンタルだからです。気合を入れて最初から自分で安定させるってことができません。できそうに見えるけど、できないのです。


なので、記事の場合は作戦を立てました。これは、ライターの仕事の中で実際にやっていた方法です。


結論から書き始めるところを、私の場合は起承転結で最初に書いてから、最後にもう一度頭に戻って、結論を書くのです。そうすると、文章の構成的には頭に結論が来るので、わかりやすいウェブ記事になるわけですね。仕事でも、そのような要望が多かったので、自分の書きやすい方法を見出しました。


と言うわけで、今日は、結論が頭のウェブ記事もサビが頭の楽曲も、メンタル的な問題ですごく苦手だなぁと言う話をしました。小柳ゆきさんのようにサビ頭の曲を歌いあげられると良いんですけどね。そういうタイプの歌い手のように見えて、実は違うのです。だから、私ってなんだかちょっと面白くて、また自分で自分を好きになりました。


自分で自分を好きになるって、すごく大事だと思う。コンプレックスも愛してあげましょう。

スポンサーリンク