カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日々雑感や調べ物、断片的な行動の記録。

今日はパラレルワーカーについて語ってみます

f:id:kyokocanarysan:20181018203852j:plain


こんばんは。カナリヤです。昨日はあんまりツイッターをする時間がなかったので、今日はブログに直接、最近の私の動向などを書いてみようかと思いました。

パラレルワーカーと言う働き方を知っていますか?もうほとんどの人が知っているはずですよね。でも私は、最近知りました。複業をしている人は何て呼ばれているのかな?と思い検索してみたところ、何とパラレルワーカーと言う聞いたことあるような、ないような言葉にたどり着きました。

ライターのくせに、言葉に鈍感ですいません。

現在の私は、パラレルワーカーです。パラレルワーカーとは、簡単に言うと二つ以上の本業を持つ人のことを言います。本業があってもうひとつ別で仕事をしている人は副業をする人に該当します。つまり、パラレルワーカーの複業と本業+別の仕事をしている副業では、読み方は同じでも内容が全然違います。

パラレルワーカーってつまり昔で言う「掛け持ちバイト」とかじゃないの?みたいな声も聞こえてきそうですが、ちょっと調べてみたところ、違うようです。パラレルワーカーは収入を増やすだけが目的ではなく、何か目標がある中で成長のために、いくつかの本業を持つ生き方という意味合いが強いです。

私自身もそういう感じですね。Webライターだけでもいいんですけど、本業が一つというのは将来的に面白くない、もっと色々やってみたい、スキルをつけたいなどの目的でパラレルワーカーをやってみました。

ダブルワーカーとかダブルワークという言い方もありますが、これも結構収入重視で働いている人に該当する言葉ではないかなと思います。

私が現在やっている仕事は、次の通りです。

・派遣のフォトグラファーになるための研修&カメラアシスタント(週3回程度)

・派遣で販売業(週3回程度)

・Web制作会社でのWebライター(週1回から2回程度)

・以前からやっている在宅でのwebライター(仕事は減らしました)

スポンサーリンク

当初はパラレルワーカーなんてやっていけるかな?という不安がありました。うまくワークバランスが取れるか、取れたとしても体力&根気的にやっていけるかなどの不安がありました。でも、意外にやっていけています。ワークバランスも取りやすかったです。それは最近、アルバイトやパートに限りですが、フル出勤よりも週に数回程度の募集の方が多かったからです。私が以前に外で働いていた時は、フル出勤の募集がメインでした。だからダブルワークや掛け持ちって意外に難しかったんですよね。


パラレルワーカーは疲れないどころか、いろんな人と出会えて、いい意味でも悪い意味でも刺激を受けるので、楽しい日々を過ごしています。それぞれの仕事にはちゃんと目的があります。ずっとこのままで行くわけではありません。それぞれの目標は簡単に書くと、次のような感じです。

・派遣のフォトグラファーになるための研修&カメラアシスタント(週3回程度)

これは、研修期間が終わったら実際に仕事としてフリーでやっていきたいと思っています。カメラマン派遣などを受け付けているところに登録したり、単発で仕事をしたりなどでやっていきたいと思っています。

・派遣で販売業(週3回程度)

これは派遣で働いているので、現在は販売業を選びましたが、業種を時々変える予定です。できる仕事を増やしたいというのと、元々販売や接客業をやっていたので、今やってみるとどんな感じなのかなと思ってはじめてみました。

人と接する仕事も少しはしないと、ライター業だけだとちょっと辛いなあと思うことが多かったので、販売業を選ぶ運びとなりました。

・Web制作会社でのWebライター(週1回から2回程度)

これは単純に、実務経験が欲しかったからはじめてみました。Webライターに関しては、これまで在宅でしか仕事をしたことがないので実務経験がありません。今後、実務経験がないWebライターは在宅での仕事は厳しいんじゃないかなと思ったのと、実際の現場で色々教えて欲しいので潜入したというのもあります。

こういう生活を送る中で、カナリヤ響子として音楽や写真などを使った作品を作っていくためのプライベートの時間も、バランスよく取れるように努力しています。フリーランスでWebライターだけをやっているよりも、頭の切り替えがしやすくなったので、集中力が増したような気がします。

何よりも歌がよく出てくるようになったのでよかったなと思っています。いろんなことを深く考えられる時間が増えてきました。なので、サブブログの書き方なども一般的な書き方を重視するのではなく、自分なりの書き方をこれからは重視していきたいと思っています。

このような仕事をしてみて、いろんな気づきもあったのでそれを続けて書いていこうと思います。どうぞよろしくお願いします。


スポンサーリンク