カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日々雑感や調べ物、断片的な行動の記録。

フォトグラファーの話


画像出典:カメラマン募集!空き時間に働ける出張撮影サービスfotowaへの登録はこちら - 出張撮影のfotowa

数日前に言ってたフォトグラファーの話をします。


最近、保育園や幼稚園の子供達を撮るフォトグラファーの募集をよく見かけました。

このような感じの募集です。


スクールフォト・イベントフォトのカメラマン派遣なら「はいチーズ!」

カメラマン募集!空き時間に働ける出張撮影サービスfotowaへの登録はこちら - 出張撮影のfotowa


求人広告にも最近、この手の募集が結構あります。


指定の一眼レフを持っていたり、ある程度の経験が必要ですが、面接に通れば無料で研修を受けられます。


その後、派遣のような感じで働くことができます。


私の場合は、フリーランスなので時間的に融通がききます。


カメラが好きなので、とりあえずこういうところから始めてみようと思い、応募してみました。


で、研修を受けることになりましたので、出来る限り頑張ります。


とは言っても、フルで働く感じではないので気楽です。


最終的には、ブライダルやマタニティフォトのカメラマンにもなりたいです。


それから音楽関係だと、ライブ写真とかジャケット写真とかを撮る人。


保育園とかのスクールフォトやブライダルフォトで実績を積んだら、ネットで仕事を受け付けたいと考えています。


ほかには、単発での講座もあるのでこういうのも受ける予定です。

渋谷・恵比寿の「第7弾★ 美しいポートレート撮影の基本を、実践でマンツーマン指導」by 川窪 葉子 | ストアカ
東京(その他)の「子ども撮影歴15年以上のワタシが教える写真講座」by カーチャ (Katja) | ストアカ


人物撮影に興味を持ったきっかけは、今年のCP+でした。


CP+とは、カメラや周辺機器などを一般消費者に向けて展示するイベントです。


CP+ - Wikipedia


会場は、みなとみらいにあるパシフィコ横浜


今年は徒歩で行き、ギリギリに駆け込んでニコンのブースへ。そしたら、人物撮影の時のコミュニケーションについての公開講義が行われていました。


講義の内容は「カメラマンが人物写真を撮るときに、モデルさんとどのようなコミュニケーションを取ればいいか?」というもので、とても興味深く、前のめりで聞いてました。


コミュニケーションの取り方で写真が変わることを知り、😀💡となった私。


これは、おもしろい。


それで思い出したのが、工藤静香さん。かなり前にテレビでたまたま見かけた工藤静香さんはカメラマンにちょっと怒ってました。


起こっていた理由は、カメラマンが指示を出せてないからです。


つまり、コミュニケーション不足。


指示を出してくれないとどんな顔をすればいいのかわからないから、言って欲しいと工藤静香さんはカメラマンに言ってました。



私は昔、歌で時々写真を撮られたりする場面があったので、コミュニケーション不足で撮影されると、どれだけ大変かがわかります。


という流れで、ライターの方も落ち着いてきたので、他の仕事を始めようかとおもってまして、その一つがフォトグラファーです。


ゆくゆくはフリーなので、ライターとか音楽とかとバランスをとりながらやって行く方向です。


ところで、最近また、写真ブログを更新しました✨


東京の新大久保と高田馬場に撮影に行った時の写真です。


あの辺もかなりおもしろい街。


歩き食べが似合う新大久保 - カナリヤさんの写真ブログ
高田馬場と早稲田大学と神田川 - カナリヤさんの写真ブログ

では。

スポンサーリンク