カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日々雑感や調べ物、断片的な行動の記録。

【最新2018年】Googleアドワーズ広告とは?キーワードプランナーの基本的な使い方やデバイス別・地域・期間調査方法

f:id:kyokocanarysan:20180728192834j:plain
画像出典:https://mamework.com/adwords-eigyoubi/

先日、すこしだけ、Googleアドワーズについてお話ししました。

www.kyokocanaryblog.com

インターネット広告の中で、メジャーな存在のGoogleアドワーズ広告Googleアドワーズ広告をうまく活用して、成約率を上げている経営者はたくさんいます。

そんなGoogleキーワードプランナーですが、2018年に大幅にリニューアルされたので使い方が変わりました。特に、活用法の中のデバイス別の調査方法が変わったので、戸惑っている方が多いと思います。

Googleキーワードプランナーは広告出稿の際やSEO対策のキーワード選定などに役立ちます。私もよく使っています。ここでは、Googleキーワードプランナー基本的な使い方やデバイス別・地域・期間調査方法をご紹介します。



<目次>

Googleアドワーズ広告とは?

f:id:kyokocanarysan:20180728193309j:plain
Googleアドワーズ広告とは、Googleが運営しているインターネット広告サービスです。いろんなWebサイトやページにてよく見かける広告なので、少なくともインターネット利用者の中で、Googleアドワーズ広告を見たことがないという人はいないはず。


そして、Googleアドワーズ広告を出稿する際の設定の基本は、キーワード設定です。キーワードを設定することで、「誰に対して広告を出稿するか?」の基本的なターゲット設定をすることができます。検索ツールといえば、やっぱりGoogle検索ですね。

f:id:kyokocanarysan:20180728193403j:plain


ぐぐる」という言葉が浸透しているほどです。

検索ユーザーがGoogleの検索窓に何らかのキーワードを入力して検索したとします。すると、入力したキーワードに関連したページやサイトが一覧されます。一覧の順番は、入力したキーワードとの関連性の高さと、そのページやサイトの内容の充実度によって決まることが多いです。


よく見ると検索結果のページの上下には広告が出ています。
f:id:kyokocanarysan:20180728193728p:plainf:id:kyokocanarysan:20180728193735p:plain

これは、Googleアドワーズ広告の一つです。


他にも種類があります。実際に気になるページやサイトに行ってみると、そこにも広告が表示されるケースが多いです。それらの広告もGoogleアドワーズ広告の可能性が高いです。


ページやサイト運営者の意向により、広告を全く表示させない、Googleアドワーズ広告と違う広告を表示するなどのケースもあります。


しかし、Googleアドワーズ広告を貼っている運営者は多いです。


表示されるGoogleアドワーズ広告の内容は、Google検索を使って検索をしたユーザーが入力したキーワードに関連する内容の広告が多いです。


もちろん、例外もありますが、閲覧者が必要としている広告を表示できるように、日々Googleは全力で努力しています。それがよくわかります。


少し例を出してお話しします。例えば、東京の原宿にある美容院がGoogleアドワーズ広告を使ってPRをしたいとします。その時の設定キーワードは「東京 原宿 美容院」などがふさわしいです。


それはなぜか?


東京の原宿にある美容院を探している人が、検索しそうなキーワードだからです。「東京 原宿 美容院」というキーワードで検索したユーザーは、東京の原宿の美容院を探している可能性が高いですね。


そこでニーズがマッチして、Googleアドワーズ広告を出稿した美容院のホームページにたどり着いてもらえる確率が上がるのです。

スポンサーリンク

アドワーズのキーワードプランナーとは?

f:id:kyokocanarysan:20180728193922p:plain

一般的に、Googleアドワーズ広告のキーワード選定をする時に使うのが、アドワーズのキーワードプランナーです。キーワードプランナーとは、Googleが提供している公式ツール。検索キーワードの検索状態を知ることができる優れものです。



主に、

  • 約1ヶ月間の検索数
  • 検索キーワードを反映したページやサイトの数(競合の状態)

この二つのデータを知ることができます。


さらに、

  • 検索キーワードに関連した検索数が多い他のキーワード
  • 各検索キーワードに設定された広告の入札額

などを知ることもできます。


Googleアドワーズ広告を出稿する際に、必ずキーワード設定をします。


先ほどの例を出した通り、設定するキーワードはなんでもいいわけではありません。ターゲットを絞るために効果的なキーワードを設定しなければ、たとえ広告が表示されたとしても、成果に繋げるのは困難です。

広告内容にマッチしていながらも検索数が多く、なおかつ、競合が少ない方が、自社の広告がより多くのユーザーの目に触れ、成果につなげることができるのです。

Googleアドワーズ広告のキーワードプランナーのメリットは無限大

f:id:kyokocanarysan:20180728194105j:plain

Googleアドワーズ広告はもちろんのことですが、プランナーのメリットは無限大です。基本的には、前項でご紹介した内容を調べることができますが、使い方によって、より細かい調査ができます。


具体的には、次のような調査が可能です。

  • シーズンごとのキーワードの検索数
  • 業界でよく検索されているキーワード
  • 自社サービスと関連性が高いキーワード

無料で使えるキーワード調査ツールでは、Googleのキーワードプランナーが一番優れていると思います。有料になると、使いやすい上にキーワードからニーズを調査することができるツールはいくつかあります。


たぶん、いくつかのツールを一緒に使わなければ細かく調査するのは難しいかもしれません。そうした中でGoogleのキーワードプランナーは、無料で使える優れたキーワード調査ツールです。


あくまでも、Googleアドワーズ広告を出稿することを前提に作られているツールですが、使い方によってはSEO対策のツールとしても使用できます。


関連用語やシーズンごとのトレンドを調べられる無料のキーワード調査ツールは、他にもいくつかあります。より細かくSEO対策したい場合は、Googleのキーワードプランナーと、他のキーワードツールも使い合わせるのが理想的です。


ただし、SEOについては基準が流動的であり、はっきりとした基準が公表されているわけではないので、必ずしも思ったような結果が出るとは限りません。


しかし、キーワードからニーズをある程度は知ることができるので、読まれやすい記事のネタ選定に役立つはずです。

アドワーズ広告のキーワードプランナーの準備方法


それでは、実際にキーワードプランナー使い始める前の準備段階の方法を紹介します。


1. まずはじめに、Googleアカウントを取得する必要があります。ほとんどの人がGoogleアカウントを持っていると思いますが、持っていない人は、下記のサイトを参考にGoogleアカウントを取得しましょう。

https://junichi-manga.com/get-google-account/



2. アドワーズ広告のキーワードプランナーのトップページを、こちらから開きます。右上にある「ログイン」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180801000110p:plain



3. ログイン画面が表示されるので、Googleアカウントを取得した際に設定した「Googleアカウント(Gmailアドレス)」と「パスワード」を入力します。


4. ログインに成功するとこのような画面が表示されます。ここからキーワードプランナーの画面に切り替えるために右上の「ツールマーク」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180801000223p:plain


5. ツールマークをクリックすると左上に「キーワードプランナー」と表示されます。「キーワードプランナー」をクリックするとキーワードプランナーの画面に切り替わります。
f:id:kyokocanarysan:20180801000329p:plain

f:id:kyokocanarysan:20180801000358p:plain


これで、準備はOKです。

アドワーズ広告のキーワードプランナーの使い方 〜基本編〜


アドワーズ広告のキーワードプランナーには、さまざまな使い方があります。ここでは、基本的な使い方として、キーワードの検索ボリュームと競合サイトの多さを調べる方法をご紹介します。


  • キーワードの検索ボリュームは、指定したキーワードの1ヶ月間のおおよその検索数
  • 競合は、指定したキーワードを使って検索上位を狙う時の難易度


この2点を調べる方法を、ご紹介していきます。


1. 左側にある「キーワードを検索」のボックスをクリックします。すると、検索窓が表示されるので、そこに調べたいキーワードを入力します。
f:id:kyokocanarysan:20180801000458p:plain


2. キーワードは1語でもOKですし、2語、3語などの複数も入力可能です。ここでは、2語の「原宿 美容院」を入力してみます。2語、3語の場合は、区切りにスペースを入れましょう。
f:id:kyokocanarysan:20180801000618p:plain


3. キーワードを入力したら、ボックスの右下にある「開始する」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180801001345p:plain


4. キーワードの検索ボリュームや競合などの状態が表示されます。この場合は、1ヶ月のキーワードの検索回数がおおよそ「1000〜1万」、競合が「低」ということになります。
f:id:kyokocanarysan:20180801000800p:plain


これはどういう結果なのかと言うと、、、、。


「原宿 美容院」の1ヶ月間のキーワード検索回数はおおよそ1000から1万回で、競合サイトはあまりいないという結果です。つまり、検索回数が多いながらも競合サイトが少ないということ。しっかり狙えば検索上位に表示される確率は高く、アクセス率も高いという読み取りができます。


さらに、下に並んでいるキーワードを見てみましょう。


すぐ下には「表参道 ヘアサロン」というキーワードがありますね。

f:id:kyokocanarysan:20180801000843p:plain

表参道と原宿は場所的に近いので、関連して検索している人が多いから、一覧に表示されている可能性が高いです。「表参道 ヘアサロン」の場合は、1ヶ月のキーワードの検索回数がおおよそ「100〜1000」、競合が「中」です。


つまり、「表参道 ヘアサロン」は「原宿 美容院」よりも、1ヶ月の検索回数が少ない上に競合が多いということ。だから「原宿 美容院」よりも検索上位が狙いにくく、アクセス率も低いということになります。


しかし、もちろんこれだけのデータでは、パーフェクトなキーワード選定はできません。さまざまな角度からデータを出す必要があり、それによってユーザーのニーズを割り出していくことが一番の目的であるのが理想的です。


ユーザーのニーズを把握した上で、データに基づいたキーワード選定をして行くと、効果的なキーワード選ぶことができます。アドワーズ広告の場合は、狙ったユーザーに広告を表示でき、高いクリック率が望めるようになります。


サイトやページのSEO(検索上位表示)対策の場合は、集めたい読者をサイトやページに呼び込むことができ、長期的なアクセスの確保に役立ちます。

それでは、次からは応用的な使い方も説明していきます。


スポンサーリンク

アドワーズ広告のキーワードプランナーの使い方 〜応用編〜

Googleキーワードプランナーには応用的な使い方がたくさんあります。前項のように、単純にキーワードの検索数と競合を調べるだけではなく、さらに掘り下げて、次のようなことを調べられます。

  • 期間別でキーワード検索数を調べる
  • 検索ユーザーが使っているデバイスを調べる(モバイルやPC、タブレットなど)
  • 検索ユーザーの国、地域を調べる

それでは、それぞれの応用的な使い方と利用するメリットを説明していきます。

期間別でキーワード検索数を調べる

基本的な使い方では、月間のキーワード検索数が表示されます。しかし、1年間や指定の期間などでキーワード検索数を知りたい時もありますね。そんな時は期間を指定してキーワード検索数を調べることができます。

期間別でキーワード検索数がわかると、だいたいどのシーズンにそのキーワードが注目されているか?キーワードに関連しているサービスなどの需要が高まっているか?などの動向を調べることができます。

また、ここ数ヶ月間での検索数のデータをより詳しく見ていくことで、詳しいニーズの動向を探り出すことができます。他にも工夫次第で、時間別のキーワード検索数調査により、見えてくることがたくさんあるはずです。

それでは、使い方を説明します。


1.キーワードプランナーのトップページの「キーワードを検索」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180801000458p:plain

2. キーワードは1語でもOKですし、2語、3語などの複数も入力可能です。ここでは、2語の「原宿 美容院」を入力してみます。2語、3語の場合は、区切りにスペースを入れましょう。f:id:kyokocanarysan:20180801000618p:plain

3. キーワードを入力したら、ボックスの右下にある「開始する」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180801000733p:plain

4. デフォルトでは先月から1ヶ月間の検索数が表示されます。
f:id:kyokocanarysan:20180823085353p:plain

5. 期間別で調べたい場合は右上にある「期間が表示されているところ」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180823085535p:plain

6. 期間を選択できるタブが表示されるので、調べたい期間を選ぶか、「任意」をクリックしてから期間を指定します。
f:id:kyokocanarysan:20180823085718p:plain

7. すると、自動的に指定期間のデータに変更されて、期間内の検索数などが表示されます。
f:id:kyokocanarysan:20180823085819p:plain

検索ユーザーの国、地域を調べる

検索ユーザーがいる国、地域を調べることもできます。国や地域のすごく大事ですね。地域限定の広告を出したり、記事を書くときに、ターゲットにしている地域の人に検索してもらわなければ、意味がありません。

九州で行われるイベントの広告なのに、キーワード選定を間違ったおかげで九州以外のユーザーばかりが集めてしまい、広告を出しても成果は出ません。国や地域別に調べる方法により、イベントが行われる地域と関連性ある国や地域の検索ユーザーを集めることができ、成果につなげていくことができるのです。


1. キーワードプランナーのトップページの「キーワードを検索」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180801000458p:plain

2. キーワードは1語でもOKですし、2語、3語などの複数も入力可能です。ここでは、2語の「原宿 美容院」を入力してみます。2語、3語の場合は、区切りにスペースを入れましょう。
f:id:kyokocanarysan:20180801000618p:plain

3. キーワードを入力したら、ボックスの右下にある「開始する」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180823092432p:plain

4. 左上にある「地域」のところをクリックします。国や地域の名前を入力するスペースが表示されるので入力しましょう。すると、少し下に「ターゲット地域」の一覧が表示されるので該当する地域を入力します。最後に保存をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180823092714p:plain

5. 指定した国や地域からの検索数が表示されます。期間も一緒に設定して、さらに詳しいデータを出すことも可能です。
f:id:kyokocanarysan:20180823092855p:plain

期間を変えたり、再び違う地域を入れて検索できる

検索ユーザーが使っているデバイスを調べる

また、検索ユーザーはモバイルから検索しているのか、パソコンから検索しているのかのデバイスを調べることができます。実はここの使い方が2018年のリニューアル後に大幅に変わりました。ここではリニューアル後の使い方を説明します。

バイス別で検索数を調べる場合は、過去のデータからではなく予測データでしか調べることができません。リニューアル前のGoogleのキーワードプランナーでは、過去データからの調査ができたようなのですが、リニューアル後は有料でしかできないようです。

現在行える方法を説明します。


1. キーワードプランナーのトップページの「検索ボリュームと検索の予測を取得しましょう」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180823090230p:plain

2. キーワードを入力して「開始する」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180823090342p:plain

3. 画面の右上にある「プラン概要」をクリックします。
f:id:kyokocanarysan:20180823090524p:plain

4. 真ん中あたりに、予測によるデバイスからの検索状況が表示されます。
f:id:kyokocanarysan:20180823090722p:plain


例えば、モバイル向けの商品を販売しているなら、どちらかと言うと、モバイルから検索しているユーザーを捕まえたいですよね。そうした場合に、モバイルからよく検索されているキーワードを選定することで、モバイルからの検索ユーザーをより多く獲得することができるのです。

モバイル向けのゲームの広告を出したいとします。ゲームに関連するキーワードはいくつか候補に挙げたとして、その中でキーワードを選定する時に、モバイルから検索されているキーワードを選ぶ方が望んでいるターゲットユーザーを集めることができます。もちろん、他にも色々オリジナルな使い方が出てくるはずです。

スポンサーリンク