カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日々雑感や調べ物、断片的な行動の記録。

ツルツルよりザラザラ。

最近クリアすぎる写真に疲れてきました。


それは多分、実家にあった写真アルバムを見てから。


昔の写真が挟まってたアルバム。


懐かしい感じがして、これいいなと思った。



インスタとか見てると、色が強めの写真が多い。


光もまぶしい感じで。


でも、最近の私は、あんまりそれにしっくりきてない。


先日、代官山でいくつかの写真集を見た時も


懐かしい感じの写真ばかり見てしまってた。



もともとそういうのが好きなのかも。


私が写真を撮る目的は、素敵だと思った風景を切り取って記録しておきたいから。


というと説明臭くなるけど、多分そう思いながら撮影してる。


若い時から渋谷とかの繁華街を歩きながら


隣にいる人に「この景色、なんか鳥肌たつよね。」とかいってた。


ほとんど通じてなかったけど、私なりに好きな景色があった。


そんな景色を探したくて歩き回ってた気もする。


でも、その頃、私はカメラを持っていなかった。


ケータイで写真を撮ることも知らなかった。


脳に記憶させておくしかできなかった。


最近街を歩いてると、その頃の自分を思い出す。


結局、根本的には何も変わっていない。


だから、今私が撮っている風景は、あの頃に残したかった風景なのかもしれない。


そう思うと、あまり鮮明な写真は違うかなぁという感じがしてきた。


懐かしいような感じの写真の方が自分的にもいいのかなと思う。


もし、フォトブックにするのであれば


写真に言葉を添えたいから、鮮明な写真ではバランスが悪い気がする。


後から思い出す景色たちは、どれもこれも鮮明ではない。


ぼやけてる。


ぼやけてるから、なんかホッとする。


鮮明すぎると息がつまる。


だから私は、最近、ツルツルよりザラザラ加工に凝っている。


インスタでも一部ではザラザラ加工が流行ったらしい。


それはなんか分かる気がする。


スポンサーリンク