カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日々雑感や断片的な行動の記録。

GoogleとiPhoneの音声入力の違いやメリット、デメリットを今この時に語ってみる

私は音声入力を使って記事作成やブログ記事を作っています。


音声入力とは、パソコンやスマートフォンに向かって話すことで、テキスト化してくれる入力方法のことです。


最近は、仕事のチャットのやりとりも、LINEやメッセージもメールも、ほとんど音声入力です。


GoogleiPhoneApple)で音声入力の機能は少し違いますが、スマートフォンの場合、音声入力でのテキスト作成時間は、フリック入力の1/10になります。


とはいっても、これは私の記録なので、個人差があります。


とにかく、音声入力を使うことで、文字入力が格段に速くなります。


いくつかの記事に分けて書いていきますが、今回はGoogleiPhoneApple)の音声入力の違い、音声入力のメリットとデメリットを語ってみます。

Google音声入力とiPhoneApple)音声入力の違い

Google音声入力は、Googleが管理する音声入力。


Android系のスマートフォンタブレットGoogleのテキストツールでもあるGoogleドキュメント上で使える音声入力です。


Google検索で音声入力する際にも、Googleの音声入力を使っています。


ただし、iPhoneからGoogle検索をしたり、Googleドキュメントを使う場合は、Appleの機器に内蔵されているApple音声入力を使っていることになるので、その点は理解しておきましょう。


アップルの音声入力は、MACiPhoneiPadなどのアップル機器で使える音声入力です。


MACの場合は、音声入力のためのマイクを起動することで使えます。


iPhoneなどの端末では、クリックする際のキーボードについているマイクのマークをタップすることで音声入力できます。


音声入力は全て同じではありません。


大きく分けるとGoogle系、Apple系があるので、それをまず頭に入れておきましょう。


スポンサーリンク

音声入力のメリットは?


私が音声入力を使い始めて約半年ぐらいになります。


慣れないうちは使いこなせなくて余計に時間かかることがありました。


しかし今では、独自の方法で使いこなし、仕事効率化に役立てられています。


その中で感じた音声入力のメリットを、まとめます。


・とにかく入力が早い

音声入力が一番のメリットはやっぱり入力が早いことです。
文字入力にかかる時間は、これまでの1/10になりました。


パソコンのタイピングがかなり早い人なら同じくらいなのかもしれませんが、スマートフォンのフリックと比べると、絶対に音声入力の方が早いです。


・文字変換に時間がかからない


音声入力で皆さんが一番心配されているは精度ですよね?
話した通りに、正確にテキストにしてくれるのか?
その点を一番疑っておられるのではないでしょうか?


GoogleiPhoneApple)の音声入力を比べてみると、文字変換の正確さについてはGoogleの方が高いです。


しかし、Googleに追いつこうとアップルも頑張っているのがちょっと分かります。


多分少しずつ文字変換の精度が上がってきています。


だけどまだ、Googleには勝てていません。


これまでは、横文字とかややこしい数値をテキスト化しなければいけない時に、パソコンの場合もスマートフォンの場合も打つのが大変でした。


しかし、音声入力は勝手に変換してくれるので、ややこしい横文字とか数値を打つ必要がなく、スムーズに入力できます。


・肩こりや目の疲れが軽減される

パソコンのタイピングやスマートフォンのフリックは焦れば焦るほど肩こりや目の疲れがひどくなります。


私はライターを始めてから肩こりや目の疲れにかなり悩まされてきました。


しかし、ほとんど打つ必要がないのと、打ちながらテキストも目で追いかける必要がなくなったので、肩こりや目の疲れがかなり軽減されました。


肩こりや目の疲れがひどいと、集中力もなくなってきます。
だからかなり、仕事に影響していました。


それがなくなったので、スラスラ文章が書けるようになりました。


そして、他の事も考えられる余裕が出てきました。


・テキストでの連絡がスムーズになる

私は仕事でメッセージやチャットにて連絡を送っています。
記事作成の時も文字打ちをしてさらに連絡も文字打ちをしなければいけないというのはかなり苦痛でした。


しかし、今は、メッセージやチャットも音声入力なので、まるでしゃべっているようです。


友達とのメールなどもすごくスムーズになりました。

スポンサーリンク

音声入力のデメリットは?

音声入力にはもちろんデメリットもあります。


メリットばかりお話ししたいところですが、正直にちょっと多い目にデメリットを並べます。


・慣れるまでは頭が疲れる

今まではパソコンのタイピングやスマートフォンのフリックのスピードで文章を考えていました。


しかし、音声入力のスピードで文章を考えていく必要があるため、慣れるまではすごく頭が疲れます。



また、音声入力で声に出しながら文章を考えるのと、手打ちで頭で考えながら文章を考えるのとでは感覚的にも違うので、慣れるまで変な感じです。


それが文章にも反映されて、最初のうちは文章も変な感じになってました。



しかし、回数を重ねるごとに、絶対に慣れるので大丈夫です。


・通信量がかかる


1ヶ月の通信容量が決まっているのであれば、料金プランを変えた方がいいかもしれません。


音声入力は、ネットにつないだ上で行わなければ、文字変換とかが大変なことになります。


なので、結構、通信容量を使うので注意しなければいけません。


ちなみに、私は容量無制限でWiMAXかポケットwi-fiを使っているので大丈夫です。


家の光回線とかも大丈夫ですね。フレッツ光auひかり、SoftBank光などです。


格安SIMも通信の容量制限があるので、気を付けた方がいいです。


・バッテリーが減る

通信の容量が減るのも早いですが、スマートフォンの場合はバッテリーが減るのも早いです。


ネットに繋いで文字変換をしているような状態なので、バッテリーが減らない理由がありません。


パソコンは大丈夫ですが、スマートフォンのバッテリーには注意しましょう。

まとめ

このように、GoogleiPhoneApple)では音声入力の機能に少し違いがあります。


それぞれにメリットもあればデメリットもあります。


それらを知り尽くした上で、それぞれのメリットをうまく活用していくこと。


それが、仕事効率化に繋がると私は考えています。


ここでは、GoogleAppleの音声入力のそれぞれのメリットやデメリットには触れていません。


なので、これを読んでいる限りでは音声入力はかなり使いやすくて、かなり作業がはかどりそうに思えてくるはずです。


しかし、GoogleiPhoneApple)の音声入力それぞれのデメリットをカバーしながらメリットを活かしていく使い方をしなければ、便利ではありません。


そうしたことを踏まえて、次回はGoogleAppleの音声入力のそれぞれのメリットとデメリット、うまい活用方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク