カナリヤ響子ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライターのカナリヤ響子さんの忙しいながらも「のらりくらり」な毎日の記録。みんなカナリヤ色になぁれ♪

ネガティブな私とポジティブな私

誰でもそうなのかもしれませんが、ネガティブな私とポジティブな私がいて、その狭間でちょっと疲れることがあります。


でも、そんな時こそ呼吸を深くして、深呼吸すれば、うまく切り変えられるのかなとおもい、やってみたりしてます。


なんの話なのかと言いますと、、、先日の仕事の話。


記事の構成とか作るのは好きなのですが、先日突然投げられた記事の作成作りの仕事は、今まであんまりしたことがない方法でちょっと時間がかかりすぎました。


マニュアルを読む時点からすごく時間がかかっちゃって、そーゆー瞬間になると、なんだかさらに自信がなくなって「私なんかライタやってていいのかなあ。。。」とかまで思ってしまい。


クライアントさんにも「ちょっと時間かかりすぎですね。」とシレッと言われて、やっぱりまたそこで落ち込んで。


だけど、それ以上落ち込まないどころか、スイッチ入って這い上がってくるところは、生い立ちで培われたものなのかな?って思います。


落ち込んだままというのは、今までにありませんでした。


「いや、なんとかなるでしょ。」ってどこかでスイッチが入って思うのです。


次の瞬間には、「いや、なんとかしたいよね。」って思い、完全ポジティブになれるわけです。


だいたい、子供の頃に歌っていた時もそんな精神でやってたなぁと思い出しました。


負けて、一時的には落ち込むんだけど、また次のステージがあるし、それまでには笑っていたいと思いながら、あんまりなにもわかってない中で一生懸命やってました。

で、結局、私なりに結論に達したことを書いてみます。


今回の記事構成作りはたしかに難しくて時間がかかりましたが、出来上がった構成についてはクライアントさんからかなり評価されました。

それに、クラアントさんは、あんまりなにも考えずに「時間かかりすぎですね。」って言ってただけです。というのも、付き合いが長いですし、嫌味っぽくいう人ではないのはわかってるので🙃



なので、慣れればもっと早くなるということです☺️


慣れてないことをやるとやっぱり脳がうまく動かないのかなと思いました。


なので、つまり慣れたらもっと早くできるし、必要以上に落ち込まなくていいということです☺️


そして、ここ数ヶ月で私の心はなんだか柔らかくなった気がします。

きっとわからないところで気を張りすぎていたのかもしれません。


なので、これからはもっと心を柔らかくしていきたいです♪

全然関係ないですが、そんなことも考えてました。


心が硬くなるときは、きっと頑張りすぎてるのと、変に悪く考えすぎてるのかなぁと思います。


その癖をちょっとずつ変えていきたいですね。


スポンサーリンク