カナリヤ響子ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライターのカナリヤ響子さんの日記のようなもの。ものすごくこじんまり運営してます。とにかく毎日いろんなこと考えて、いろんなことして楽しんでます♪

アマゾンのオーディオブックのAudibleにはまっている

ライターの仕事を始めてから、毎日たくさんのテキストを読んだりとか、調べ物が多いので、書籍を読むのがなかなか難しかったのですけど。


最近小説を耳で読んでます笑。


アマゾンのオーディオブックにハマってまして。


Audibleって言うサービスですね。

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス


道を歩いてるときとか電車で移動中とかに、オーディオブックをイヤホンで聞いてます。


ライターの仕事中は、さすがにオーディオブックは気が散るので聞けないから、それ以外の時間に聞いたりとかしてます。


ところで、文字も映像もない朗読の小説って面白いですね。


特に、私は歌を歌う人なので、耳で聞いて情景を理解する、浮かべるっていうのはすごく刺激になります。


なんか、訓練してるような感じに思えてくる時もあります。


もちろん、それは心地よい刺激であり、数年間あまり動いていなかった脳の一部分が、いきなり動き始めたような気がします。


これは何か作曲とか詩を作ったりとかの場面で、役立ってくるんじゃないかな?と思いながら、気になる小説をオーディオブックで聞いてます。


どうでもいんですけど、朗読が上手すぎて、、、それも、感動しました。


1人で何人の役ができるのかな?と、感心しました。


え?おんなじ人なん?


と、驚いて聞き直してしまったりとか。。。


新しい感じの小説を読むのも脳を切り替えなければいけないので、抵抗があったんですよね。


でも、耳からすーっと入ってくるから、すごく楽です。


これはいいものを見つけたなぁとニヤニヤしてます。


実は、横浜をカメラで撮影してる時も、オーディオブック聞いてたりするんですよ。


小説の情景を浮かべながら横浜をカメラで撮影してると、なんかさらに面白い感じになってくる瞬間があります。


スポンサーリンク