カナリヤ響子ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライターのカナリヤ響子さんの忙しいながらも「のらりくらり」な毎日の記録。みんなカナリヤ色になぁれ♪

人生いろいろ/島倉千代子

 

昔の歌とか歌い手とか、作曲家、作詞家、編曲者は本当に素晴らしいなぁって、最近また思います。

 

最近の曲っていいな〜、あ、でもやっぱり昔の曲の方がいいな〜とか、だいたいこの繰り返しで生きてます笑。

 

 

そこで、今回紹介したい1曲が、島倉千代子さんの人生いろいろ。

 

 

島倉千代子さんは、この歌をこんなに朗らかな顔して歌っておられるのですが、実はものすごく波乱万丈な人生を送られており、この曲がヒットする前がかなり大変だったようで・・・。

 

 

言い方が悪いですが、この曲がヒットするために、大変なことが起こったんじゃないかな?という運命さえも感じるほどの波乱万丈さです。

 

体験や経験はそのまま歌に出ると私は思います。

 

そして、大変すぎると、人間って笑うのかもしれません。

 

笑うしかないみたいな感じかも。

 

私も島倉さんほどではないですが、、、そういう困難をいくつか経験してきて(誰でもありますよね)、本当に大変でしんどい時って涙を流す余裕も気力もないって実感しました。

 

そうした中で、島倉千代子さんのように。すごく大変なことがあったのに、顔に出さないってすごいなって思います。

 

その上、人に親切にできる人はもっとすごいなって思います。

  

周りに「苦労しましたよオーラ」を出さない人って、とにかくすごいね。

 

さて、この曲を時々思い出したように実はカラオケで歌いますが、始まりの歌詞から「死んでしまおうなんて悩んだりしたわ」と強烈です。

 

最初からどん底

 

スポンサーリンク

 

 

それなのに、イントロは悲しそうでありながらも響きが爽やかで・・・。

 

そのバランスが絶妙。

 

そして、「ねえ、おかしいでしょ若い頃」のBメロから、さらに島倉千代子さんが可愛くなって行きます。

 

少女のような可愛らしさです。

 

そこからのサビです。

 

有名な「人生いろいろ」「男もいろいろ」「女だって色々咲き乱れるの」のフレーズ。

 

そこで少し下を向いてから、最後はまた可愛らしい島倉千代子さんになるんです。

 

その持って行き方が完璧ですね。

 

そして、 「人生いろいろ」「男もいろいろ」「女だって色々咲き乱れるの」の間(あいだ)の絶妙な間(ま)です。

 

 

なんか、頷きたくなりません?うなずく隙間があるんですよね。

Bメロは結構、メロディーが詰まってるんですけど、サビはガラッと変わります。

 

 

Aさん「人生いろいろ(だね)」

Bさん「ウンウン、そうだね。」

Aさん「男もいろいろ(だね)」

Bさん「ウンウン、そうだね。」

Aさん「女だって色々咲き乱れるの(よね)」

Bさん「ウンウン、わかる。」

 

 

みたいな。。。会話が私の頭には浮かびます笑。

 

 

ところでこの曲歌ってみるとわかるんですけど、 めちゃくちゃ難しい。

 

 

ちょっと辛口で言いたいんですけど、 ある有名な演歌歌手の方がこの曲をカバーしていました。

 

めちゃめちゃ重たく歌ってたんです・・・。 楽曲の良さが台無しで泣きそうになりました。

 

メロディも単純だけど、表現とか間がすごい難しいんです。昭和にはこういう曲が結構あったような気がします。 でも本当の歌い手にとってはここが一番面白いところだと思います。

 

あと、気になることは。

 

島倉千代子さんという人を知った上で、作詞家の中山大三郎さんがどのようにこの歌詞を生み出されたのか?という部分です。

 

曲が先だったのか歌詞が先だったのかとかも知りたいですね。すごく興味深いです。

 

私は結構昔の曲を知っています。

カラオケ大会によく出てたので。

 

だから時々昔の曲を紹介したいと思います。

 

よろしければ、お付き合いください。

 

あ、もしも誤字があったらすいません。

 

最近仕事では編集さんが文章を修正してくれるので、、、変な癖がついてきました。(ダメじゃん。)

 

スポンサーリンク