カナリヤ響子ブログ

カナリヤ響子さんの日々雑感や調べ物、断片的な行動の記録。

ダーツとナッツと福引きと

f:id:kyokocanarysan:20171213140011j:plain

 

私は、昔からダーツが好き。

 

最近は行ってないけど、ダーツ・バーに通ってた。

 

大阪の梅田にあったダーツ・バーね。

 

多分、今はもうないのかも。

 

勝ち負けとか、どうでもいいの。

 

私は私と戦ってるから、周りはぜんぜん気にならなくて。

 

だって、勝ってもそんなに良いことがあるわけじゃないし。

 

ところで、ダートがボードのど真ん中のインナーブルに命中すると、テンション上がるよね。

 

あ、ちょっと外側のトリプルでもいいかな。

 

とにかく、命中すると「いいことありそう。」って根拠なくテンション上がる。

 

 

次に。

 

f:id:kyokocanarysan:20171213140003j:plain

 

つまんないときは、ナッツを放り投げて食べる。

 

わざわざ放り投げなくてもいいのに、高くに放り投げて口へと着地させる。

 

思いっきり放り投げて、めでたく口に入ったら、なんか嬉しくなる。

 

この時もまた「なんかいいことありそう。」って根拠なく思い込む。

 

 

最後に。

 

f:id:kyokocanarysan:20171213135958j:plain

 

お正月に多い福引き。

 

ガラガラ回して出てきた玉の色で当たりやハズレが決まる。

 

通称、ガラポンorガチャポンというやつ。

 

あれも、昔から結構好き。

 

新年から1等が出て、ド派手に鐘を鳴らされたら

 

「今年は絶対いいことありそう。」って根拠なく舞い上がって勘違いする。

 

でも、結局、別に何も起こらない。

 

いつもと一緒。

 

だけど、何も起こらないのがいいのかも。

 

「いいことありそう。」の「いいこと」が明確になってないくせに

 

私は昔から、根拠なくワクワクしてしまう。

 

でも、それもまた幸せの一つなのかも。

 

幸せって、そんなに特別なものじゃないのかもしれない。

 

スポンサーリンク