カナリヤ響子ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の自分メディア的な雑記ブログです。

横浜元町ショッピングストリートのクリスマスイルミネーション(1)


 f:id:kyokocanarysan:20171127194739j:image

こんばんは。ニコンカメラにもようやく慣れてきて、そこらじゅうの写真を撮っているカナリヤ響子です。

 

そう、今年も始まりました!

 

ジミーちゃんの散歩コースでもある元町ショッピングストリートのクリスマスイルミネーション。

 

なんと、クリスマスだけではなくその後の2月26日まで実施されるとか。

 

フェニックスアーチやプラザテーマツリー、キャノピー横断イルミなど約20万球の光が通りを明るく照らしてくれる。また街内16ヵ所にはLEDによるサルスベリツリーを設置、フォトスポットとして演出される。同イベントが終わった後も12月26日(月)から2017年2月26日(日)まではウインターイルミネーションとしてライトアップされ、引き続きイルミネーションを楽しむことができる。

引用元:元町ショッピングストリート (神奈川県横浜市中区)のイルミネーション | イルミネーション2017-2018 - ウォーカープラス

 

今回は、元町ショッピングストリートの入り口にあるフェニックスアーチと有名なパン屋さんのポンパドール、元町・中華街駅側の出口近くにある元町プラザのクリスマスイルミネーションの写真を紹介します♡

 

その前に、元町ショッピングストリートとは?

www.enjoytokyo.jp

元町ショッピングストリートは、昔、外国人居留地の商店街として生まれたショッピングストリート。


今でもその名残か、和に洋がミックスされた異国情緒溢れる街並みに心癒されます。

 

そのため、輸入雑貨や家具、洋服、パン屋さん、洋食屋さん、洋菓子屋さんなどのおしゃれなお店が多数並び、西洋の風習が根付いているせいなのか、犬とショッピングできる商店街としても有名です。

 

フェニックスアーチのクリスマスイルミネーション

 f:id:kyokocanarysan:20171127194812j:image

フェニックスアーチは、元町ショッピングストリートのシンボルタワーとして昭和60年に建てられたフェニックスをモチーフにしたアーチです。

 

下から眺めると、今にも羽ばたいていきそうなフェニックスの姿が印象的です。

まさに、このアーチデザインのコンセプトがそのまま表現されていることを、さっき知りました。

 

元町のイメージを「伝統を受け継ぎながら、常に新しく生きるフェニックス」ととらえ、「翔べ光の中へ」の意味が込められています。
引用元:http://www.motomachi.or.jp/history/pictorial/pictorial_10.html

 

このフェニックス、結構、大きいのです。


通常はこんな感じ。

f:id:kyokocanarysan:20171127194001j:plain
画像出典:http://shingo-a640509.at.webry.info/201309/article_8.html

 

それが今はこんなに美しくなって、フェニックスの下に球体のようなものがあり、これもイルミネーションで素敵なのです♪

 

f:id:kyokocanarysan:20171127195218j:plain

 

f:id:kyokocanarysan:20171127195107j:plain

 

スポンサーリンク

 

ポンパドウルのクリスマスイルミネーション

 

f:id:kyokocanarysan:20171127194202p:plain

画像出典:http://pansta.jp/report/dar1375/

 

現在では、全国に多数の店舗を展開している「ポンパドウル」は、赤い看板が目印の有名なパン屋さん。

 

その一号店が、横浜の元町ショッピングストリートにある「ポンパドウル」です。

 

そんなポンパドウルですが、看板の赤に合うクリスマスイルミネーションが素敵です。

 f:id:kyokocanarysan:20171127195811j:plain

 f:id:kyokocanarysan:20171127195550j:plain

f:id:kyokocanarysan:20171127201058j:plain

ポンパドウル」の創業は1968(昭和43)年で現社長のお父様にあたる三藤喜一氏が始めたパン屋さんです。

 

しかし、創業当時は「ポンパドウル」ではなく「昭和堂」という名前でした。

 

三藤喜一氏がポンパドウル前身の昭和堂をはじめようと思ったきっかけは、外国人との交流があったからなのかもしれません。

 

外国人が主食としているフランスパンやデニッシュペストリーに衝撃を受け、それを日本にも伝えたいという情熱によって、昭和堂を創業。

 

のちに、現在のポンパドウルになっていったのです。

 

現在のコンセプトでもある「最高のパンを最高のサービスで」 にもとづき、創業時は、本場のヨーロッパから2人の職人をフランスパンとデニッシュの技術指導者として迎え、パン作りの技術を教わったそうです。

 

その美味しさは今も変わらずポンパドウルのパンに表現されていて、元町ショッピングストリートのポンパドウルには、いつもパンを選ぶお客さんの姿があります。

 

横浜とパンの関係性は、かなり興味深いです。だから、これからも調べて色々書いていきたいです。

 

元町プラザのクリスマスイルミネーション

 

f:id:kyokocanarysan:20171127194442j:plain

画像出典:http://itot.jp/14104/36

元町プラザは、2004(平成16)年に開通したみなとみらい線の誕生とともに、リニューアルされた複合商業施設です。

 

横浜の元町ショッピングストリートは、JRの石川町駅付近から、みなとみらい線元町・中華街駅付近までをつなぐストリートでもあります。

 

 

つまり、みなとみらい線元町・中華街駅側の入り口のフェニックスアーチ付近にある大きな複合商業施設が元町プラザです。

 


昭和な感じのブティックやインポート服を売ってるお店、ペットショップ、インテリアショップ、飲食店などバラエティに富んだ内容で、中に入るとなかなか面白いですよ♪

 


そんな元町プラザの前に、こんなでっかいガラスの靴?のようなものがありました。

f:id:kyokocanarysan:20171127200931j:plain


結構、これ、大きいです。

 

f:id:kyokocanarysan:20171127200936j:plain 

私はニコンのミラーレスですが、ニコンの一眼レフで何度も写真を撮ってた男性もいました。

写真を撮りたくなるほど、美しいイルミネーションです👠✨

 


というわけで、今回は横浜の元町ショッピングストリートのクリスマスイルミネーションの一部を紹介しました♪

 

記事に書きたいことがたくさんあるので、更新率が上がるかもしれません!

皆さんに害を及ぼさないように気をつけます笑。

 

横浜が大好きです❤️いろんなところを取材して歴史などもお伝えしていきたいです♪

 
 

スポンサーリンク