カナリヤ響子ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の自分メディア的な雑記ブログです。

カナリヤ響子はカナリヤ響子


f:id:kyokocanarysan:20171125122146p:plain

最近私、ライターの仕事で転職系の記事を書くことが多いんですね。

 

だからなのか・・・面接の際の自己紹介について考えこむことが多いです。

 

もし、私が、面接で自己紹介をするとしたら・・・どう説明すればいいのだろう?とふと、考え込んでしまうのですね。

 

そもそも、私は事情により高卒なので・・・大卒で就職活動する人の気持ちがわかりません。

 

でも、私は、昔から歌のオーディションを受けてましたので、面接らしき場面には10歳くらいの頃からよく遭遇していました。

 

もちろん、就職の面接とは内容が違うと思いますが・・・、近いところで、こういう経験しかありません。

 

で、今の肩書きもすごく説明しにくくて数年、いやになってました。

 

あまり自分のことは語りたくないなあと口を閉じていたというのもあります。

 

私は何者?とずっと自分に問いかけていたような気がします。

 

歌う人と言ってしまえばそうなのかもしれないし、少なくとも30代半ばくらいまではそのつもりでいました。

 

でも、いろんなきっかけで30代後半くらいから記事を書いたり、写真を撮ったり、カナリヤ活動を2003年より始めてからは、ブログを書いたりなどの楽しいことに続々と出会ってしまいました。

 

その中で記事を書くのは仕事になり、写真もコンテストで受賞、ブログもそれなりに読んでいただいているようなので、いい感じで乗ってきちゃってる感じです。

 

 

⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

 ↑ 時々出てくるコイツ(要注意)

 

自分ではあんまりよくわかってないけど、音楽も含め、楽しんで行きたいです。

 

 

てか、楽しいです。

 

 

色々悲しいこととか辛いことばっかでしたけど、今が一番自分らしく過ごせてて、本当に感謝してます。

 

 

昔だったら、歌一つで生きていくのが良かったのだと思うんですよね。時代背景がそういう感じだったし、キャラクター識別ために肩書きが必要でした。

 

 

肩書きがわかりにくいとか、なんでも出来る器用貧乏タイプは嫌われてましたよね。

 

スポンサーリンク

 

 でも、今は複業の時代で、マルチに活躍する人が増えてます。

 

 

また、ブロガーという仕事人もいて、ただ日常のことをブロガービジョンで書いてるだけで収益により稼げているというケースもあるわけですね。

 

でも、それは、その人にそれだけの価値があるんですね。

 

ブランド品ですよね。

 

ハイブランドくらいの価値があるんだと思う。

 

 

そうそう、実は私、20代の頃に、バカな発言をしていました。半酔っ払ってましたが。。。

 

「私がブランド品になりたい。」と。

 

でも、みんなバカにして笑ってました。

 

でも、そういう発言が通用する時代ではなかったから当然で、私も仕方ないから笑ってやり過ごしました。

 

 

お酒がまずくなるしね。

 

 

それが、今はどうでしょう?

 

昨日は、ユーチューバーのマナーの悪さがニュース記事になってましたけど、そんな横着なことができるほど、脚光を浴びているというのは現実ですよね。

 

 

調子に乗っちゃってる感じなのかも。

芸能界でもそんなことは日常茶飯事。

 

仕事が乗りに乗ってくると、さらに勢いをつけるために、朝までどんちゃん騒ぎ。

 

一晩で恐ろしい金額の飲み代が飛んでいくのです。

 

たとえば、かつての小室ファミリーとか。

 

 

良い悪いは横においての話なのですが。

 

とにかく、今という時代は、何かしらのメディアで自分を発信しやすくなってます。

 

それでファンが集まればスターになれます。

 

また、クラウドソーシングなどの登場で複業がしやすい環境になりました。

 

そこからも一人前のフリーランスになれますし、自分で仕事を選んで複業スタイルで食べていくという手段もありますね。

 

ところで、例えば芸能人だと、昔はスターになるまでに、どこかプロダクションの偉いさんとか、制作に関わってくれる有名な誰それさんに、まず気に入られなきゃいけなかったんですね。

 

そこの過程が、今もうあんまりないのかもしれません。。。。いくつかの事例を眺めながらそう感じています。

 

むしろ、そんな企画を立てても若い子達には響かない。

 

「私たちは私たちでライブ配信で楽しんでるから、よくわからん人にプロデュースとかしてもらわなくてもいいよ。」って言い切られんじゃないかな。

 

とかとか、「AKBも気になるけど毎晩19時からライブ配信してるあの子の方が気になる〜」というのもあったりするかも。

 

私はそういう風に眺めてます。

 

そして私は、そういう時代が来るのを20代の頃から待ってました。来るだろうなと思ってましたし。当時、誰も話を聞いてくれなかったし、具体的に説明できてなかったので信用されなくて当然です。

 

でも、来てしまったんです。本当に。

 

インフルエンサーとかなんとか言ってるじゃないですか?隣のママ友がインフルエンサーになって、Instagramの1投稿で15万くらい稼いでてもおかしくない時代なのかもって極論的にはそう思うわけで。

 

Instagramの1投稿で15万くらい稼いでるっていうニュースは本当に数ヶ月前にありました。

 

なので、私は、時代とか関係なく、元々の方針であった「カナリヤ響子はカナリヤ響子だ」を目標に、Webで色々活動して行きたいです。

 

音楽なり、文章なり、写真なりを公開して行きたいです。

 

モデル事務所なんかに入らなくても、有料の写真素材のモデルをしたりなどでも最近はモデルができます。

 

ネットショップの商品紹介のモデルさんとかもギャラは安いけど、モデルとしての活動ができます。

 

やろうと思えば、今はなんでもできるし、どこでもブランディングできます。

 

別にどこかのお偉いさんに気に入られる必要もありません。

 

ということで、自己紹介はまだまとまってないんですけど・・・「カナリヤ響子はカナリヤ響子です!」で通して行こうかな?と思います。

 

何で食べて行こうとか、実は決めてません。

 

でも、ライター業は楽しいし、仕事になってます。このままでも別にいいし、他の音楽や写真をなんらかの形で公開して収益をギャラにするってこともできるのかもしれないし、ならなくても私は困らないので、結果は気にしてません。

 

なので、そういう感じで行きたいと思いますのと、私と音楽の出会いや写真との出会い、文章を書くこととの出会いなどを、また別記事で書いて行きたいと思ってます。

 

あ、ダンスもあった!忘れてた。

 

ダンスはこれからスクールと交流を深めていって横浜を舞台に踊ったムービーをYouTubeとかでアップしたいです♪

 

つまり、創作に関わって生きて行きたいと思っております。

 

では、色々語りましたが、弾き語りの準備をして行こうと思います♪

 

いつもありがとうございます♡