金糸雀ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の自分メディア的な雑記ブログです。日々思うことや考察したことなど自由に書きます。

webマーケティングについて。本などで独学したまとめ(3)

f:id:kyokocanarysan:20171017213331j:plain

こんばんは、カナカナです。いつもブログ訪問ありがとうございます。仕事など忙しい中、今日も色々勉強しておりました。

 

Webマーケティングについても、もちろん勉強しております。

 

ところで、先日から私の中で謎になっていた「Webマーケティングの位置付け」が勉強しているうちに明確になってきたので、ここでアウトプットします。

 

 

Webマーケティングって何をするの?

 

WebマーケティングはWeb上で行なうマーケティング活動なのはわかりましたが、じゃ、具体的に何をするの?という点をまずはっきりしたいと思います。

 

マーケティング(4P)の観点で見つめると、Webマーケティングの位置付けがいまいちわからなくなってきて余計に頭がこんがらがってしまいました。

 

というわけで、まずWebマーケティングの主な内容からはっきりさせてみましょう。

 

Webマーケティングでは主に、集客活動と販売活動が行なわれます。

 

具体的な方法は

 

・サイトやページ作り

SEO

リスティング広告

・ソーシャル広告

・ソーシャルプロモーション

アフィリエイト広告

・動画広告

 

などです。

 

これらの手段により集客活動と販売活動が行なわれているわけですね。

 

さらに、この活動の中で、集客率や成約率などをほぼリアルタイムでデータ化できるので、結果により集客活動と販売活動の内容を改善していくことも可能なのです。

 

 

  

Webマーケティングは4Pの中のPromotion(プロモーション)

 

Webマーケティングは、マーケティングの4Pの中のPromotion(プロモー ション)にあたります。

 

マーケティングの基本は4Pであり、4つ揃ってマーケティングというようです。

マーケティング=売れる仕組み」を考える際には、マーケティングの 4Pで考えると分りやすい。 4Pとは、『Product(製品・商品)、Price(価格)、Promotion(プロモー ション)、Place(流通)』の4つを指す。 この4つのPを組み合わせながら、企業に最適なマーケティング手法を考えるのが、マーケティングの基本(マーケティングミックス)である。

引用元:マーケティングの4Pとは?|経営キーワード集 | セミナー・研修・コンサルティングのジャイロ総合コンサルティング

 

で、その観点からするとWebマーケティングは、Promotion(プロモーション) が主な内容であり、場合によってはPlace(流通)も入ってくるのかもしれません。

 

マーケティングの4Pとは、Product(製品・商品)、Price(価格)、Promotion(プロモー ション)、Place(流通)の頭文字を取って4Pとしています。

 

4Pとは以下の4つの領域の言葉の頭文字のPを取ったものです。

1.「Product:製品」
2.「Price:価格」
3.「Place:流通」
4.「Promotion:プロモーション」

引用元:【3分でわかる】マーケティングの4P分析 | 株式会社いないいないばぁ

 

で、Promotion(プロモーション)とは、マーケティングの4Pの中でこのような意味で捉えられています。

 

プロモーションとはマーケティングの4Pの一つで、消費者の購買意欲を喚起するための活動のことをいう。主な手段として人的販売、広告、パブリシティ、セールス・プロモーションなどがある。

引用元:プロモーションとは - コトバンク

 

スポンサーリンク

 

Webマーケティングの具体的なプロモーション方法

Webマーケティングは主にプロモーションです。

 

では、さらにどんな方法でプロモーションしていくのか?についてみていきましょう。

 

SEO検索エンジン最適化)

現在でも、SEOが集客の基本です。WebライターもSEOを知らずに売れる記事は書けないので、勉強しておくべきです。

 

SEOとは、検索エンジン最適化といい、Googleなどで検索した時に上位に表示されるようにしてアクセスを増やそうとする対策法です。

 

ユーザーが検索するキーワードと自社の商品やサービスにまつわるキーワードが一致し、さらに質の良い記事を目指すことで検索結果の上位に表示されるのです。

 

SEOについては、こんな書籍で勉強しました。

成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座

SEO対策のための Webライティング実践講座

効果がすぐ出るSEO事典

 

 

リスティング広告

リスティング広告は、Googleなどで検索をした結果ページの上部の広告枠に表示されるテキスト広告です。

 

表示される広告は、ユーザーが検索したキーワードに関連する広告なので、ユーザーのニーズに近い広告である可能性が高いです。

 

そのため、クリック率も上がります。

 

リスティング広告については、以前にライター業で記事を作成しました。その際に参考にした書籍は

 

最速で成果を出すリスティング広告の教科書 ~Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応

リスティング広告 成功のための実践テクニック Google AdWords対応 (Webマーケティングのプロテク)

売上と集客が確実にアップする 儲かるキーワード広告の使い方

 

 

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、提携したアフィリエイターに商品やサービスの広告を掲載してもらう形で行なわれるプロモーションです。アフィリエイト広告から成約などに至った場合は、もちろん、アフィリエイターにも紹介料が支払われますし、広告主もセールスを上げられます。

 

 

SNS広告

TwitterfacebookなどのSNSの広告枠に表示される広告で、個人の投稿内容やプロフィールなどから趣味や関心などの属性を割り出して、ニーズに合う広告を表示するシステムとなっています。

 

 

リターゲティング広告

Web閲覧履歴の情報に基づいて、関連した内容の広告を表示させるプロモーション方法です。ネットをしていると、あのページ、このページと渡り歩きますよね。いく先々に何らかの広告が掲載されているはずです。その広告の内容をWeb閲覧履歴の情報に基づいて関連したものにして表示させることでクリック率を上げる方法です。

 

日本語でいうと「追跡型広告」らしいです。追いかけられている感じが恐ろしいですね・・・。ストーカーみたい。

 

 

メールマーケティング

つまり、これはメールマガジンのこと。一度、何かの商品を購入すると、メールアドレスを登録しますよね?そのメールアドレスは、リピーターを掴むための大事な顧客情報の一つです。

 

メールマガジンを定期的に配信することで、リピーター獲得へと向けていくプロモージョン方法は根強く続いています。

 

 

ソーシャルメディア対策

SNSで企業アカウントを作り、投稿で日々プロモーションを行なっていく対策法です。ユーザー参加型のキャンペーンもあったりなど、コミュニケーションを活用しながらセールスへと向けていく方法ですね。

 

SNSで見かけた商品を何となく買ってしまっていること、ありませんか?私は、特にコンビニの新商品に弱いです。

 

 

Facebookページの活用については、以前こんなことを書きました。

 

www.kyokocanaryblog.com

www.kyokocanaryblog.com

 

書籍はこれを読んでいました。

Facebookを「最強の営業ツール」に変える本

 

以上で、本日のアウトプットはおしまいです♪間違っているかもしれませんが、色々勉強していく中でまた修正していきますね^^

 

スポンサーリンク