金糸雀ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の自分メディア的な雑記ブログ。日常のことや仕事のこと、考察や独学のアウトプット、大好きな横浜の山手、中華街、関内、桜木町、みなとみらいなどの記事を書きます。

webマーケティングについて。本などで独学したまとめ(1)

f:id:kyokocanarysan:20171007173522j:plain


こんばんは。カナカナです。最近私は、Webライターの仕事のためにも、カナリヤ活動のためにも、Webマーケティングの知識を深めたいと思っています。

 


そこで、何冊かのWebマーケティングの本を読んで勉強しています。ここにも書いたように、数年私はいろんなことを独学などで学ぼうと思っています。それをアウトプットしたいと思ってます。

 


Webマーケティングには、以前の記事の中でも説明したSEOも入っています。

 

www.kyokocanaryblog.com

 

 

というわけで今回は、Webマーケティングについての本を読んで学んだことをまとめてみたいと思います。

 

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、Web上で行なうマーケティング活動のことです。

 

最近は、Webでしか売っていない化粧品などが増えていますね。そのような化粧品を売るためにもWebマーケティングの手法が活用されています。


Webマーケティングのベースになっているのはマーケティングなので、まず、マーケティングを知る必要があります。

 

マーケティングとは、簡単に言うと、ものが売れる流れを作るようにすることを言います。そのための活動や手法をマーケティングと言っています。

 

マーケティングにより、ものが売れる流れを作れると、売り込まなくても売れるようになるのですね。それこそがマーケティングの理想とするところであり、そのためにマーケティングを活用するのですから。

 

そして、私は最もそこに興味を持っています。売り込まなきゃいけないことに対して昔から嫌悪感と疑問を抱いていたので。

 

売り込まなきゃいけない感じが、なんだかギスギスしてるし、無理が生じてるように感覚的に思い、苦手だなぁと避けるようになりました。

 

そう思っていた私は、言葉にはできなかったものの、マーケティングというものに出会いたかったのかもしれません。

 

それに気づいたのが、ここ5年くらいの話です。


マーケティングについては、経営学の第一人者として有名なピーター・F・ドラッカーが「マーケティングの理想は販売を不要にする」とも言っているほどなので、マーケティングがある限り、売り込む必要はないのです。

 

もちろん、これは対象となる商品やサービスが良いものであることが前提です。

 


Webマーケティングは、Web上で行なわれるマーケティング活動ですから、様々なツールを用いて、データを数値化できます。

 

どのページからたどり着いて購入にたどり着いたか?購入までにどれくらいの時間を要したか?などの分析もできるので、その後のWebマーケティングに反映していけるのですね。

 

 

しかし、Web上以外のマーケティングになると、施策を細かく数値化するのが難しくなるので、なかなか改善策を見出せないというデメリットがあります。

 


最近、Web集客という言葉も一般的になりつつある中で、Webマーケティングを活用して成功している事例が多いのでは?と思っていますし、それはWebライターの仕事をする中でも思います。

 

Webマーケティングの3つの要素とは?

Webマーケティングには、「集客」「コンバーション」「リピート」の3つの要素があります。

 

それぞれ、ざっくりと説明します。

 

・集客とは?
集客とは、Webマーケティングの場合、Web集客と言われている部分で、販売ページやランディングページ(販売のための商品紹介ページ)に狙ったお客さんを集めるステップです。


まさに、Webマーケティングの第一歩と言えるでしょう。

 

Web集客の中に、以前話したSEOも入ってます。

 

www.kyokocanaryblog.com

 

そのほかには、リスティング広告SNS活用にSNS広告、アフィリエイト広告、メールマガジンなどのメールマーケティングなどがあります。

 

これらの一つ一つはまた勉強したらご説明します。

 

以前、Webライターの仕事でリスティング広告についての記事を執筆しました。その時は、2冊くらい専門書を読みましたが、Webマーケティングがフルに活用されている内容で、凄く楽しかったです。

 


・コンバージョンとは?

コンバージョンとは、サイトなどへの訪問者が最終目標を達成する行動を取ってくれることを言います。

 

最終目標というのは、資料請求や会員登録、商品購入、申し込みなどを達成できることを指していて、それは、何を売るか?によって内容が違ってきます。

 

この段階では、最終目標の達成だけではなく、最終目標を果たせないまま逃してしまった訪問者の行動のデータなど、あらゆる方向からのデータ分析により、改善策を見出していくことができます。

 


・リピートとは?
リピートは、再訪問や再購入などのリピート訪問者やリピート購入者を増やすための活動をするステップです。

 

一度獲得した顧客を逃さないための対策をここで行なっていきます。
例えば、メールマガジンSNSでのPRなどですね。SNSもフォロワーを増やしておくことで今後もプロモーションできます。

 

スポンサーリンク

 

Webマーケティングに興味を持ったきっかけ

Webマーケティングに興味を持ったのは、Webライターの仕事でリスティング広告の記事執筆をした頃くらいからです。

 

その少し前には、Webライターの仕事のためもありましたが、ブログ記事のアクセスを増やすためというのもあり、SEOについての書籍をかなり読みました。

 

そうしているうちにたどり着いたのが、Webマーケティングなのです。


つまり、これからのWebライターはWebマーケティングの知識があった方がいいと私は睨んでいますし、私自身はマーケティングが好きなので、そっち方向のWebライターとして食べていきたいです。

 

売り込まなくてもものが売れる方法にすごく魅力を感じています。

 

そのもっと前には、コニカミノルタが無料で開催していた「マーケティング×ボランティア」というテーマの講義があり、参加しました。

 

私はその時に初めて、マーケティングとは何か?というのがやんわりわかったのです。

その時のマーケティングの話は、集客に至るまでのマーケティング手法がメインでした。

 

商品やサービスを内容を詰めていく段階のマーケティングの話でした。本当に必要とされている商品やサービスを分析して形にしていく段階です。

 

その後の集客法やコンバージョン、リピートの話はそこまでありませんでしたが、そこにつながっていく程度の話はあったと思います。

 

 

特に、ニーズを探る段階の話が面白く、ニーズに応えている商品やサービスであれば何もしなくても売れるはずだという話が私の心に響きました。

 


で、コニカミノルタの無料講義ではニーズを探るという部分をボランティアに繋げていたところが面白かったのです。ボランティア精神があるのは非常に素晴らしいことですが、ニーズに応えたボランティアでなければ、ありがた迷惑になるだけですよね。

 


そこって凄く大事だと思うし、Webマーケティングなら、必要としない広告ばかりが表示される迷惑さと似てる気がします。

 


私は音楽活動をしている中で「CDを買ってください。」とライブなどで頭を下げまくってるアーティストとかバンドの感じがどうも受け入れられませんでした。あの姿が美しいとは思えないし、リピーター確保につながる確率はかなり薄いと感じていましたので。

 

でも、受け入れられないことを口にすると、生意気だとかプライドが高いと思われるみたいで、なんだかライブの世界がいやになりました。売り込むという言葉も嫌いです。ギスギスしててやかましい。

 

 

もっと前に、マーケティングというものを知っていれば、もっと上手く説明できたし、じゃ自分はどうしていけばいいのか?という道を見出せたのかもしれません。

 

 

とりあえず、今からそれを勉強していきたいし、何かしらの形で役立てていきたいと思ってます。

 

 

楽しくお金を稼ぎたいです。

 

 

というわけで、まだマーケティングについても、Webマーケティングについても、浅い知識しかありませんので、間違っていたらお許しください。

 

 

また、独学したらアウトプットして行きます。最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

スポンサーリンク