金糸雀ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の自分メディア的な雑記ブログ。日常のことや仕事のこと、考察や独学のアウトプット、大好きな横浜の山手、中華街、関内、桜木町、みなとみらいなどの記事を書きます。

Webライター向け!ブログでも読みやすい文字数のバランスの取り方とは?

f:id:kyokocanarysan:20170919003436j:plain

こんばんは。カナカナです。久々にWebライター向けな話をしてみようと思います。

 

多分、Webライターだけではなくブロガーの方々も記事の文字数にはそれぞれこだわりを持っておられるのではないかと思います。

 

文字数って文章的にもSEO的にも、スーゴク重要なんですよね〜。

 

というわけで今回は、Webライターの仕事においても重要な文字数について、また、ブログでも読みやすい文字数のバランスの取り方についてお話ししたいと思います。

 

ブログで読みやすい文字数とは?

ブログ記事で単純に読みやすい文字数は、多分1000文字程度だと思います。良い記事であれば、もうちょっと読みたいな〜と思う程度のサイズだと私は思いますね。

 

しかし、SEO的には1記事が2000文字〜3000文字以上が好ましいです。競合サイトが少なければ1000文字程度で情報を濃く盛り込めば上位に上がってくるのかもしれませんが・・・それも稀ですね。

 

ですから、結論的にブログ記事、Webコラムなどで考えると、SEOを外した時は1000文字程度が読みやすく、SEO含むのであれば2000文字〜3000文字以上が読みやすい文字数となります。

 

ただ、文字数だけにこだわるのは✖️SEOを意識して文字数をただ増やすだけでは、上位は狙えません。Google検索であれば、Googleアルゴリズムがちゃんと監視しているので、内容の薄い文章は上位には持って来てもらえないのです。

 

そりゃそうです。

 

自分がGoogle検索した時に、上位に表示されているのが、ほとんど内容が薄い、文字数だけは多い記事ばっかりだったら「は?」ってなりません?Googleなにやってんの?」って・・・。

 

そう思われたくないから、年々Googleアルゴリズムの監視能力が精密になってきているのですね。SEOを意識するのなら、そこも踏まえた文字数を考えていくべきです。

 

 

読みやすい文字数だと思わせるテクニック

ブログで読みやすい文字数は、SEOを外した時は1000文字程度、SEO含むのであれば2000文字〜3000文字以上だと定義しました。


しかし、読みやすさというのは文字数だけで決まるものでしょうか?違いますよね?構成や流れ、文章表現も関係して来ますよね?

 

と考えたときに、まずは構成の決め方が基本となります。以前に、構成についてはお話しましたね。

 

 

この記事では、Webで読みやすいと思われるメジャーな文章構成のPREP法をご紹介しました。

 

PREP法の構成は

 

・「Point」:文章の要点部分です。上述している通り、ここで、まずは結論を述べます
・「Reason」:「Point」で述べた結論の理由を説明する部分です
・「Example」:「Reason」で述べた理由を裏付ける、具体的な例を説明する部分です
・「Point」:文章のまとめ部分で、最後にもう一度結論を述べます」
引用元:PREP(プレップ)法を用いて「説得力」のある文章構成にする手順とは

 

です。

 

ここで重要なのが、読みやすいブログ記事にするためには、決めた文字数の中で読みやすい流れを作ることです。

 

じゃ、具体的にどうすればいいのか?

 

それは、各見出しの文字数を決めることで記事内でのボリューム調整をして、読み手が読み進めやすい流れを作っていくことです。

 

各見出しのボリュームを決めるのは、各見出しの文字数というわけですね。

 

スポンサーリンク

 


記事のテーマにもよりますが、私だったら2000文字程度のPREP法の場合、次のように各見出しの文字数を定めます。

 


導入文・・・150〜200文字

・大見出し:Point(結論)・・・300文字程度
・大見出し:Reason(結論に対する理由、裏付け)・・・500文字程度
・大見出し:Example(結論に対する理由、裏付けの具体例)・・・600文字程度
・Point(まとめ的な結論)・・・400文字程度

締めの文章・・・150文字程度


この文字数を考えるときにポイントにしたことは

 

  • 1つ目の大見出しからボリューム多い文章を書くと重いのでできるだけ文字数を少なめに設定した
  • 導入文と締めの文章は150文字程度と決まっているので、それに則した
  • 読み手が一番求めている答えが書かれているReason(結論に対する理由、裏付け)とExample(結論に対する理由、裏付けの具体例)の文字数を多めに設定してボリュームを持たせた
  • 最後のPoint(まとめ的な結論)は、一番目のPoint(結論)よりも踏み込んだ内容になると思うので、少しだけ文字数を多めに設定した

 

という感じです。

 

 

構成から考えれば文字数オーバーはない

Webライターの場合は、1記事○○○文字と設定されていることが多いので、ノリに乗って文章を打っていると、かなり文字数をオーバーしてしまうことがあります。

 

案件によっては、上限の文字数を決められているケースもあるので、できるだけ決められた文字数で書けるようになっておきましょう。

 

つまり、今ご説明したように、構成を作ってから各見出しの文字数を決めていけば、文字数を大幅に超えることはありません。

 

そして、不思議と各見出しの文字数を定めてから執筆をスタートすると、無駄な情報や話が入らなくなるので、本当の意味で読みやすい記事になります。

 

ですから、ブログでも読みやすい記事を意識したときに、文字数の設定というのは、すごく重要なポイントになるのですね。

 

スポンサーリンク