金糸雀ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の自分メディア的な雑記ブログです。日々思うことや考察したことなど自由に書きます。

しまうまプリントのフォトブックをスマホアプリで作る方法と感想をまとめてみた

f:id:kyokocanarysan:20170912024727p:plain

 

こんばんは。カナカナです。そういえばだいぶ涼しくなりましたね。秋は秋で紅葉が綺麗だから、また写真でも撮りたいです。そして、しまうまプリントのフォトブックでも作りたいです。

 

 

フォトブックにすると、誰かにもプレゼントできるからいいですね。一眼レフカメラなどを持っていなくても、スマホで撮った写真をしまうまプリントのフォトブックなどにできます。安いし早いし手軽でオススメです。

 

さて、今回はしまうまプリントのフォトブック作成用のスマホアプリでフォトブックを作成してみました。

 

その仕様や使ってみた感想などをお話ししたいと思います。

 

尚、実際にしまうまプリントのフォトブックスマホアプリで作成したい場合は、しまうまプリントの公式サイトで無料会員になってから進めた方がスムーズです。

 

 

しまうまプリントのフォトブック作成アプリを開く

 

f:id:kyokocanarysan:20170912024727p:plain

しまうまプリントのフォトブック専用のスマホアプリは、iPhone系もAndroid系も無料でダウンロードできます。アプリを開くとこんな画面がでてきます。

 

どのフォトブックにするかを選ぶ

f:id:kyokocanarysan:20170912024819p:plain

 しまうまプリントのフォトブック専用のスマホアプリを開くと、しばらくしてから作成したいフォトブックのタイプが一覧されます。それぞれページ数や価格が表示されているので、サイズなども見ながら、まずはフォトブックのタイプを選択しましょう。

 

 

写真選択をタップしてアルバムを同期する

f:id:kyokocanarysan:20170912024619p:plain

しまうまプリントのフォトブックのタイプを選択すると、フォトブックのところに「写真選択」という表示があります。それをタップすると、スマホ内写真アルバムと同期設定するためのメッセージが表示されますので「ok」をタップしましょう。

 

フォトブックに使いたい写真のアルバムを選択する 

f:id:kyokocanarysan:20170912021204p:plain

ここでは一応、Instagram投稿した写真をしまうまプリントのフォトブックにする方法で説明していきます。このように写真アルバムが一覧される中に、普段Instagram投稿した際に、投稿写真が収められる「Instagram」と書かれたアルバムがあるはずです。それを選択します。

 

スポンサーリンク

 

表紙を作成する

f:id:kyokocanarysan:20170912022329p:plain

まず、フォトブックの中の写真ではなく、表紙の写真から選んでいきましょう。

 

f:id:kyokocanarysan:20170912021616p:plain

 

このようなページ一覧があるので、表紙ページを選択した後に、表紙に使いたい1枚の写真を選びます。

 

すると、こんな感じ。

f:id:kyokocanarysan:20170912023157p:plain

 

表紙のカラーを選択できたり、もちろんタイトルもテキストで入力できます。

 

 

 1ページ目から順に作成して行く

f:id:kyokocanarysan:20170912022035p:plain

表紙の作成が終わったら1ページ目から順に写真やテキストを入れてしまうまプリントのフォトブックを作成していきます。ページのレイアウトは下部にたくさん表示されるので好きなものを選んでください。

 

私の場合は、スクエア写真なので、中央にスクエア写真が入ってテキストも添えられるタイプのページレイアウトを選びました。

f:id:kyokocanarysan:20170912022104p:plain

 

そして、先ほどのように「写真選択」をタップすれば、アルバムが表示されるので、その中から写真を選択します。

 

このような感じで写真が配置されるので、位置や方向などを調整して「決定」をタップします。

f:id:kyokocanarysan:20170912022410p:plain

 

 

すると、テキスト入力できる画面に移るので、入れたいテキストを打ちます。

f:id:kyokocanarysan:20170912022511p:plain

 

このような感じに仕上がります。

f:id:kyokocanarysan:20170912022606p:plain

 

 

 全てのページができたら注文する

f:id:kyokocanarysan:20170912023303p:plain

全てのページに写真やテキストが入れられたら、一覧表示にしてから全てのページを確認します。その後、下部にある「注文」をタップします。

 

 

すると、このような確認画面になるので再び「注文」をタップします。

f:id:kyokocanarysan:20170912023436p:plain

 

ログインする

f:id:kyokocanarysan:20170912023504p:plain

会員のログイン画面になるので、登録したメールアドレスとパスワードを入力します。非会員でも使えますが、しまうまプリントのフォトブックを注文するたびに住所などの情報を入力しなければいけないので、結構面倒です。

 

お客様情報を登録する

会員登録していると、ここの部分が自動表示されるので便利です。

f:id:kyokocanarysan:20170912023634p:plain

 

配送先と配送方法を入力する

配送先も自動入力されますが、他のところに送りたい場合は変更や追加もできます。発送方法も選択しましょう。

f:id:kyokocanarysan:20170912023729p:plain

 

自動補正と支払い方法を選択する

アルバムに配置した写真の自動補正を希望する場合は、写真のように赤くなるように選択しておきましょう。

f:id:kyokocanarysan:20170912023816p:plain

支払い方法も選択できます。私はクレカにしました。

 

 

最終チェックをする

最後に注文情報が表示されるので、しっかりチェックしましょう。

f:id:kyokocanarysan:20170912023853p:plain

f:id:kyokocanarysan:20170912023926p:plain

これで問題がなければ「決定」をタップします。

 

注文完了まで待つ

決定を押してから、しまうまプリントのフォトブック作成のためのアップロードがスタートします。

 f:id:kyokocanarysan:20170912024422p:plain

 

「ご注文ありがとうございました」が表示されるまで、待ちましょう。

f:id:kyokocanarysan:20170912024515p:plain

これで終了で、あとは到着を待つのみです。

 

 

今回は、スクエアタイプのしまうまプリントのフォトブックにしましたが、もちろん最安値の198円の文庫本サイズもあります!

f:id:kyokocanarysan:20170912024545p:plain

 

しまうまプリントのフォトブックスマホアプリの感想

しまうまプリントのフォトブック そのものの出来上がりはまだ確認していないので、スマホアプリの仕様についての感想を書きます。

 

メリットは、写真選択やテキスト入力、確認などがスムーズなこと。配送料や支払い手数料、フォトブック作成料金が一目でわかること。そして、スマホの写真をすぐにフォトブックにできる手軽さ、テキストまで入力できる楽しさ、ページレイアウトの種類が豊富、写真の位置を細かく調整できることなどがあげられます。

 

一つだけデメリットをあげると、注文してから注文完了するまでのアップロード時間が長いことです。今回35枚ほどしまうまプリントのフォトブックに使いましたが、WiMaxで15分くらいかかりました。

 

この部分は、以前にパソコンで作った時の方がスムーズでストレスを感じませんでした。

 

www.kyokocanaryblog.com

 

他は文句なしなので、点数的には90点くらいです!

 

スポンサーリンク