金糸雀ブログ

横浜在住のフリーランスwebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の雑記ブログ。横浜のことや仕事のこと、日々の出来事、考え事、コラムなどを自由に書いております。ブックマークなどいつもありがとうございます。励みになります。

色々と自分の考えを書いたり表現したくなるから楽しいんだ


こんにちは、カナカナです。昨日はブログをサボってしまいました。いや、ちょっと出かけてたので。

 

私は相当体調が悪くない限り、文章書いたり写真加工したり歌考えたりしてます。1日の大半がそればかりで、息抜きはコーヒー飲むことと、グミを食べること。それから、最近はセブンイレブンのアップルデニッシュにハマってるので2日に1回はニヤニヤしながら買いに行って家の中で静かに食べてます。実に平和です。

 

 

あとは、みなとみらいの景色を見ることですね。あの静けさがたまらない。

 

 

ま、もう少しで京都に帰る予定なので、アレだけど。

 

いや、そんな話はいいや。

 

そうそう、ライター業をやってるといろんな記事を見ます。WEB上の記事。最近はSNSに関する記事がちょっと腹立たしいというのか、、、投稿が多い人に対しての文句っぽいことが書かれてたりすると「?」ってなります。

 

投稿が多いのは確かにフォロワや友達にとっては迷惑なのかもしれないけど、、、それは受け取る側がコントロールすればいいだけの話なのかなとも思うし、、、投稿者ばかりをせめてる感じに「?」となります。

 

なんでそんなことにこだわってるのかというと、投稿が多い理由というか心理について似た通ったかなことが書かれてて、それに納得できないからです。

 

・自己顕示欲が強い

・寂しいから構って欲しい

・自慢したい

 

こういう理由を掲げていることが多いです。

 

こういう話は、自分のブログだからするんですけど、投稿が多い人は必ずしもこういう心理ではないし、特に表現者というのは常に表現してたいと思うので、こういうことではないと思います。

 

あとは、何か頑張ろうとしている人は、投稿が多いです。目標やビジョンを宣言して実現させたいがために無意識に取る行動なのかなと思うのです。

 

だからと言って投稿が多すぎていいじゃんっていう話じゃないんですけど、

 

・自己顕示欲が強い

・寂しいから構って欲しい

・自慢したい

 

これらのような見方だけで片付けるのはやめて欲しいなと思ってしまうわけです。。。

 

私は特に、少なくとも10年前くらいから、ブログで書くことで自分を見つめ直すことができ、どう自分を表現していけばいいのか?などが見えてきました。

 

これって、誰かと話したり、誰かに相談するだけで解決することではないと思うのですね。

 

書くことってすごいと思います。本当に自分のことがよくわかってくるし。アウトプットしないと新しいアイデアも浮かばず、頭の中もパンパンになってくると、ブレーンストーミングのセミナーでも聞きました。その通りだと思います。

 

私の場合は、SNS投稿やインスタの写真加工で自分の歌が出てくることが多いです。最近はそんな感じですね。

 

でも、確かに投稿が多いと迷惑だと思うので、エバーノートに書いておくことにします。

 

まあ、いろんな人がいますよね♪

 

表現者の人で何も書かないというのはちょっとどうかなと思うのと、、、作家は特に書かないのはおかしいですね。いや、でもいろんなタイプの作家さんがいるのかもしれないけど・・・

 

私が好きな作家の田口ランディさんは、ものすごいツイート数でしたよ。それだけ毎日色々思考してられるのかなと思いましたし、その追求心が洞察力に反映されているから小説やエッセイの中での描写が素晴らしいのかなと思いました。

 

 

でも、最近ランディさんのツイート数は減ったので、私もランディ党として投稿を減らすことにしました笑。

 

電波三部作は本当に好きでした。嫌がらせにより直木賞は逃したみたいだけど・・・嫌われ者なランディも好きです。

 

スポンサーリンク