金糸雀ブログ

横浜在住のフリーランスwebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の雑記ブログ。ちょっと体調わるめですが、このブログだけは更新します。調子のいい時に書いてます。ブックマークとかいつもありがとうございます。励みになります。

Webライターになるには?ランサーズで提案する準備をしておこう


f:id:kyokocanarysan:20170813010814p:plain

画像出典:ランサーズ

 

こんばんは。カナカナです。

 

明日から早起きしようと思い、意気込んで布団に入ってみたものの・・・全然寝れないので、記事を書くことにしました。

 

さて、本日は「Webライターになるには?」のシリーズで「ランサーズでの提案の準備」についてお話ししたいと思います。

Webライターになるには?一覧

ランサーズの提案文って何?

 

ランサーズの提案文というのは、単純作業のタスク作業ではなく、少し本格的なプロジェクト方式の案件に応募する際の文章です。

 

ランサーズのトップページから「仕事を探す」という項目を選択して気になるプロジェクトを選んで開いてみると、依頼詳細と提案するボタンが表示されているページにたどり着きます。

 

f:id:kyokocanarysan:20170813010814p:plain

画像出典:ランサーズ

 

納期なども書いてあるので、確認の上、提案するボタンをクリックして、提案文入力画面へと移ります。

 

 

ランサーズの提案文に書くべき内容は

 

・その案件の内容を正しく理解しているという証明

・その案件に対しての意気込みや応募動機

・クライアントの希望納期を確認した上で自分が希望する納期

クライアントの希望報酬を確認した上で自分が希望する報酬

・過去に書いた記事(実績がなければブログやポートフォリオなどでもOK)

 

このような感じなのですが、いきなりこれをまとめて応募するというところまでこぎつけるには、結構エネルギーが必要かもしれません。

 

不安な中、前に進むというのは結構エネルギーを消費するものです。

 

私がランサーズで提案文に悩んでいた当初は、定型文のようなものも一切なかったのですごく大変でした。

 

だから私は、なかなかプロジェクト方式の案件に応募できずタスク作業ばかりやっていたのです。

 

でも最近は、ランサーズが親切に提案文のテンプレートを用意してくれています。

f:id:kyokocanarysan:20170813010850p:plain

画像出典:ランサーズ

 

こんな感じで「提案する」をクリックした先のページの提案文の記入欄にはテンプレートが入っているので、それに従って書くといいでしょう。

 

 ランサーズ提案文の自分用の定型文も登録できる

さらに便利なことに、最近のランサーズの提案画面には、提案文の自分用の定型文を作って保存しておける機能があるのです。

 

f:id:kyokocanarysan:20170813010941p:plain

画像出典:ランサーズ

 

これは本当に便利。

 f:id:kyokocanarysan:20170813010916p:plain

 画像出典:ランサーズ

 

自分で提案文のテンプレートを作って、定型文に保存しておけば、提案の際にその定型文を選択するだけで自動入力されます。

 

 

また、その定型文は一種類だけではなく、数種類保存できるので、案件によって使う提案文の定型文を変えられます。

 

選ばれやすいランサーズの提案文のコツとは?

私の場合は、ランサーズが用意してくれている提案文のテンプレートは無視してまして笑。。。以前に自分で作った提案文の自分用定型文をずっと使っています。

 

こんな感じです。

 

 

はじめまして、Webライターの○○と申します。

案件内容を拝見しまして、ぜひ応募させていただきたく思いましたので提案させていただきます。

「案件の内容」に関する記事作成の○○文字を○記事、報酬は合計で○○円、納期は○月○日を希望いたします。

>意気込みやモットー

>実績

よろしくお願いします。

 

 

そして、これは私の体験に基づいて思う採用されるかもしれないちょっとしたコツが次の通りです。よかったらご参考に^^

 

・納期を少し早めに設定する

・その案件に応募する動機やなぜそのテーマで記事を書きたいか?などを詳しく簡潔に書く

・その案件とよく似た実績があれば積極的にアピール

・自分がWebライターをする上でモットーにしていることを書く

 

 

ちなみに私のモットーは「Webだからこそわかりやすい文章」「構成などの打ち合わせをしてから執筆に入る」です。

 

というわけで、プロジェクト案件に提案してみようかなとお考えの方に参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク