金糸雀ブログ

横浜在住のフリーランスwebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の雑記ブログ。ちょっと体調わるめですが、このブログだけは更新します。調子のいい時に書いてます。ブックマークとかいつもありがとうございます。励みになります。

Webライターになるには?資格より必要なスキルをつける案件の選び方


f:id:kyokocanarysan:20170803235213j:plain

こんばんは。カナカナです。

 

ってか!はてなブックマーク数が私にしては多くてびっくり。何も狙わずに書いたので、驚きでパチクリパチクリ瞬きの連続です。

 

www.kyokocanaryblog.com

 


そんな前置きはここまでにして。

 


本日は、「Webライターになるには?」のシリーズで「資格よりもスキルが必要だよ!じゃ、どうやったらいいの?」について、私の体験も交えながらお伝えしたいと思います。

Webライターになるには資格よりもスキル

Webライターになるには、資格が必要なのでは?と思いますよね。でも、Webライターになるには今のところ、資格は不要です。

 


今回は、ランサーズ からWebライターを目指していくときの話をします。というのも、他にもWebライターの案件を扱っているクラウドソーシングがあるので。

 


Webライターになるには資格よりも今何ができるか?が大事。
まず、これを頭に入れていただきたいです。

 


ちなみに、私は未経験、資格なし、ブログ書いてただけの人からランサーズ がきっかけでWebライターになりました。今はWebライターで生活してます。音楽でも少しお金が入ってるような感じです。

 


Webライターを始めた当初は、報酬がものすごく安かったです。でも、ランサーズ で仕事をするたびに得られることはたくさんあり、今は月に30万円〜40万円くらい稼いでます。(ランサーズ以外でも仕事を受けてます。)

 

ま、しかし最近はちょっとゆっくり休まなければなので20万円くらいです。

 


そうそう。

なんでも考えてるだけではダメです。10歩くらい踏み出すつもりで1歩を思い切りよく踏み出すと、挫折も多いけど成長も早いと体験とともに感じました。

 

スキルを磨くための案件をランサーズで見つけるコツ

 

例えば、ランサーズ でスキルを磨くにはどうすればいいと思いますか?

 

これについては、Webライターを始めた当初、私も随分悩みました。ランサーズ には案件が山ほど並んでいるけど、どれを選んでいいのか?がわからないのです。

 


しかし、その中で目に止まったのが「マニュアル完備」という言葉でした。他には「初心者歓迎」などですね。

 


つまり、Webライター初心者だけど、マニュアル完備してるからその通りにやれば書けますよ的な案件です。

 


で、そのマニュアルには、Webライターとして通用する初歩的なノウハウが記されていることが多かったです。(案件によって違うので全てではありません。)

 


記事の構成の方法やSEOを意識した記事作成などもマニュアルに入っている場合もあります。(これも案件によって違うので全てではありません。)

 


私の場合は、そういう案件を受けまくって書きまくったから今があります。経験を積んでいくと、最初はわからなかったSEOライティングやWebで読まれる記事構成などが見えてきて、すんなり書けるようになりました。

 

スポンサーリンク

ランサーズの初心者向け案件は安すぎる?


ランサーズ で案件を見てみると・・・1文字が0.2円にも満たないような案件もあって・・・がっかりしますよね?

 

 

どこかのカナリヤは、月に30万ほど稼いでるとか言ってたけど、1文字0.2円とかの案件しかないじゃん!

 

 

という声も聞こえてきそうですが・・・・最初は報酬はほとんどないと思っておいた方がいいですね。

 


でも、Webライターの仕事をしたことがない人にとっては安くはないと思います。だって、スキルをつけられるのにお金をもらえるんだから。その上、案件を自由に選べるというメリットまであるのです。

 


会社員でもアルバイトでもパートでも、一度職場を決めてしまったら転職するのは少々大変。Webライターとしてスキルをつけるためにこの職場に決めたのに・・・何も得られなかったというケースも発生する可能性は高いのですね。

 


一方、ランサーズ でスキルを磨くためにWebライターの仕事をするのは簡単です。案件を選んで仕事すればいいだけ。どうしてもできなければ、断ることもできます。

 


また、あんまり得られるものがなかった案件だったとしても、それはそれで仕事として完了した上で、新たに案件を探してスキルを磨くこともできます。

 


そうしたメリットも含めると、私はランサーズ の案件は安いとは思いません。

 


問題は、ここからどうやってギャラを上げていくか?で、最初から安いだの高いだの頭だけで比較して、結局何もやらないのはもったいないと思います、自らの経験から。

 

マニュアルなどを基本として自分でも勉強する


ランサーズ でいろんな案件の仕事をこなしてみると、WebライティングやSEOライティングの入り口だけでも見えてくるはずです。

 


その入り口から、どうやって道をつけていくのか?

 

一つは、引き続きランサーズで案件を探してこなして経験を増やしていくこと。

 

もう一つは、自分でも勉強することです。

 


ここで、大事なのが「Webライターになる前に勉強する」ではなくて「Webライターになってから勉強する」ことです。

 

 

この流れの方が成長が早いと私は思います。

 


AmazonでWebライティングの書籍を検索すると、たくさんの書籍が出てきます。

 

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

 
SEO対策のための Webライティング実践講座

SEO対策のための Webライティング実践講座

 

 

成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座

成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座

 
書かずに文章がうまくなるトレーニング

書かずに文章がうまくなるトレーニング

 

 

私は、これらをほとんど読みました。ランサーズ での仕事と並行していくと、かなりWebライティング力は磨かれていきました。クライアントさんの指示もよくわかるようになりました。

 

 

さらには、こちらから質問できるようにもなりました。それは、書籍で勉強してるからです。これがまた、クライアントさんにとっても、良い刺激になって、今後いい関係を築いているきっかけになることも学びました。

 


というわけで、今日はこの辺にしておきます♪で、そろそろ「Webライターになるには」シリーズの記事の一覧を1記事にまとめますのでよろしくです。

 


そして、横浜の地蔵坂の記事もアップしますのでよろしくです♪

 


スポンサーリンク