金糸雀ブログ

横浜在住のフリーランスwebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の雑記ブログ。ちょっと体調わるめですが、このブログだけは更新します。調子のいい時に書いてます。ブックマークとかいつもありがとうございます。励みになります。

Webライターになるには?ランサーズで成長できた体験談


f:id:kyokocanarysan:20170722233647j:plain

こんばんは。カナリヤです。いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

さて、今日は、私がWebライターになるまでの道のりを少しだけお話ししたいと思います。

 

Webライターとして仕事を受けるようになったのは2012年の12月からでした。現在はWebライターで月に平均30〜40万円程度の収入があります。

 

それなりに大変な時もありますが、やりがいがあるので、音楽のことなどとバランスを取りながら生活しております。

 

では、今の収入になるまでの道のりをざっくりお話しします。

スポンサーリンク

 

 

Webライターのはじまりはランサーズでなくナナピ

Webライティングで初めて報酬が発生したのは、ランサーズ ではなくnanapiというサイトでの記事投稿でした。

 

nanapiは、今はもう記事作成の募集はしてないんですね・・・。これはすごく残念。というのも、Webライターを目指すなら、まずnanapiに投稿してアドバイスをもらうのがおすすめだからです。

 

nanapiの報酬相場は、1000文字程度の写真や画像が3枚程度アップロード(著作権フリー素材サイトのものでもOK)で300円くらいでした。

 

でも、超初心者のWebライター志望の私にとっては、1000文字で300円なのにアドバイスまでしてもらえるのは、本当にありがたい機会でした。

 

現在こそ、Webライターの講座などがあるのかもしれません。Webライティングの書籍もたくさん売られていますね。でも、当時はそういう環境が整っていませんでした。

 

nanapiで好きなテーマを決めて指示通りに記事を投稿すると、修正点などのフィードバックがありました。キュレーションメディアで問題を起こしていたあの会社の指示よりもはるかに明確で、いい記事をアップしようという姿勢が心地よかったです。

 

私は、nanapiで20記事ほど作成したのちに、いくつか直接やり取りでWebライターの仕事を探して受けていました。

 

その頃の報酬はnanapiの相場と同じくらいでした。

 

ランサーズはフェイスブックで知った

f:id:kyokocanarysan:20170722233940p:plain

画像出典:ランサーズ

 

nanapiで記事を書いていた頃は、まだランサーズシュフティ のようなクラウドソーシングを全く知りませんでした。

 

しかし、ある日、Facebookのタイムラインを眺めていたらランサーズを使ってお金を稼いでいるという友達の投稿を見つけ、即登録したのですね。

 

けれども、ランサーズは見ての通り、初心者ですと、まずはどう利用すればいいのか?がわかりにくく、特に当時の私にはプロフィールに書ける実績がなかったのでほぼ放置していました。

 

というのも、私はその頃、主婦でしたしコンビニでアルバイトをしていたので、今のようにWebライターの仕事に全てがかかった生活をしていなかったからです。

 

ランサーズの初仕事はタスク作業

ランサーズには、大きく分けるとタスクの単純作業とプロジェクトの本格的な仕事、応募式のコンペの3つの作業方法が用意されており、中でも初心者向けなのがタスクの単純作業です。

 

タスクの単純作業はプロジェクトやコンペ形式の仕事と比べると、かなり報酬が安いですが、審査もなくいきなり記事投稿できて承認されたら報酬が支払われるというシステムです。

まさに、初心者が始めやすい方式なのでタスク作業をやりながら、ランサーズの仕組みを探っていくような数ヶ月を過ごしました。

 

初めてのプロジェクトはリライトだった

ランサーズでタスク作業を繰り返しているうちに、やはり物足りなくなってきて、本格的なプロジェクト方式で仕事がしたくなり、まずどうやって応募するのかをネット検索しました。

 

応募方法は、また違う記事で書きますが、なんとかランサーズでプロジェクト案件を選択して提案というものをして応募をしました。

 

すると、かなり初心者だったのにも関わらず、選んでいただき、ランサーズでのプロジェクト方式で初めて仕事をすることになったのです。

 

初めて受けられた仕事は、1から記事を書くのではなく、いただいた記事を元にリライトするという作業でした。

 

納期にちゃんと納品できて、評価では「天才だ!」と書いていただき、びっくりしてる間に本当に報酬が支払われたのです。

 

こういう感じで、私のWebライター生活が始まり、主婦としてお小遣い程度のお金が稼げるようになった時点で、Webライターの方が楽しいと思ったのでコンビニのバイトをやめました。

 

それ以来、私は外で働いたことはありません。

 

この後も(元)主人が急逝したりなどで大変でしたが、それが逆に力となって、Webライターで生活できるようになりました。

 

今は、ランサーズ以外でも仕事をいただいており常連さんとも仲良くしていただいてます。で、横浜の山手でチワワと一緒に暮らしてます。

 

仕事場は家や中華街や石川町、みなとみらいのカフェや観光スポットなどです。気ままに出かけては記事作成をしています。

 

軌道に乗るまで3年くらいでしたね。結構大変でした。でも、その中で掴んだものはたくさんありますので、これからWebライターと目指したいという人のために、他ではあまり書いてない情報をここでお伝えしていきたいと思ってます。

 

今日はこの辺で♪

 

ランサーズを知るのに↓の本が便利かも。

ランサーズで始める! あなたの「特技」をお金に変える本 [ランサーズ公式ガイド]

 

時間と場所にとらわれない新しい働き方 (一般書)

 

続編記事↓ 

www.kyokocanaryblog.com

 

 

スポンサーリンク