金糸雀ブログ

webライター・シンガーソングライターのカナリヤ響子のブログ。ウェブライティング、音楽、横浜、写真、手芸、愛犬のことなどいろいろ書いちゃいます♪

ブログのネタの探し方や信憑性の高め方についてライター目線で考えてみた

f:id:kyokocanarysan:20170608122102j:plain

こんにちは。カナリヤ響子です。最近は仕事が忙しかったのでブログ更新できませんでした。あとは、ぼんやりする時間が欲しかったり、体調が悪くなることが多いのでゆっくりしてます。

 
さて、そんな中でブログのネタの探し方やネタを基にしたブログ記事をどのように書けば信憑性をより高くできるのか?などについて考えてました。
 
これは、ブログ記事の中でもハウツーやライフハックのようなコラム系の記事に関してのことです。普通の日記などの話ではありません。
 
それでは、仕事の体験談なども含めて考察結果を書きたいと思います。

ブログのネタは日常で見つけたものでいい

f:id:kyokocanarysan:20170608122241j:plain

私の場合、ウェブライターの仕事をしているときは、クライアントさんから記事のテーマをいただいて、マニュアルに沿って情報について調査したりしながら記事を仕上げていきます。
 
 
ですから、ネタは向こうからやってきます。
 
 
しかし、ブログのネタは自分で探さなければいけません。
 
 
ブロガーと言われる方々やブロガーを目指しおられる方々は日々、ブログのネタの探し方を工夫しながら、あの手この手でアクセスを伸ばしておられるのではないか?と思います。
 
 
私はブロガーではありませんので、ブロガー目線ではなくライター目線でネタの探し方について言わせていただきますが、、、
 
 
記事作成に慣れてないうちは、身近なネタがいいですね。
 
 
あんまり、特別なネタとか理想的なネタを追いかけると、後から記事作成で行き詰まって書けなくなります。
 
 
ウェブライターの仕事では、向こうからネタがやってくるので、あんまりネタは選べません。
 
 
仕事として受注したら絶対に書き上げなければいけないので、あの手この手で情報を集めて書き上げます。
 
 
ウェブライターになってから苦労したのは、まさにこの点でした。
 
 
知らない分野のことも調べて書き上げなければいけないので大変でした。
 
 
でも、なにクソ根性で書き上げられたのは「書くことが好き」なのと「お金がかかっていた」からなのかもしれません。
 
 
つまり、ブログの場合は、後から広告収入などが発生するかもしれませんが、先にギャラが設定されているわけではないので、書きにくいブログのネタで書き始めると挫折する確率が高いですね。
 
 
ですから、ブログのネタの探し方の基本としては、その辺に転がってる自分の得意分野などの書きやすいネタがいいです。
 
 

ブログの記事の信憑性について

f:id:kyokocanarysan:20170608122314j:plain
ブログのネタの探し方は、その辺のものを漁ればいいだけなので簡単です。
 
実は、ウェブライターの仕事で来る記事ネタもそんなに特別なものではないので、その辺のものを漁って出てきたネタだと思われます。
 
しかし、そのネタをどう磨いていくか?が問題ですね。
 
ネタに関する情報をどこから仕入れるか?が問題です。
 
単純に自分の知っている範囲での知識を記事に並べるのもアリでしょう。体験談を盛り込むのもいいのかもしれません。
 
 
でも、、、読んでいる人はほとんど会ったことがない人なので、あなたがブログ記事に書いた知識や情報を、すべて信用してくれるとは限りません。
 
 
会ったことがある友達のブログ記事なら信用しますね。「あの人が書いてるから。」という信頼感があるからです。
 
 
でも、知らない人で肩書きも特にない一般人が、ネットで集めてきた情報を基に一記事を仕上げても、そこそこしか信用してもらえず、リピーターはつかめないはずです。
 
 
だからこそこだわりたいのが、探したブログネタの情報を正確に伝えるときに、その裏付けになる情報の入手元です。
 
 
今までは、ネットからの情報でもよかったのかもしれません。
 
 
しかし、少し前のまとめ記事の問題などもあり、ネット記事の信憑性が低くなっているので、情報の入手元にかなりこだわるべきだと私は思います。
 
 
実は、最近はウェブライター界でも参照元について厳しくなっています。
 
 
どんなウェブサイトからの情報か?誰が言っている情報なのか?などを提示しなければ、OKが出ないんですね。
 
 
ブログ記事に対しても、やがてそのようなことが問われる時代がすぐそこに来ていると私は予想しています。
 
 

引用元や参照元にこだわればブログ記事の信憑性が高くなる

f:id:kyokocanarysan:20170608122029j:plain
 
記事の信憑性を高めるのに役立つのが、引用です。
 
その証拠に最近は、引用の著作権や違法性などについて検索しているユーザーが多く、それを説明する記事が増えています。
 
その中で私がおすすめしたいのが書籍からの引用です。
 
 
書籍は誰でも出せるものではありませんし、出せたとしても書籍のテーマに関係する肩書きを持つ著者でなければ売れないはずです。
 
 
どこの誰が言ってるのかわからないような内容を信用して書籍を購入するような変わり者はあんまりいないと思います。
 
 
最近はKindleなどで定額で読み放題できるなど、読書しやすい環境になってきていますが、それでもどこの誰が書いたのかわからない情報のために書籍をダウンロードする変わり者は居るわけがないと思います。
 
つまり、それだけネット記事よりも書籍の情報の方が信憑性が高いのですね。
 
 
だから、引用や参照元は書籍にすると、ブログ記事の信憑性が高くなると考えました。
 
 
実際に、ウェブライターという仕事でも記事ネタに関する書籍を経費で購入して、参照元とともに納品します。
 
 
私はいい加減な記事を書いて儲かればいいというようなウェブライターにはなりたくないので、特にそこにこだわっています。
 
 
だから、仕事の募集をしなくてもクライアントさんはほとんどが常連さんで固い信頼感でつながっているのですね。
 
 
その方が息が長いライターになれると思っています。
 
 

まとめ

このようにブロガーであるならば、ブログの記事の信憑性を高めることがブロガーの信頼度を上げる要素になると思うので、その一つの手段として、確実な引用元や参照元をつかむべきだと私は思いました。
 
ブログネタの探し方よりも信憑性の高め方にこだわる方が息が長いブロガーになれるのではないか?と思います。
 
 

スポンサーリンク