読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金糸雀ブログ

webライター・シンガーソングライターのカナリヤ響子のブログ。プロフィールや楽曲リスト、執筆物などを近々ここに追加予定♪

広告はいらない?フェイスブックを活用する企業が多い理由について考えてみた

f:id:kyokocanarysan:20161213201039p:plain

 

こんばんは、カナリヤです。今日はフェイスブックの話をしたいと思います。

 

 

無料のフェイスブックページをうまく活用して、日々の投稿で着実にセールスを上げている企業はたくさん存在します。

 

 

それは、大企業に限らず、中小企業にも言えることで、下記のサイトによると、かなり多くの企業がフェイスブックページを活用していることがわかります。

 

ferret-plus.com

 

 

私は、フェイスブックというSNSは「宣伝できない場所」だと思い込んでいました。

 


しかし、フェイスブックに関する記事作成の仕事で、いくつかの書籍を読んでいるうちに「そうでもないかもなあ。」と思えてきたのです。

 


というわけで今回は、フェイスブックを活用する企業が多い理由について考えてみた結果をまとめてみたいと思います。

 

 

素早く簡単にPRできるから

f:id:kyokocanarysan:20161213201233j:plain

 

これは、SNS全般に言えることですが、素早く簡単に投稿できるのが最大のメリットですね。

 


広告なんて出さなくても刷らなくても、CMを作らなくても、写真ファイルと文章を投稿するだけで、素早く簡単に自社の商品やサービスをPRできます。

 


今までは、ひとつの商品やサービスを売るために営業に出歩かなければいけなかったのに、フェイスブックのおかげで、企業の営業もこんなに早く、こんなに簡単になってしまったのです。

 


だから、人員も減らせて、企業にとってはいろんな意味でメリット多しなのですね。

 

 

予算0円で広告くらいの効果が得られるから

 

フェイスブックページは0円で作れます。
今は、どこの企業もフェイスブックページを持っていますね。

 


フェイスブックページで商品やサービスに関する投稿をすれば、予算0円なのに、ちゃんと広告を出すくらいの宣伝効果が得られることもあります。

 


うまく活用できていれば、冒頭でもお話ししたように成功事例をおさめている企業はたくさんあるのです。

 

 

ユーザーのアクティビティで一気に拡散するから

 

f:id:kyokocanarysan:20161213201342j:plain

 

フェイスブックでは、例えば、企業のフェイスブックページ投稿に対して、ユーザーが「いいね」や「コメント」「シェア」などをすると、そのユーザーの友達のタイムラインに、アクティビティが流れるシステムになっています。

 


つまり、これがフェイスブックを活用する企業が一番注目している点なのですね。

 


フェイスブックを利用していると、「○○さんがいいね!と言っています」や「○○さんが○○さんの投稿にコメントをしました」のようなタイムラインが流れてきますよね。

 


フェイスブックは実名制の登録なので、他のSNSよりつながりが固いです。
つまり、それだけ信頼度が高いのですね。

 


だからこそ、「○○さんがいいね!と言ってるのなら・・・」と気になって見てしまうものなのです。

 

 

日々の投稿がセールスにつながるから?

 

フェイスブックページを活用している全企業が、毎日毎日、商品やサービスの宣伝の投稿だけをしているのではありませんね。

 


お店や会社の日々の出来事や何かの製造工程、クイズなど、企業によって様々な投稿をしています。

 

 

あえて、商品やサービスの直接販売はせずに、間接的なPRとして、お店や会社の出来事などを日記のように投稿している企業も多いです。

 

 

タイムラインを閲覧するユーザーは、最初のうちは、そんな投稿たちに無関心であったとしても、なんらかのきっかけでその企業の商品やサービスを思い出す時が来るかもしれません。

 

 


無関心なのは、今はまだ、投稿を閲覧するユーザーの中に、その企業の商品やサービスに対してのニーズが発生していないからです。

 

 


つまり、なんらかのきっかけでその企業の商品やサービスを思い出す時というのは、ニーズが発生した時です。

 

 


いつも何気なしに見ていたタイムラインの投稿を「ニーズが発生したこと」で思い出し、「そうだ!あの店で買おう!」となります。

 

 


そして今度は、自発的にお目当の企業のフェイスブックページを開いて購入するというケースもあるのです。

 

 

だけど、書籍だけではわからないこともある。

 

フェイスブックによるマーケティングに関して、実はいろんな書籍を読みました。

 


その中で、まず考えたメリットをここにざっくりまとめてみましたが、もちろんこれが全てだとは思いませんし、マニュアル通りではないと思います。

 


現に、いろんな企業のフェイスブックページを見てみたのですが、成功しているページは、すごく個性があります。
個性を大事にしつつも、基本的なマニュアルも大切にしているように思えます。

 


フェイスブックページはやったことないんですけど(めんどくさいから・・・)、いろいろ考察してみると面白いなあって思いました。

 


今度は、成功事例を並べて、私が考えてみたことなどをまとめられたらと思っています。