読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナリヤ響子の考えるためのブログ

webライター・シンガーソングライターのカナリヤ響子が日々考えたこと、学んだことを幅広いジャンルでレポート的にまとめるブログ。カテゴリーの「スポットレポ」の記事はオリジナルソングのネタになるかもしれないので乞うご期待♪

早く仕上げるための文章の書き方について仕事しながら考えてみた

f:id:kyokocanarysan:20161007010414j:plain

画像出典:http://www.akira-blog.com/entry/2016/05/20/062531

 

こんばんは、カナリヤ響子です。さて、みなさんは、文章を書くのにどれくらいの時間が要りますか?

 

そうですね、例えば、原稿用紙1枚分の400字で「ペットのしつけ」について書いてくださいと言われたとします。

 

さて、どれくらいの時間がかかると思いますか?

私の場合は、1時間に3000文字ほど書けますので、3000を400で割って8分くらいですね。多分、10分あれば書けます。

 

もちろん、最初から書けたのではありません。文章の書き方を考えたから書けるようになったのです。

 

ということで今回は、早く仕上げるための文章の書き方について、考えてみた結果を報告したいと思います。

 

大きなテーマと見出しを決めて書き込む

書き始める前に、書きたいことを決めましょう。じゃないと、書いてる間に迷ってしまうので、消したり書いたりの繰り返しになります。だいたい、ここで時間の無駄が発生します・・・。私も2012年頃には、このような無駄を繰り返していました。

 

書きたいこととは、具体的にいうと「大きなテーマ」と「見出しタイトル」です。今書いている文章にも3つの見出しがありますね。これは、「大きなテーマ」の「早く仕上げるための文章の書き方」から考えた「見出しタイトル」です。

 

私の場合、「見出しタイトル」は地図のようなものだと思っています。何を書けばいいか?どう文章を進めていけばいいか?がわからなくなった時に、必ず、先に決めておいた「見出しタイトル」を確認します。

 

実際にこの文章では、「大きなテーマ」の「早く仕上げるための文章の書き方」から考えた「見出しタイトル」の「大きなテーマと見出しを決めて書き込む」「リサーチして貼り付ける」「貼り付け文章をオリジナルにしていく」を決めて書き込んでから、文章を書いています。

 

早く仕上げるための文章の書き方をするのなら、1つの「大きなテーマ」と複数の「見出しタイトル」を先に決めて、書き込んでおくことです。

 

リサーチして貼り付ける

見出しが決まったなら、1つずつの見出しに関する情報をリサーチします。例えば、冒頭で書いたように「大きなテーマ」が「ペットのしつけ」だったとします。

 

そこで、「ペットのしつけ」に対して「見出しタイトル」を「トイレのしつけ方法」「無駄吠えをやめさせる方法」にしたとします。

 

ここまで決まったら、「見出しタイトル」の「トイレのしつけ方法」に関するネットリサーチをして、自分が書きたいと思う情報が掲載されているページの文章を「情報」として、それぞれの「見出しタイトル」の下に貼り付けていきます。これは断片的な文章の集まりでOKです。

 

とにかく、いろんなサイトから、いっぱい集めておくと、実際に文章を書く時に完成させやすくなります。イメージが広がりやすくなるのです。

 

貼り付け文章をオリジナルにしていく

いよいよ、最後の仕上げです。先ほど、貼り付けた文章の断片をもとに、自分の文章を組み立てていきます。つまり、ここで初めて文章作成をするのです。書くことはもう決まっているし、見出しも情報も整備されているので、迷うわけがないし、書けなくなるという事態に陥らないのです。

 

ここで、気をつけたいのが、集めて貼り付けた文章をそのままか、ほぼそっくりにしてしまわないこと。

 

貼り付けた文章は、オリジナルの文章を書きやすくするためのものであり、真似するものではありません。

 

いろんなサイトから、いっぱい集めておいた方がいいのは、真似にならないからです。1つのサイトから、断片的な情報を集めて貼ってしまうと・・・絶対に真似になってしまいます。。。。よほどのリライト力がないと、無理ですね。。。

 

ということで、早く仕上げるための文章の書き方について、考えてみた結果をご報告しました。

 

このやり方は、パソコンだからできる方法です。ノートなどの紙で文章作成する場合は、ちょっと難しいのかもしれませんね。

 

今日はライティングコーナーの記事でした〜。

www.kyokocanaryblog.com