読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナリヤ響子の考えるためのブログ

webライター・シンガーソングライターのカナリヤ響子が日々考えたこと、学んだことを幅広いジャンルでレポート的にまとめるブログ。カテゴリーの「スポットレポ」の記事はオリジナルソングのネタになるかもしれないので乞うご期待♪

小学校の作文でわからなかったことについて考えてみた

f:id:kyokocanarysan:20160309060553j:plain

画像出典:作文が苦手なかた | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

 

私は、webライターをやっておりますが、幼い頃は文章が下手だと言われておりました。作文を書いても、言いたいことがバラバラだとか、文章構成力がないと悪く評価されていたものです。

 

しかし、それは、書き方がわかってなかったからだと思います。

 

例えば、最近読んでるこの本には、3つの骨格があれば作文も文章もスラスラ書けると紹介されています。 

 

 

つまり、3つの骨格を基本に文章を書けば、誰でも良い作文が書けますよという話なのです。今回は、文章を書くときの3つの骨格について、私の見解も含めながらお話ししますね。

 

私の文章力がいきなり上がったのは、片っ端からwebコラムを真似た時期があったからです。記事作成で初めて報酬をもらったのは、nanapiでした。

 

nanapiでいろんなハウツーコラムを書いているうちに、文章力がついてきたのです。何もわからずに見本の記事を見ながら、ただただ真似て提出していました。

 

OKが出るまでは報酬はもらえません。ありがたかったのは、どこがダメなのか?という点を指示して差し戻しをしてくれることでした。記事作成の何それを全く知らなかった私にとって差し戻しの指示はとても勉強になりました。

 

報酬は、1000文字で300円という安さだったので時給にすると200円程度だったのかもしれません。それでもお金をもらいながら勉強できたのはありがたいですね。

 

 

nanapiとはまた違いますが、「必ず書ける「3つが基本」の文章術 (幻冬舎新書)」に書かれている基本的な3つの骨格は「1.体験」「2.気づき」「3.普遍性」です。この骨格を基本に文章を構成すればスラスラ書けながらも伝わる文章になりますよというお話。

 

必ず書ける「3つが基本」の文章術 (幻冬舎新書)によると、私は読んだことないんですけど・・・ノルウェイの森」もこの3つの骨格構成でできてるそうです。

 

 

骨格を決めるメリットは?

 

骨格を決めるメリットは「読みやすく」「書きやすく」なることです。ブログを書くのが億劫だという人は、ブログに向かってから文章を考えている人が多いのではないかと思います。

 

「読みやすく」「書きやすい」文章を書くには、ブログに向かう前に骨格だけでも決めておかなければいけません。どういう順番で何を書くか?のメモ書きだけでも用意できれば、あとはスラスラ書けるはずです。

 

 

どんな骨格にすればいいのか?

 

webライティングでは、様々な構成により記事作成をしております。どんなサイトで、どんな目的で、どれくらいのボリュームで、何を書くか?によって構成も変わってくるのです。

 

しかし、必ず書ける「3つが基本」の文章術 (幻冬舎新書)で言われる3つの骨格は、基本中の基本だと思います。これを基本にいろんな記事構成があると言っても過言ではないと思います。

 

さて、必ず書ける「3つが基本」の文章術 (幻冬舎新書)を読んだ上で、私が思う3つの骨格を紹介してみます。

 

1. 体験したことを書く。今から何を話したいかを具体的に書く。

 

2. 1で書いたことを掘り下げた内容。体験の中で何に気づいたか?なぜその結論に達したかなど。

 

3. 体験したことで得た結論を大きな観点で述べる。内なる意見や感想から、外に向けたメッセージへに転換する。

 

 

それでは、簡単な例をあげてみます。

 

1. 新しいボイストレーニング方法に出会ったおかげで高音がスムーズに出せるようになりました。歌がさらに楽しくなりました。

 

2. 以前のボイストレーニング方法は、単純にお腹から声を出すためのトレーニングでした。でも新しいボイストレーニングは、お腹から声を出している前提で、声帯に力を入れずに無理なく発声するためのエクササイズでした。新しいボイストレーニングをする中で、今までどれだけ声帯に無駄に力が入っていたかに気づきました。

 

3. いい声で歌うためには、お腹から声を出すことだけではなく、無駄な力が入らないようにすることも大事です。ボイストレーニングにより、普段からリラックス状態で歌えるような姿勢を身につけておけば、ステージでも優雅に表現豊かに歌えます。力まずに楽しく歌えればリスナーにも楽しんでもらえるはずですね。

 

 

こんな感じで作成すれば(わかりにくいかも笑)、まぁなんとか読みやすくなると思いませんか?読みやすいだけではなく、書きやすいのです。

 

以前、構成から文章をと書きましたね。

 

構成を決めておけば、記事作成は本当に楽なのです。構成なしでは、何を書いていいのかわからないので無駄に迷ってしまいますね・・・。本当の意味でそれは無駄だと思います。

 

小学生の時に、これを知っていれば、たぶんもっといい作文が書けたのかもなあと悔やんでいるカナリヤです。構成のこととか教えてもらってないような気がするんですよね(⌒-⌒; )いや、聞いてなかったのかな(⌒-⌒; )