金糸雀ブログ

京都出身・横浜在住のフリーランスWebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の自分メディア的な雑記ブログ。日常のことや仕事のこと、考察や独学のアウトプット、大好きな横浜の山手、中華街、関内、桜木町、みなとみらいなどの記事を書きます。

文章の書き方の参考本はどれがいいか?について考えてみた

f:id:kyokocanarysan:20160215220038j:plain

最近、文章の書き方の本を何冊か買いました。主にwebライティングに関する本です。どこの企業でもライティングスキルを求められることが多いようです。メールでもwebでもライティングの場面が増えましたね、確かに。

 

だからなのか、ライティングや文章の書き方に関する本が売れているようです。Amazonでおすすめ表示される本もいくつか立ち読みしてみましたが、それぞれに内容が充実しています。私は、ほとんどの書籍をKindleで読んでいます。本を持って歩くのが面倒なのでKindleにしてるのです。

 

私はといえば、有名ではないですが、webライターで食べてますのでライティングスキルはあります。けれども、もっと上を目指したいのであれば、今のライティングスキルでは全然ダメです。最近は、そんな自分の未熟さにイライラしたり、悔しくて投げ出したくなったりすることもありました。

 

 

そこで、ちょっとライターのお仕事を減らして、さらにライティングスキルを上げるために勉強することにしたのです。というか、勉強したいと本能が言っているので、自分に正直になろうと思い、明日から仕事を減らすことにしました。

 

SEOについてはかなりの書籍を読みました。これもwebライティングスキルを上げるためにです。SEOはそこそこ自分の中で答えが出せたので、知識として持っておこうかと思っています。

 

次に、私に必要なのは文章の書き方の習得だと思います。文章の書き方は、本格的に教わったこともないし、案件ごとに用意されたマニュアルを見て、その通りこなしてきただけです。だからこそ、本当に文章の書き方を知ってるかといえば、そうではないのです。

 

さて、おすすめできるかは読んでみないとわかりませんが、私が買った文章の書き方の本は次の4冊です。

 

 新しい文章力の教室

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)
 

 

 新聞記事に学ぶ文章の書き方。

新聞記事に学ぶ文章の書き方。新聞に隠された「魔法」で、伝える力は確実に上達する。10分で読めるシリーズ
 

 

 必ず書ける「3つが基本」の文章術

 

書かずに文章がうまくなるトレーニング 

書かずに文章がうまくなるトレーニング

書かずに文章がうまくなるトレーニング

 

 

これらは全てKindle版もあります。これから読んで少しずつ感想などを述べていくことでアウトプットしたいと思っています。