金糸雀ブログ

横浜在住のフリーランスwebライター、シンガーソングライター・カナリヤ響子の雑記ブログ。ちょっと体調わるめですが、このブログだけは更新します。調子のいい時に書いてます。ブックマークとかいつもありがとうございます。励みになります。

メリットはあるのか?日記をつける効果について考えてみた


f:id:kyokocanarysan:20160209203957j:plain

 

最近の私は、日記をつける毎日を送っています。とは言っても、始めたばかりなんです。でも、それなりに効果を感じてます。

 

ところで、瞬く間に1月が終わってしまいましたね。1月はどんな一ヶ月でしたか?私は整理整頓ができたおかげで、頭の中もスッキリできた一ヶ月でした。家の中をきれいにすると頭の中もスッキリするものです。何よりも、今大事にするべきことがわかりやすくなり、物事の優先順位で迷わなくなりました。

 

日記をつけるようになったのは1月の末からです。何時に何をやってどう感じたかなどを箇条書きしているだけの粗末なものですが・・・・。

 

f:id:kyokocanarysan:20160209204148p:plain

今までには、日々やるべきことのタスク作成はしてきました。でも意外に、やったことの記録、つまり日記は書いたことがないんですよね。それくらい前進することばかり力を注いでいたのかもしれないと、気づきました。多分それでは、疲れてしまいますよね。

 

さて、日記をつける習慣により得られた効果はあるのか?

みなさんも気になるところだと思います。忙しい日々の中、日記をつける時間なんてないよ!という人も多いでしょう。でも、それなりにメリットがあるからこそ、私は自然に続けられてます。

 

では、日記をつける効果について感じたことを紹介しますね。参考にしていただけるととっても嬉しいです。

 

 

日記をつける効果1:達成感を得られる

 

f:id:kyokocanarysan:20160209204219j:plain

今日はこれをやった、タスクを達成したなどの記録を残すだけで、達成感が得られます。タスクにチェックを入れたり、タスク達成後にリストを消すよりも、日記に書いた方が「今日も一日頑張れたなあ。」と笑顔になれるのです。

 

寝る前はどんな表情をしていますか?起きた時に鏡の前で笑顔を作るのも大事ですが、寝る前に「今日も一日ありがとう」と思えると、自然に表情が明るくなります。明るい表情で寝るというのも、明日のために必要かもしれません。だから、寝る前に日記を書くのです。すると、達成感が得られて顔が明るくなるはずですよ。

 

日記をつける効果2:充実度が上がる

f:id:kyokocanarysan:20160209204305j:plain

タスクをこなせた、これをやった、あれをやったの他に、誰かと会った、こんな話をした、あそこに行ったなども日記に書いておくと充実度が上がりますね。

 

予定を淡々とこなすだけだと、一日が、毎日が単調に思えてしまうかもしれません。でもそれは、単調に捉えてるからなのです。

 

日記に書くことで、もう一度振り返ります。振り返ると、どんなことを思ったか?どんな出来事だったか?相手はどんな風にしていたか?などと、単調だった予定を掘り下げて深く見つめられるのです。些細なことでも日記に記せば、一日一日が宝物になります。

 

日記をつける効果3:反省点が見つかる

人の悪いところには気付けても、自分の悪いところにはなかなか気付けないものです。でも、日記をつけると自分を見つけられて反省できるという効果が得られるんですよね。

 

今日達成できたことや今日やったことを全て書いたら、それをゆっくり見直すのです。すると、もっとこうすればよかったかもとか、あんなことを言ってしまったなあとか、また忘れ物をしてしまったなあとか、見過ごすはずだった自分の欠点を振り返ることができます。

 

それを一日の最後に見つめ直し、次の日に活かしていくという毎日の積み重ねは、明日を変えていける十分な土台作りになると思います。一日一日をただ終えるだけではなく、しっかりと見つめ直して明日に活かしていくことで、確かな前進があると思うのですよね。

 

反省点は特に明確にしていくことです。そして、改善点を見つけていくことです。改善点を見つけ出せなければ、反省しても意味がありません。

 

このような感じで、私が日記をつけることで感じた効果は、この3つです。ちなみに、珍しくアプリではなく手帳に書いてます。それがまたいいのです。

 

夢ノートもおすすめです。