カナリヤ響子ブログ

日々淡々と綴る。今日という日を忘れないように。自分らしさを忘れないように。

考察

さようなら、千歳烏山。ありがとう、千歳烏山(2)

一滴も残らずブラックコーヒーを飲み干した直後、背後から大きなため息が聞こえてきた。 振り向くとそこには、一人の女性が。 さっきまで読書をしていたのか、読みかけのページを開いたまま、テーブルに伏せられていた。 集中して小説を読んでいたから、ちょ…